【意味不明】メールが長い人は人生大損!簡単な解決法で一発逆転!

どうも、タガメ王国のヘタレ防人リョウです!

 

この記事では、

メールが長くて損してる人が人生逆転するとっておきの秘訣

を紹介します!

 

スポンサーリンク

 

あなたがちょっとでも生きやすくなったら、とても嬉しいです。

 

 

メールが長い人は相手の時間を奪っている

もう、シンプルにこれですよね。

 

メールが長い人って、知らないうちに相手の時間を奪ってしまうんです。

 

しかも、自分でも気づいてないというのが超厄介なのです(笑)

 

仕事だと「文章が長くて何を伝えたいのか分からない」というメールが意外とありますよね。

 

そもそもメールって、相手に伝えたい事が分かりやすく伝われば何でも良いのです。

 

仕事ができる人・早い人ほど短くて簡単・簡潔なメールを送ります。

 

ダラダラと長い文章で送ったら、それだけ相手が読む時間が増えます。
それが分かり辛かったら尚更です。

 

ありがちなのが、専門用語を多用したりして文章を長くするとかですね。
相手からすると迷惑でしかありませんよ(;^_^A

 

だから、相手の時間を奪ってしまうのです。

 

僕は超面倒くさがりなので、長い文章は見るだけで超苦痛です(笑)
画面をスクロールするのさえ面倒です。

 

勘違いしないでほしいのは、「スクロールするくらい長い文章を書く人=ダメ」って事じゃないですよ??

 

「その事って本当に相手に伝える必要がありますか?」ってモノがたくさんある文章が嫌いなだけです。

 

だから、ネットで調べてブログやサイトを見ても全ての文章を読む事はまずありません。
必要なモノさえ手に入れば良いからです。

 

そのおかげで、リサーチするのが好きになりました。
得意分野に気づいたという感じです。

 

相手の長い文章に返信する時も、僕はシンプルに短く伝えるようにしてます。
相手が求める事を伝えるようにしますが、全て相手に合わせるのは時間が勿体ないのです。

 

相手の立場になるとメールの内容もシンプルになる

メールを受け取る相手は、何を知りたいのか?
それを考えれば送るべき内容はシンプルになりますよね。

 

「何を、どうすれば良いのか?」

 

シンプルにまとめると、相手が知りたい事はこれしかありません。
そこに沿って短く簡潔に伝えると相手も分かりやすいです。

 

どんな仕事・どんな内容のメールでも、相手は「何を、どうすれば良いのか?」を求めてます。

 

まず結論をお伝えして、そこに繋がる内容を送るだけでほとんどのメールが一気に伝わりやすくなります。

 

仕事が早い人・成果を出している人に共通しているのは「短く・簡潔に・分かりやすく」メールを送っている事です。

 

最初は難しいかもしれませんが、相手が分かりにくい専門用語を使うのをやめるなどすぐできますよね。

 

そうしないと、最終的に困るのはあなた自身になってしまうからです。

 

あなたも何か目的があってメールをして、できるだけ早く返信がほしいですよね??
なるべく正確な返信がほしいですよね??

 

それなのに、相手が理解しづらい内容でメールしたら、相手が理解するまでの時間まで必要になります。

 

それは相手の時間を奪う事にもなりますし、あなたに返信するまでの時間も遅れます。
それってお互い良くないですよね。

 

できるだけシンプルにやり取りできれば効率的になってストレスも減って、仕事もやりやすくなりますよ!

 

スポンサーリンク


 

返信が遅い人も相手の時間を奪ってしまう

メールの返信が遅い人も、相手の時間を奪ってしまいます。

 

「仕事ができる人・早い人ほど返信が早い」ってよく言われてますよね。

 

それって本当なんです!!!

 

ちょっと考えてみればすぐ分かるのですが、メールというのはキャッチボールと一緒で行ったり来たりします。

 

それを片方の人がいつまでも止めてしまっては、返信を待つ側に届けるのが遅れますよね。
つまり、それだけ自分も相手も仕事が遅れるのです。

 

だから、返信が遅いと相手の時間までも奪ってしまいます。

 

優先順位の低いメールならまだしも、返信が遅いというのもちょっと頑張れば改善できますよね。

 

相手と自分の為にも、簡潔に分かりやすく・早めの返信がおすすめです。

 

メールの目的を間違えないで!!!

これまた誤解されがちな事があり・・・

 

「挨拶を入れないメールなどダメだ!」
「礼儀がなってない!」

 

という意見もよくあるんですよね。

 

それってナンセンスなんですよね(笑)
その人の勝手な価値観を押し付けてるだけなのです。

 

当人同士がそれでスムーズにやり取りできてるなら、別に何でも良いじゃないですか!!!

 

メールの目的は、相手が何か行動する為のサポートをするようなものですよ!!!

 

挨拶を入れた、礼儀正しい文章にした・・・

 

効率的に進める人は、そんな時間さえもカットして進めたいのです。
その人(相手)にとっては必要ないんです。

 

もちろんケースバイケースなので、送る相手やタイミングによって変わりますよ。

 

別に挨拶も礼儀も大切に伝えたいならそうすればいいですし、でも相手に押し付けるのは違いますよねって事です。

 

だからナンセンスです。
時間の無駄です。

 

ここ最近で僕が体験した事が分かりやすいと思うので、お伝えしますね。

 

ちょっと離れた所にいる社長さんへ地元の特産物を送ろうとメールで確認したのですが・・・

 

その人は、別に挨拶もなく返信してきたのです。
僕が返信しても挨拶はありませんでした。
その後もメールに挨拶はありません。

 

それで良いのです、それがその人のスタイルだからです。
僕がどうこう言うのはナンセンスです。

 

「挨拶しない・礼儀正しくない」なんて、メールだけで分かる事じゃないですよね??

 

僕はその人と直接お会いした事もあるので、その時は挨拶もしますし礼儀正しいですよ。
そういうものなのです。

 

一生懸命に仕事している中での返信なのです。

 

メールの目的は挨拶するでも礼儀正しくするよりも、「お互いが知りたい事を簡潔に分かりやすく伝える」です。

 

それがないとメールの意味がありません。

 

挨拶する・礼儀正しくするはやりたければやればいい程度です。
他人に押し付ける事じゃないのです。

 

つまらない事に時間を使って仕事の効率が落ちたら本末転倒ですからね。
メールも仕事するうえでの1つの手段なので、勘違いしないようにしたいですね。

 

そんなこんなで僕はなるべく早く返信するようにしてますし、やっぱり相手の事を考えるのが大切ですね。

 

それでは、ここまで読んでくれてありがとうございます!
またお逢いしましょう!

 

タガメ王国のヘタレ防人リョウより

 

スポンサーリンク




流行を先取り!鬼滅の刃の遊郭編の完全ネタバレ特集はコチラ!
人と比較して落ち込んでばかりのあなたこそスーパースターになる筋トレ特集
読むと何だか優しい気持ちになる。 鬼滅の刃の全てはコチラにあります!