【鬼滅の刃】煉獄千寿郎はなぜ日輪刀を持ってるの?最終選別を突破してない!?

煉獄千寿郎が日輪刀を持ってるのは、どうして??
最終選別には参加してなかったの!?

 

どうも、タガメ王国のヘタレ防人リョウです!

 

・「千寿郎のはなぜ、日輪刀を持ってるの?」
・「千寿郎は最終選別を突破してるの?」
・「千寿郎は、鬼殺隊員だったの!?」

 

あなたは今、このように感じていませんか?

 

スポンサーリンク

 

そこでこの記事では、

・煉獄千寿郎が日輪刀を持っている理由
・最終選別を突破してるのかどっちなの!?

について、お伝えします。

 

あなたがちょっとでも、鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです(#^^#)

 

千寿郎の決意と感動する想いについてはコチラ

→【鬼滅の刃】煉獄千寿郎の日輪刀が色変わしない理由と素敵な想いに感動

 

各登場人物の誕生花に隠れた涙腺崩壊エピソードはコチラ

→【鬼滅の刃】登場人物の誕生日&誕生花一覧!花言葉の意味に隠された裏設定とは?

 

 

千寿郎が日輪刀を持ってる理由は最終選別を突破したから

千寿郎は、最終選別を突破して、自分の日輪刀を打ってもらった!!!

 

というのが、僕の予想です。

 

千寿郎が鬼殺隊の最終選別を受けたのか??

 

それは、鬼滅の刃の公式でも明言されていません・・・

 

だから、あくまでも僕の予想として、楽しんでくれたら嬉しいです。

 

千寿郎は、「自分の日輪刀を持っている」という、明確な事実がありますよね!!!

 

これが、最終選別を突破している理由で、日輪刀を持っている理由でもあるんです。

 

なぜ、そう予想できるのか?

 

①最終選別を突破すれば、「玉鋼」という日輪刀の材料が貰える。

 

②鋼鐵さん達(刀鍛冶)が「玉鋼」を材料に刀を打つ。

 

③それが剣士に届けられる!!!

 

・・・というように、作中で明らかになっているからです。

 

この手順意外に、日輪刀を手に入れる方法は、明らかになってないんですね。

 

そして、千寿郎は、炭治郎へこんな風に伝えていましたよね??

 

煉獄千寿郎

兄には、「継子」がいませんでした

 

本当なら、私が継子となり
柱の控えとして、実績を積まなければならなかった

 

でも、私の日輪刀は、色が変わりませんでした

 

ある程度の剣術を身につけないと、日輪刀の色は変わらないのですが

 

どれだけ稽古をつけてもらっても、私は駄目だった

 

剣士になるのは、諦めます

 

【出典:漫画・鬼滅の刃8巻69話より】

 

8巻69話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃・無限列車編】8巻69話のネタバレ・感想!千寿郎の誓いに感動の嵐!

 

原作ではこんな風に、千寿郎が「私の日輪刀」と言って、刀を手にしているシーンがあります。

 

この「私の日輪刀」は、最終選別を突破するか。
もしくは、「誰かから貰う」か。

 

2つに1つにしか、無いと思うんですよね。

 

「誰かから貰う」ってなると・・・

 

「今まで炎柱を輩出している煉獄家だから、最終選別に行かなくても日輪刀が手に入ったのかな?」

 

って予想もできます。

 

でも、実力があるかどうかも分からないのに、日輪刀を持たせるほど、鬼殺隊は甘いくないというのも考えられますよね。

 

だとすると、やっぱり、千寿郎は最終選別を突破してたって事になります!!!

 

千寿郎は最終選別に参加してない!?

ここからは、真逆の考え方で予想してみます。

 

千寿郎は、最終選別に参加すらしてないんじゃないか!?

 

って事です。

 

最終選別に参加してない理由としては・・・

 

・呼吸が使えないんじゃないか?
・そもそも鬼殺隊員じゃなくない?

 

と予想できます!

 

スポンサーリンク

 

呼吸が使えないんじゃ最終選別を突破するのは難しいよね

千寿郎は日輪刀の色が変わらなかったので、呼吸が使えない可能性がありますよね。

呼吸を使えないってなると、鬼を倒すのが難しくなってしまうから・・・
最終選別には参加してないって事も、予想できます。

 

でも、呼吸が使えない不死川玄弥も最終選別を突破しているので、何とも言えないんですけどね(笑)

 

そもそも鬼殺隊員じゃない!?

