筋トレ初心者にダンベルは必要か?自重・ダンベルでの筋トレ効果を徹底比較

目次

筋トレ初心者にダンベルは必要か?自重・ダンベルでの筋トレ効果を比較

知っていましたか?
筋トレ初心者にダンベルが必要かどうかよりも、ずっと大切な事があります
ここに来たあなただけに、その秘密を暴露します

どうも、passです!

・「筋トレ初心者なんだけど、マッチョになる為にダンベルって必要なの?」
・「自重とダンベルでの筋トレって、効果に差が出るの?」
・「自分もとにかくマッチョになりたい!!!」

あなたは今、このように悩んでいませんか?

スポンサーリンク

そこでこの記事では、マッチョを目指すあなたのために

・筋トレ初心者にダンベルは必要かどうか?
・自重とダンベルの筋トレ効果を徹底比較した結果

を、こっそりとお伝えします

20代でまだまだこれからの男のあなたよ、筋トレに燃えてください♪

ちょっとでも、あなたがマッチョになるサポートができたら僕は凄く嬉しいです(#^^#)

筋トレ初心者にダンベルは必要なのか?

「よし、今から筋トレを始めよう!」
「目指すはサイヤ人のようなマッチョだ!!」

そう意気込んでいる、そこのあなた!

その為にダンベルが必要かどうか、悩んでいませんか??

結論からお伝えすると・・・

筋トレ初心者がいきなりダンベルでトレーニングするのはおすすめしません

ダンベルを使えばマッチョになるという情報ってたくさんありますが、それは半分嘘で半分本当なんです

というのも、ダンベルを使う使わない以前に、筋トレの基礎が身に付いていないとダメだからです

もっと言うと、筋トレ初心者がいきなり重いダンベルを使うと、最悪怪我をしてしまいます

では、筋トレ初心者はどうすれば良いのか?

それは、自重トレーニング→ダンベルトレーニングと進むのが1番です

自重トレーニングで筋トレの基礎を身に付けて、ダンベルトレーニングでさらに効果的にあなたの体をマッチョにする!

この順番で進めて行けば、怪我なく効率良く、あなたはサイヤ人へと進化していきます

そのために、自重トレーニング・ダンベルトレーニングのメリット・デメリットをお伝えしますね!

自重トレーニングのメリット・デメリット

自重トレーニングは、あなたの体重を負荷として利用する筋トレです

自重トレーニングはダンベルなど器具が必要な事も、ジムに通う必要もないので、あなたの自宅で今すぐ始められますよ♪

そんな自重トレーニングのメリット・デメリットについてお伝えします

自重トレーニングの3つのメリット

自重トレーニングのメリットは3つあります

①自宅で簡単に始められる
②時間もお金がかからない
③無理なく怪我のリスクも低く筋トレできる

自重トレーニングのメリット①自宅で簡単に始められる

自重トレーニングは、ダンベルなどの道具を必要としないので、自宅で気軽にできます!

あなた次第でメニューも自由自在に組み合わせできるので、そういう意味でも始めやすいです(#^^#)

「今日は軽めの筋トレを!」
「明日はハードな筋トレを!」

というように、自分で調整しやすいので筋トレ初心者にこそおすすめなんです

自重トレーニングのメリット①時間もお金もかからない

重トレーニングはジムに行く時間やお金が必要ないので、0円で始められます

「仕事で忙しくて、なかなかジムに行けないよ!」
「ジムに通うなら別の事にお金を使いたいんだよね・・・」

というようにあなたが悩んでいるならば、ピッタリの筋トレ方法になりますよ♪

自重トレーニングのメリット③無理なく怪我のリスクも低く筋トレできる

自重トレーニングで掛かる負荷は、あなたの体重のみなので
自然な負荷で筋トレできて、怪我のリスクを最小限にできます☆

負荷が少ないという事は、あなたの体を自由にコントロールできる事にもなりますので
変な負荷が掛かる事も無く、怪我をする事もそうそうありません

ダンベルなど器具を使う場合は、フォームをマスターしないと必要以上に負荷が掛かりますので

そういう意味でも、筋トレ初心者は自重トレーニングで筋トレの基礎を身に付けるのが1番です!

