【鬼滅の刃】漫画118話のネタバレ感想!無一郎の覚醒に涙腺崩壊。

無一郎の名前には、こんなに素敵な想いが込められているとは・・・

 

どうも、タガメ王国のヘタレ防人リョウです!

 

・無一郎の大ピンチに炭治郎が登場!?
・鋼鐵塚の素顔が超絶イケメンじゃんか!!!
・無一郎が玉壺の水獄鉢から脱出したぜ!

 

あなたは今、このように感じていませんか?

 

スポンサーリンク


 

そこでこの記事では、漫画・鬼滅の刃118話「無一郎の無」のネタバレと感想をお伝えしています。

 

あなたがちょっとでも鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです(#^^#)

 

前回:第117話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】14巻117話のネタバレ・感想!鋼鐵塚が超イケメンじゃん!

 

各登場人物の誕生花に隠れた涙腺崩壊エピソードはコチラ

→【鬼滅の刃】登場人物の誕生日&誕生花一覧!花言葉の意味に隠された裏設定とは?

 

 

鬼滅の刃14巻・第118話「無一郎の無」のあらすじ

第118話の内容をザックリまとめると、次の通りです。

 

・無一郎が忘れていた記憶を思い出す!
・無一郎は双子の兄弟だった!?
・自分の名前の意味を知り無一郎が覚醒!

 

玉壺の水獄鉢から脱出した無一郎は、忘れていた記憶を思い出し始める・・・

 

お父さんの仕事・・・

 

お母さんとお父さんがが死んだ理由・・・

 

そして、お兄ちゃんが死んだ理由・・・

 

そう、無一郎は双子の弟なんだね。

 

お兄ちゃんはキツイ言葉で話してくる人で、同じ家に住んでいても関わる事が少なかった・・・

 

そうして2人で暮らしている時、お館様の妻が訪ねて来た!

 

その時に、自分達は日の呼吸を使う剣士の子孫だって分かったんだね!!!

 

だけど・・・

 

ある日、お兄ちゃんが鬼に殺されてしまった。

 

無一郎は怒り狂い、気がつくと鬼を抹殺していた。

 

お兄ちゃんが最後に遺した言葉は、「無一郎」という名前の本当の意味だった・・・

 

そして、失った記憶を思い出した無一郎は覚醒する!!!

 

無一郎が忘れていた記憶を思い出す!

無一郎は、大切な家族の事を思い出す!

 

時透無一郎

思い出したよ、炭治郎
僕の父は、君と同じ赤い瞳のひとだった

 

【出典:漫画・鬼滅の刃14巻118話より】

 

・・・そうか!

 

無一郎が炭治郎に見えていた人は、お父さんだったんだね!

 

「バシャア」

 

何とか水獄鉢から脱出したけど、かなり咳込んでるぞ。
呼吸が限界だったんだね。

 

そうして、失っていた記憶を思い出す・・・

 

無一郎のお父さんは、杣人(そまびと)をしていたんだね!
杣人とは木を切る仕事で、無一郎も手伝っていた!

 

ふと気がづくと、玉壺の針で体が痺れている事に気づく!!
このままだと危ないかな?

 

そして、小鉄を攻撃していた魚鬼を一閃して見守っている。

 

すると、また過去を思い出す・・・

 

時透無一郎

母さんは、風邪をこじらせて肺炎になって死んだ

 

嵐の日だった
薬草を採りに出て行った父は、崖から落ちて死んだ

 

【出典:漫画・鬼滅の刃14巻118話より】

 

どうやら、無一郎が幼い頃に、両親が亡くなっていたんだね。

 

無一郎は双子の兄弟だった!?

無一郎は引き続き、大切な家族を思い出す・・・

 

時透無一郎

両親が死んだのは、十歳の時だ
十歳で、僕は一人になった

 

・・・いや
違う

 

「一人になったのは、十一歳の時だ」

 

僕は、双子だった

 

僕の兄は、有一郎といった

 

【出典:漫画・鬼滅の刃14巻118話より】

 

兄が有一郎で、弟が無一郎。
「有」と「無」という、正反対の意味の感じだね。

 

・・・何か伏線があるのかな!?

 

また、有一郎はかなりキツイ言葉で話す人だったんだね。

 

死んだ両親の事を、あまりにも冷たく伝えてるぞ・・・

 

時透有一郎

あんな状態になってて、薬草なんかで治るはずないだろ
馬鹿の極みだね

 

時透無一郎

兄さん、ひどいよ・・・

 

時透有一郎

嵐の中で外に出なけりゃ、死んだのは母さん一人で済んだのに

 

【出典:漫画・鬼滅の刃14巻118話より】

 

おいおいおい(;^_^A
大切な家族なのに、どうしてそんなに冷たいんだよ!

 

こんな事を言われたら無一郎だって悲しくなるわ。

 

時透無一郎

そんな言い方するなよ!!
あんまりだよ!!

 

時透有一郎

俺は、事実しか言ってない
うるさいから大声出すな
猪が来るぞ

 

無一郎の無は「無能」の「無」

 

こんな会話、意味が無い
結局過去は変わらない

 

無一郎の無は「無意味」の「無」

 

【出典:漫画・鬼滅の刃14巻118話より】

 

うーん、有一郎はかなりキツイ性格だね(;^_^A
まだ幼いのに、かなりの現実主義者だわ。

 

そんな時に、お館様の御内儀(おないぎ)のあまねがやって来た。
御内儀は妻って意味だけど、何の為に来たんだろう??

 

でも、有一郎は暴言を吐いてあまねを追い返してしまう。

 

いやー、それにしても色白美人だぜあまねさん!
お館様よ、可愛い妻を見つけたな?(笑)

 

って事は、横に置いといて・・・

 

ここで、重要な事が分かったんだね!!!

 

スポンサーリンク


 

時透無一郎

すごいね!
僕たち、剣士の子孫なんだって

 

しかも、一番最初の呼吸っていうのを使う
凄い人の子孫で

 

【出典:漫画・鬼滅の刃14巻118話より】

 

そうかそうか!
あまねが来た理由は、日の呼吸の使い手の子孫である無一郎達に鬼殺隊に入ってほしかったからなんだね!

 

無一郎は剣士になりたがる!

 

時透無一郎

ねぇ、剣士になろうよ
鬼に苦しめられてる人たちを、助けてあげようよ

 

【出典:漫画・鬼滅の刃14巻118話より】

 

でも有一郎は・・・

 

時透有一郎

人を助けるなんてことはな、選ばれた人間にしかできないんだ
先祖が剣士だからって、子供の俺たちに何ができる?

 

教えてやろうか?
できること
俺たちに、できること

 

犬死と無駄死にだよ
父さんと母さんの子供だからな

 

【出典:漫画・鬼滅の刃14巻118話より】

 

無一郎は1人でお米も炊けないみたいで、そんな人が剣士になるのは無理だと怒ってるんだね。

 

あまりにも楽観的だから、現実主義者の有一郎はイライラしたんだね。

 

・・・それっきり2人は会話をしなくなった。

 

そして、遂に「あの日」が来てしまった。

 

自分の名前の意味を知り無一郎が覚醒!

夏になると、残酷な現実が2人を待っていた・・・

 

突然、家の中に鬼が入ってきて有一郎を攻撃してきたんだね。

 

「ガッ」

 

うるせぇ、うるせぇ
騒ぐな

 

どうせお前らみたいな貧乏な木こりは、何の役にも立たねぇだろ

 

いてもいなくても変わらないような
つまらなぇ命なんだからよ

 

【出典:漫画・鬼滅の刃14巻118話より】

 

・・・すると、無一郎は我を忘れて怒り狂った。

 

気がつくと、左手に斧・右手にハンマーを持っていた。

 

目の前には、体中に木が刺さり頭を石で潰された鬼がいた。

 

無一郎は歩く力さえ残ってないような状態で、なんとか家へと辿り着く。
有一郎が心配なんだよね。

 

すると、有一郎はまだ生きていた・・・

 

時透有一郎

・・・神

仏・・・様・・・
どうか・・・

 

どうか・・・
弟だけは・・・
助けてください・・・

 

弟は・・・俺と・・・
違う・・・心の・・・
優しい・・・
子です・・・

 

人の・・・役に立ちたいと・・・
いうのを・・・俺が・・・
邪魔した・・・

 

悪いのは・・・俺だけ・・・です
バチを当てるなら・・・
俺だけに・・・
してください・・・

 

【出典:漫画・鬼滅の刃14巻118話より】

 

有一郎、死なないでくれ!
お前が死んだら、無一郎はもっと悲しくなってしまうぞ・・・

 

でも、最後の力を振り絞って大切な事を伝えている。

 

時透有一郎

わかって・・・
いたんだ・・・
本当は・・・

 

無一郎の・・・
無は・・・

 

「無限」の「無」なんだ

 

お前は、自分ではない誰かの為に
無限の力を出せる、選ばれた人間なんだ

 

【出典:漫画・鬼滅の刃14巻118話より】

 

有一郎もまた、無一郎の事を大切に想っているんだね。
本当は、大好きな弟だった・・・

 

そして今、無一郎は過去を思い出して覚醒しようとしている!!!

 

目の前の上弦の伍・玉壺を倒すために刀を振るう!

 

このまま一気に、倒せるのかな!?

 

・・・という事で、第119話もお楽しみに!

 

第119話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】14巻119話のネタバレ・感想!無一郎が玉壺を倒す!?

 

【ヘタレ男の感想】無一郎は努力の天才なんだね!

第118話を読んでみて感じたのは、

無一郎は天才って言われてるけど、努力の天才なんだね。

という事です。

 

無一郎は、刀を握ってすぐに柱になったと言われてて・・・

 

だから、天才剣士みたいに扱われてたけど。

 

その理由は、こんなにも壮絶な過去にあったんだね。

 

大切な家族が次々に死んでしまって、たった1人なってしまった。

 

そりゃあもう、思い出したくもない記憶になっちゃうよね。

 

記憶を思い出す前の無一郎は、どこか無感情でさ。
それゆえに、ただの天才剣士みたな感じだったけど。

 

今になってみると、壮絶な過去に裏打ちされたとんでもない努力を積み重ねてきたんだと思うんだよね。

 

だから、炭治郎より年下だけど柱になってる。

 

・・・ゴメンよ無一郎!!!
お前は、家族を大切に想う努力の天才なんだね。

 

向き合いたくない過去と向き合って、覚醒するその姿。
めちゃくちゃカッコイイわ!

 

さてさて、あとは玉壺を倒すだけだから!
このまま一気に、決着をつけてほしいぜ!

 

・・・という事で、第119話も楽しんでいきましょう!!

 

第119話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】14巻119話のネタバレ・感想!無一郎が玉壺を倒す!?

 

あなたがちょっとでも鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです!!

 

それでは、ここまで読んでくれてありがとうございます!

 

また、お逢いしましょう!

 

タガメ王国のヘタレ防人リョウより

 

登場人物の誕生花に隠れた涙腺崩壊エピソードはコチラ

→【鬼滅の刃】登場人物の誕生日&誕生花一覧!花言葉の意味に隠された裏設定とは?

 

スポンサーリンク




読むと何だか優しい気持ちになる。 鬼滅の刃の全てはコチラにあります!
筋トレ初心者でも自宅でブロリーになる秘密の筋トレ5選はコチラ!