また、千寿郎は、そもそもが鬼殺隊員じゃない可能性もあるんです!

 

それは、隊服を着てもないし、最終決戦にも参加してないからです。

 

鬼殺隊の隊員は、全員が隊服を着てますが、千寿郎は袴を着ていて隊服を着てないんです。

 

「隊服を着ている=鬼殺隊員」だと仮定するならば、そう考えられます。

 

例えば・・・

 

アオイは鬼殺隊の隊服を着ているので、「隊服を着ている=鬼殺隊員」ってなります。
もちろん、アオイは戦場には行きませんけどね。

 

あとは、千寿郎は、最終決戦にも参加してませんよね!

 

無惨や上弦の鬼と無限城で戦う「最終決戦」には、数多くの鬼殺隊員が、「上弦の肆・鳴女」の血鬼術によって無限城に落とされましたが・・・

 

そこには、千寿郎はいませんでした。

 

その時の千寿郎は、煉獄家の屋敷で、炭治郎の無事を祈ってます。

 

これについては、「鬼殺隊員なんだけど、剣士じゃないからじゃない?」って考えもありますが。

 

そうなると、最終決戦で地上戦になった時、非戦闘員の「隠」すらも戦っていたので。

 

だとすると、「千寿郎はそもそも鬼殺隊員じゃないのかな!?」って予想できます。

 

そうなると、千寿郎は鬼殺隊の入隊に必要な最終選別にすら、そもそも参加してないという可能性が出てきます!

 

鬼殺隊員として活躍してるシーンがあるなら分かりやすいんですが、そういったシーンが無いんですよね(笑)

 

それとも煉獄家は昔から柱を受け継いできた名門だから、色々と優遇されたりで鬼殺隊員になったんですかね??

 

そうだから、日輪刀も貰ったり、とか!!

 

・・・うーん、色々と予想できるから、面白いですね!!!

 

千寿郎が日輪刀で鬼を倒すシーンを想像できない!!!

最後に、僕の感想をお伝えすると・・・

 

千寿郎が日輪刀で鬼を倒せるとは、思えないんですよね!!!

 

だって、あんなに心優しい少年が、鬼を倒せるのかな!?
って、感じてしまうんですよ(笑)

 

炭治郎と出逢った時なんて、普通にホウキで外を掃除してましたからね!
あの、何とも言えない優しさが滲み出るシーンからは、鬼を日輪刀で斬る姿を想像できませんよ(笑)

 

炭治郎は、色々と葛藤しながらも、鬼を倒してますが・・・

 

千寿郎は、鬼を倒すというよりも、鬼殺隊員をサポートする方がずっと向いてるんじゃないでしょうか??

 

その証拠に、千寿郎は・・・

 

煉獄千寿郎

それ以外の形で、人の役に立てることをします

 

炎柱の継承は経たれ、長い歴史に傷がつきますが

 

兄はきっと、許してくれる

 

【出典:漫画・鬼滅の刃8巻69話より】

 

8巻69話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃・無限列車編】8巻69話のネタバレ・感想!千寿郎の誓いに感動の嵐!

 

こうして、剣士とは別の道で、戦う事を決意してますよね。

 

この想い、僕も色々と感じる事があって・・・
めちゃくちゃ感動したんです。

 

千寿郎の決意と感動の想いはコチラでお伝えしています。

→【鬼滅の刃】煉獄千寿郎の日輪刀が色変わしない理由と素敵な想いに感動

 

・・・という事で、色々お伝えしましたが!

 

あなたがちょっとでも、鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです!!

 

それでは、ここまで読んでくれてありがとうございます!

 

また、お逢いしましょう!

 

タガメ王国のヘタレ防人リョウより

 

各登場人物の誕生花に隠れた涙腺崩壊エピソードはコチラ

→【鬼滅の刃】登場人物の誕生日&誕生花一覧!花言葉の意味に隠された裏設定とは?

 

スポンサーリンク



流行を先取り!鬼滅の刃の遊郭編の完全ネタバレ特集はコチラ!
人と比較して落ち込んでばかりのあなたこそスーパースターになる筋トレ特集
読むと何だか優しい気持ちになる。 鬼滅の刃の全てはコチラにあります!