あなたが自宅で今すぐ実践してサイヤ人になる自重トレーニング集はコチラ

→筋トレ初心者男が自宅でサイヤ人になった超おすすめのメニュー5選!

自重トレーニングの2つのデメリット

自重トレーニングは、2つのデメリットもあります

①気軽に始められる分、やめるのも気軽にできる
②マッチョを目指すならちょっと効率が悪い

自重トレーニングのデメリット①気軽に始められる分、やめるのも気軽にできる

自重トレーニングはあなたの自宅で手軽に始められて、時間もお金もかからない分、継続する意思が無いとやめるのも気軽にできてしまいます!

「いつでもできる!」という安心感もありますが、それ故にやめるのも簡単なので要注意ですよ!

でも、これは僕の考えですが、時には筋トレから離れる時があっても良いと思います
あなたにはあなたのペースがあるので、休む時期があっても無理なく継続する事が大切です!

あなたらしく、楽しく継続しましょう!

自重トレーニングのデメリット②マッチョを目指すならちょっと効率が悪い

あなたが「筋肉を大きく成長させてマッチョを目指す!」ならば、自重トレーニングだけだとちょっと効率が悪いです

ダンベルを使ったトレーニングの方が、より正確に狙った筋肉を鍛える事ができるからです

とは言っても、自重トレーニングでも、ちゃんと筋トレ効果があるので安心してください(#^^#)

ただ、自重トレーニングで筋トレの基礎を身に付けたら、次はちょっとずつダンベルトレーニングに挑戦していく事をおすすめします!

その方が、より効率的にあなたが理想のマッチョに近づく事ができます!

その為に、次はダンベルトレーニングのメリット・デメリットをお伝えしますね

スポンサーリンク

ダンベルトレーニングのメリット・デメリット

ダンベルトレーニングは、ダンベルを使って筋トレする方法です

正しいやり方で実践すれば、あなたが理想のマッチョになる為に効果的な筋トレになります

そんな自重トレーニングのメリット・デメリットについてお伝えします

ダンベルトレーニングの3つのメリット

ダンベルトレーニングのメリットは、次の3つです

①ダンベルがあれば自宅ですぐ実践できる
②ピンポイントで鍛えたい筋肉をトレーニングできる
③あなたの筋肉に最適な負荷を掛けられる

ダンベルトレーニングのメリット①ダンベルがあれば自宅ですぐ実践できる

ンベルトレーニングは、ダンベルを買っていれば、あなたの自宅で今すぐ実践できます!

ダンベルさえあれば、別にジムに通う必要も無いので、掛かるお金を最小限に抑える事ができます

ただ、一口にダンベルとは言っても、

・「重さが決まっている、ウエイト固定式ダンベル」
・「重さを変えられる、調整式ダンベル」

この2つがあります!

もし、あなたが「ダンベルをこれから買おう!」と思っているのならば、絶対に「調整式ダンベル」にしてください

調整式ダンベルは、自分で重さを変える事ができるので、あなたの状況に合わせて筋トレの負荷を変えられるからです♪

反対に、固定式ダンベルは、決まった重さにしかならないので、その負荷に慣れたら筋トレ効果が下がってしまうのでおすすめしません!

ダンベルトレーニングのメリット②ピンポイントで鍛えたい筋肉をトレーニングできる

ダンベルを使う事で、狙った筋肉をより効果的に、集中して鍛えられます

例えば、あなたが「力こぶ(上腕二頭筋)を鍛えたい!」となった時に
ダンベルを使う事で、その力こぶに、より集中して負荷を掛ける事ができます

今回は力こぶを例にしましたが、他の場所の筋肉も一緒です
ダンベルがあるだけで、それぞれ狙った筋肉に負荷を集中できますので、その分だけ筋トレ効果もアップしていきます!

ダンベルトレーニングのメリット③あなたの筋肉に最適な負荷を掛けられる

ダンベルを使って筋トレする事で、常にあなたの筋肉に最適な負荷を掛ける事ができます

どういう事かと言いますと、次のように例えられます

あなたが筋トレに慣れてきて、「今の負荷じゃ軽く感じるな!」となったら、ダンベルの負荷を重くする

反対に、「今日はちょっと疲れているから軽めの筋トレがしたい」となったら、ダンベルの負荷を軽くする

・・・というように、自由自在にダンベルの負荷を変える事で、今のあなたにとって最適な負荷を掛けられるようになります(#^^#)

ダンベルトレーニングの2つのデメリット

ダンベルトレーニングにもデメリットがあり、それはこの2つです

①バランスが取りにくい
②フォームを守らないと怪我をする

ダンベルトレーニングのデメリット①バランスが取りにくい

ダンベルは、重量が重くなるにつれバランスが取りにくくなってしまいます

重量が重くなるほど、狙った筋肉以外の筋肉を使う事にもなるので、より高いバランス感覚が必要になる時が必ず来ます

とは言っても、徐々にバランス感覚が身に付いてきますので、安心してください!

最初は不安定かもしれませんが、継続していけば必ずバランス感覚が掴めてきます!

ダンベルトレーニングのデメリット②フォームを守らないと怪我をする

ダンベルを使った筋トレは、フォームを守らないと怪我をします
場合によっては、大怪我にもなるので、要注意です!

怪我の原因は、無理な負荷によるフォームの乱れがほとんどです

フォームがあってこそ筋トレ効果がありますので、必ずフォームは守るようにしましょう
正しいフォームが無理な時は、あなたがその負荷で筋トレするのは早いという事です

だからこそ、ちょっとずつちょっとずつ、負荷を上げていって
そして、効果的に筋トレしていってくださいね!

 知っていましたか?筋トレ後の食事を意識する事でサイヤ人になる事を・・・

こまで、

・筋トレ初心者にダンベルは必要なのか?
・自重トレーニングとダンベルトレーニングのメリットとデメリット

について、あなたへお伝えしてきました

筋トレ初心者のあなたには、まず自重トレーニングで筋トレの基礎を掴んで
それから、ダンベルトレーニングでより効果的に筋トレしていく事をおすすめします!

いきなりダンベルを使うと、フォームが崩れやすかったり
大切なあなたの体がケガする事もあり得るので

そういう意味もあって、まずは自重トレーニングから始めてみてください!

自重トレーニングは、無理なく負荷を掛けられますので
怪我のリスクもほぼありませんし、ちゃんと筋トレ効果もあるので、安心してください♪

筋トレ初心者のあなたにこそ絶対おすすめの自重トレーニング集はコチラ

→筋トレ初心者男が自宅でサイヤ人になった超おすすめのメニュー5選!

そしてそして!
この記事を読んでくれたあなたにこそ、理想のマッチョになってほしいので!

筋トレ効果をもっともっとアップさせる、筋肉飯がある事をお伝えします!!!

筋トレは、正しい負荷やフォームで実践する事でも、効果がアップしますが・・・

それと合わせて、筋トレ後の食事をしっかり意識する事で、めちゃくちゃ効率的にあなたの筋肉が成長しますよ(^^♪

その為に必要なのが、筋肉飯です

筋肉飯と言っても、作るのが難しいとかはありません
今はコンビニやスーパーで、お手軽に筋肉飯を買う事ができるので

是非是非、あなたが美味しく食べられる筋肉飯を買って、筋トレ効果をさらにアップさせてください!

コンビニで今すぐ買える!サイヤ人確定の筋肉飯はコチラで紹介しています

→筋トレで筋力アップする食事はコンビニで揃う!超おすすめ筋肉飯10選!

それでは、お互い理想のマッチョになる為に、これから筋トレを楽しみましょうね(#^^#)

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする