筋トレで超効果出る回数・セット数・負荷の目安!これであなたはブロリー!

超効果が出る筋トレのヒミツは回数・セット数・負荷にあり!
これさえ分かればあなたはブロリーになる!

どうも、passです!

・「筋トレで効果が出る回数・セット数はどれくらい?」
・「低負荷高回数・高負荷低回数、どっちがいいの?」
・「とにかくマッチョになりたい!!!」

あなたは今、このように悩んでいませんか?

スポンサーリンク

そこでこの記事では、マッチョを目指すあなたのために
筋トレで間違いなく効果が出る「回数・セット数・負荷」についてお伝えします!

とは言っても、めちゃくちゃシンプルで、あなたが今すぐ実践できるモノなので
どうぞ、楽しんで行ってください(#^^#)

あなたの目的によって筋トレの回数・セット数・負荷が決まる

あなたは、筋トレで何を目指しているのでしょうか?
それによって、回数も負荷も全く変わります
同じセット数で筋トレするにしても、その内容が正反対になるんです

大きく分けて、筋トレの目的は2つあります

・筋肉を大きくさせてゴリマッチョを目指す
・筋肉の持久力を高めて細マッチョを目指す

あなたは、このどちらのマッチョを目指しますか?

ゴリマッチョを目指すならば、「速筋」という筋肉を成長させる必要があります
細マッチョを目指すならば、「遅筋」という筋肉を成長させる必要があります

僕達の筋肉は、速筋と遅筋に分けられていて
どちらも役割が正反対なんです

そこでまずは、速筋と遅筋の違いについて簡単にお伝えします!

速筋は瞬発力を生む筋肉で大きなパワーを出せる

速筋は瞬発的に大きな力を出す筋肉で、筋トレや短距離走などに使われます
つまり、一瞬で大きなパワーを出すのが速筋の役割です

例えば、サッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手が分かりやすいかと思います
とてつもない筋肉をしていますよね(笑)
男らしいカッコイイ体で、僕も憧れます!

ロナウド選手は、とても足が速いですよね
また、ジャンプ力も物凄いですよね
そういった圧倒的な身体能力もあって、30歳を過ぎた今でもトップ選手として活躍しています

そのロナウド選手のパワーの源になっているのが速筋なんです
ウエイトトレーニングなどを欠かさず続けているからこそ、速筋が大きく成長して
一瞬で大きなパワーを出せる体になっています

というように、速筋は瞬発力を生み出すための筋肉になります

遅筋はパワーは小さいけど持久力を高める筋肉

遅筋は大きな力は出せませんが、持久力を発揮する筋肉で、ウォーキングやマラソンなどに使われます

例えば、マラソン選手を見ると分かりやすいです
世界記録保持者のキプチョゲ選手の体を見てみましょう
ロナウド選手とは正反対の体で、「細い」と一目で分かりますよね

キプチョゲ選手は、速筋がほとんどありません
つまり、一瞬で大きなパワーを出す事は得意じゃないんです
でも、遅筋が物凄く成長しているので、持久力が半端なくあります(笑)

というように、遅筋はパワーを出せませんが持久力がある筋肉になります

速筋・遅筋の筋トレは回数も負荷も真逆になる

ではでは、あなたが速筋を鍛えてゴリマッチョになりたいのか?
それとも、遅筋を鍛えて細マッチョになりたいのか?

それぞれに必要な「筋トレ方法・回数・セット数・負荷」をお伝えします!

スポンサーリンク

速筋を鍛えるなら高負荷低回数で3セット

速筋を鍛えて筋肉を大きくしたいのならば、10回で限界が来る負荷をかけて筋トレすることが大事です

「なんとか10回できるぞ!」って感じの負荷をかけて筋トレしましょう!

速筋は一瞬のパワーを生み出す筋肉なので、特にウエイトトレーニングで効果的に鍛えられます♪
その時は、10回で限界を感じる負荷で挑戦してみてください

そうする事で、さらに筋トレ効果がアップします(^^♪

目安としては、「10回(なんとか10回できる負荷で)×3セット」がオススメです
セット間の休憩は30秒~1分で大丈夫です

なんとか10回できるくらいの負荷で10回→30秒~1分の休憩
これを3セットです!

そして、2セット目以降は10回できなくても大丈夫です!
でも、しっかりと「10回達成するぞ!!!」って気持ちで挑戦しましょう

2セット目以降は、筋肉も疲れますので
もしかしたら10回は無理な場合もあります
でも、安心してください
それでOKなんです!!

回数よりも、負荷のかけ方が大事です
11回以上できてしまうような負荷よりも、なんとか10回できる負荷にする
そうする事で、確実にあなたはゴリマッチョに近づきます!

遅筋を鍛えるなら低負荷高回数で3セット

持久力をつけるために遅筋を鍛えたい場合は、20回で限界が来る負荷で筋トレしましょう

「20回できる負荷で、限界まで追い込む」のが大事です

そうする事で、効率的に遅筋が成長して持久力がアップします♪

目安としては、「20回(なんとか20回できる負荷で)×3セット」がオススメです
セット間の休憩は30秒です

20回できる負荷で20回→30秒休憩
これを3セットです

速筋の筋トレと比べると休憩時間が短いです

最初の1セット目で疲れてしまうかもしれませんが、そこから2セット・3セットと続けると確実に持久力がつきます!

一緒に食事も考えるとあなたの筋肉はさらに大きく成長する

ここまで、筋トレで超効果が出る回数・セット数・負荷の目安をお伝えしてきました
あなたはあなたらしく、筋トレを楽しんでください!

ゴリマッチョを目指すなら、速筋をトレーニングする
細マッチョを目指すなら、遅筋をトレーニングする

「あなた自身が筋トレでどのようになっていきたいのか?」を明確にして、筋トレを楽しみましょう!!!

筋トレの方法に正解なんてありません
いや、あなたが選んだ筋トレが正解です

ですので、あなたが筋トレで何を目指しているのか?
自分と向き合って、それに合わせた筋トレメニューを決めてほしいと思います(^^♪

そして、そこでさらに・・・

筋トレ後の食事を考える事で、もっともっと筋トレ効果をアップさせることができるんです

筋トレしてマッチョになるためには、ちゃんとした食事が必要です

筋トレ後にタンパク質など、筋肉に必要な栄養を届ける事で
あなたの筋肉の成長スピードが格段に違ってきます

そして今のこの世の中ならば、コンビニで筋トレ効果をアップさせる美味しいメニューを買う事ができます

筋トレ後におすすめ!コンビニのメニューを僕が厳選しました!

→筋トレで筋力アップする食事はコンビニで揃う!超おすすめ商品10選!

是非是非、コンビニ食を活用して、腕立て伏せの効果をアップさせてください!

それでは、ここまで読んでいただき、ありがとうございます!
またお逢いしましょう!

スポンサーリンク



読むと何だか優しい気持ちになる。 鬼滅の刃の全てはコチラにあります!
筋トレ初心者でも自宅でブロリーになる秘密の筋トレ5選はコチラ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする