【漫画・鬼滅の刃】1巻のネタバレ・感想!これは残酷で温かい優しい鬼狩りの物語

【漫画・鬼滅の刃】1巻のネタバレ・感想!これは残酷で温かい優しい鬼狩りの物語

これは、誰よりも優しい鬼狩りの物語。
残酷でもありとても温かくもある、辛く慈しい内容で感動する。

どうも、タガメ王国の防人リョウです!

・「鬼滅の刃ってどんな作品なの?」
・「1巻はどんな内容なの?」
・「残酷って聞いたけど、本当なの?」

あなたは今、このように感じていませんか?

スポンサーリンク

そこでこの記事では、漫画・鬼滅の刃1巻のネタバレと感想をお伝えしています。

あなたがちょっとでも、鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです!

鬼滅の刃が大人気の理由はコチラ

→鬼滅の刃が超人気なのはなぜ?大ヒットした7つの理由が衝撃過ぎた

鬼滅の刃・漫画1巻の話数は1~7で構成されている

鬼滅の刃の漫画1巻は、7話で構成されています。

第1話:「残酷」
第2話:「見知らぬ誰か」
第3話:「必ず戻る夜明けまでに」
第4話:「炭治郎日記・前編」
第5話:「炭治郎日記・後編」
第6話:「山ほどの手」
第7話:「亡霊」

それでは、順番にネタバレをお伝えしていきますので、楽しんでくれると嬉しいです!

第1話「残酷」の感想は本当に残酷だった・・・

主人公である竈門炭治郎(かまど たんじろう)は、何やら、血だらけの妹・竈門禰豆子(かまど ねずこ)を背負いながら、絶望している。

一体、この兄妹に何があったのか??

いきなり、辛く悲しいシーンから、第1話「残酷」がスタートします。
まさに、絶望しかありません。

家族を鬼に殺されてしまい、唯一生き残った妹は鬼となってしまう。
まだ少年の主人公に、ここまで絶望を背負わせるのか??

・・・いや、絶望の中にも微かに輝く、弱くて儚い命もあって感動する。
そういった内容にもなっています。

これは、誰よりも優しい、鬼狩りの物語

これから先、どんな悲しみが・・・
そして、どんな感動が待っているのか・・・

第1話「残酷」のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】1巻1話のネタバレ・感想!名作の最初は残酷と感動の連鎖だった

第2話「見知らぬ誰か」の感想は禰豆子が超可愛くてバカ強かった

絶望に続く絶望だった第1話でしたが、第2話は禰豆子のめちゃくちゃ可愛いシーン・バカ強い一面を楽しめます!

まだまだ鬼を倒す力が無い炭治郎、鬼となってしまった禰豆子・・・

2人は、義勇の言葉により、鱗滝左近次を探していた。
一体、この鱗滝左近次という人は何者なのか・・・

もしかしたら、鱗滝左近次さんなら、禰豆子を鬼から人間へ戻す方法を知っているのかもしれない・・・

炭治郎は、かすかな希望を胸に、再び歩き出した。

辺りには、降り積もった雪はなく、晴天が映し出す綺麗な大自然が広がっていた。

いつか炭治郎と禰豆子の心も、この綺麗な自然の風景のように晴れてほしい

そう感じるのは、僕だけじゃないハズです。

第2話「見知らぬ誰か」のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】1巻2話のネタバレ・感想!モグラ禰豆子可愛いすぎて謎にバカ強い

第3話「必ず戻る夜明けまでに」の感想は命への感謝と優しさに感動する

第3話は、なんと言っても、炭治郎の命への感謝・優しさに感動します。

鬼を追い詰めて、今まさにトドメを刺さんとしている炭治郎。

そこで、色々と葛藤して、なかなか鬼にトドメを刺せません・・・

苦しませないで殺す方法を考えたり、敵であるハズの鬼に対しても、1つの命として大切に考える。

それが、竈門炭治郎という心優しい少年でした。

第3話「必ず戻る夜明けまでに」のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】1巻3話のネタバレ・感想!命の有難みと優しさを思い出させてくれる

第4話「炭治郎日記・前編」の感想は鱗滝左近次のカオスな修行に絶句する

第4話は、なんと言っても、鱗滝左近次のカオスな修行に絶句します。

鬼殺の剣士になる為には、並大抵の努力ではなれない・・・

鱗滝の修業は実にユニークで、炭治郎はコテンパンにされてしまいます。

いやいや鱗滝さん、炭治郎はまだ少年ですよ??
もっと体を労ってあげてよ!!
殺すつもりですかw

なんてツッコミを入れたくなるのは、僕だけじゃないハズ(笑)

でも、そんな中でも、ちょっとずつ成長する炭治郎に勇気やエネルギーを貰える。
そういったシーンもあるのが、この第4話なんです。

第4話「炭治郎日記・前編」のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】1巻4話のネタバレ・感想!鱗滝左近次の修業がカオスすぎる

スポンサーリンク

第5話「炭治郎日記・後編」の感想は可愛い真菰ちゃんの鬼畜発言にビックリ

第5話は、なんと言っても、可愛い真菰ちゃんの鬼畜発言にビックリします!!!

第5話には、真菰(まこも)という女の子が登場するのですが・・・
とても優しくて、炭治郎を想ってくれている。

それは凄く伝わってくるのですが、意外と発言が鬼畜なのが面白いですw

実にユニークなキャラなんだな、というように楽しむ事もできます。

そんな中でも、炭治郎はしっかりと前を向いて、岩を斬る為に修業を続けていました。

そして、狐仮面の男との決着シーンには、思わぬ感動が待っていたり・・・
笑いあり涙あり、それが第5話でもあります。

第5話「炭治郎日記・後編」のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】1巻5話のネタバレ・感想!真菰が可愛いけど鬼畜すぎた(笑)

第6話「山ほどの手」の感想は炭治郎の成長と巨大な絶望が待っていた

第6話は、なんと言っても、炭治郎の成長に感動します!
その一方で、巨大な絶望が襲い掛かってきて万事休すか!?

最終選抜の合格条件は、鬼がいる山の中で1週間生き抜く事・・・

そんな中でも、今まで苦労していた鬼を倒す炭治郎・・・

鱗滝の元で修行していたことは無駄じゃなかったと、実感する。

僕も、その姿にとても感動して、「どんな分野でも、努力を継続する事が何より大切なんだな」と感じました。

それでも、そこに巨大な鬼が登場します。
他の鬼よりも明らかに強そうで、炭治郎はこのまま生き延びられるのか??

・・・というのが、この第6話のザックリとした内容です。

第6話「山ほどの手」のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】1巻6話のネタバレ・感想!炭治郎がついに鬼を倒すが強敵現る!

第7話「亡霊」の感想は炭治郎と錆兎と真菰の絆に感動する

第7話は、なんと言っても、炭治郎と錆兎と真菰の絆に感動します!

最終選抜の合格条件は、鬼がいる山の中で1週間生き抜く事・・・

そんな中で、とてつもない強敵に遭遇する炭治郎・・・

人の姿とはかけ離れていて、普通の鬼よりもずっと大きい。
腕が何本も生えている、異形の鬼・・・

突如、そんな化物鬼と遭遇してしまう。

そして、人をたくさん喰ったその鬼は、なんと・・・
過去に錆兎と真菰までも喰っていた。

衝撃の事実に怒る炭治郎は、必死に攻撃を繰り出す。
たが、呼吸が乱れて鬼にダメージが入らない・・・

そうして、手鬼の強烈な一撃を受けてしまう炭治郎。

もはやここまでか、という時に炭治郎は覚醒して、怪物を倒す。

・・・というのが、この第7話のザックリとした内容です。

第7話「亡霊」のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】1巻7話のネタバレ・感想!驚愕の真実に炭治郎が怒り狂う

第1巻の感想は絶望からちょっとずつ進む炭治郎の姿に感動する

ここまで、第1巻のネタバレを僕なりにお伝えしてきましたが。
最後に、僕の感想をお伝えします。

この第1巻は、なんと言っても、「絶望からちょっとずつ進む炭治郎の姿」に感動します。

家族を鬼に殺されてしまい、生き残った妹は鬼となってしまう・・・
こんな暗く冷たいシーンから始まるジャンプ漫画って、珍しいですよね。

しかも、主人公の炭治郎はまだ13歳ですよ?
そんな少年が背負う絶望が、あまりにも重く感じてしまいます。

でも、そんな絶望の中でも、炭治郎の命に対する感謝の想いが伝わってきたり・・・
じんわりと僕達人間のありのままの優しさも感じるシーンもあったり・・・
感動して、僕は涙を流しました。

そうして、絶望から進んで行く炭治郎の未来は、どうなっていくのか。
待っているのは絶望か希望か・・・

2巻も楽しみですね(#^^#)

第2巻のネタバレ・感想・あらすじはコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】2巻のネタバレ・感想・あらすじまとめ!早くもラスボスと遭遇!

・・・という事で、ここまで読んでくれてありがとうございます!

また、お逢いしましょう!

タガメ王国の防人リョウより

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする