那珂市のおたふく食堂でディナーを食べたら旨すぎて爆発!!やっぱり腹減ったらココ!

ディナーだって「おたふく」に行けば間違い無し!!!
ランチとはまた違う楽しさやおいしさが、あなたを絶対満足させます!

どうも、タガメ王国の防人リョウです!

・「那珂市で美味しいティナ―、食べたいな!」
・「ボリュームあって美味しかったら超最高!」
・「お酒やおつまみも楽しみたいな!」

あなたは今、このように感じていませんか?

スポンサーリンク

そこで今回は、茨城県那珂市にある食堂「おたふく」を紹介します!
もうとにかく、破格の美味しすぎる料理が楽しめる、素敵なお店なんです♪

是非是非、あなたにも、このお店でボリューム満点の名物を食べてほしくてですね・・・
僕の体験談と一緒にお伝えしていきます(#^^#)

「おたふく」のランチについてはコチラでお伝えしています!

→那珂市のおたふく食堂で名物ランチメニューが破格の旨さ!腹減ったらココへ行け!

「おたふく」父の誕生日祝いをしたら味も量も100点満点だった

「そうだ!親父の誕生日祝いに、おたふくを御馳走しよう!」と思い、夜に席を予約してお店へ向かいました。

味も量も100点満点のおたふくなら、親父も喜んでくれるだろうと思い、その時を楽しみにしていました!

今回は、父と母と一緒におたふくへ行ったのですが・・・

・・・うん!!!
やっぱり、おたふくに行けばボリューム満点で超美味しい料理を一緒に楽しめる!!!

おたふくは居酒屋という事もあり、おつまみも定食も最強に美味いです!!

おたふくの場所、営業時間などはコチラを参考にしてください。

住所 〒311-0134
茨城県那珂市飯田2521-8
地図を見る
アクセス 常磐自動車道と国道118号線の
立体交差近く
電話番号 029-295-9566
営業時間 11:00 ~ (L.O.13:30)
18:00 ~ (L.O.22:00)
※ご飯が無くなり次第終了なので
要注意!
定休日 水曜日(祝日の場合営業、翌木曜休み)
駐車スペース 有り

ランチも凄いけどディナーも凄い!おたふくの絶品メニュー5選

今回、僕が両親と楽しんだおたふくの絶品メニューは5つあります!

・枝豆
・ポテトフライ(明太マヨネーズ)
・肉野菜炒め定食
・おたふく天丼(小)
・アジフライとヒレカツ定食

この異常なまでに美味すぎるメニュー達を、ちょっとでもあなたにも楽しんでほしいので紹介します!!!

ホクホク美味しい枝豆はいくらでも食べられる!

ドカーン!!!

見てくださいよ、この立派な枝豆たちを!!!
1粒1粒が、しっかりと噛み応えがあって、熱々ホクホクの状態で出してくれます!

しかも、このボリューム(笑)
これ、おつまみですからね!

おつまみって普通、あまりボリュームが無いじゃないですか・・・

でも、おたふくのおつまみは全く違うんですよ!

おつまみなんだけど、ボリュームが凄くて、しかも超美味しいんです!

僕も母も父も、この枝豆に夢中になってました。
ついつい、食べ進めてしまうんですよね!

父はお酒を頼んでいたので、この枝豆がより絶品に感じたようです!

「ここの枝豆は違う!普通のお店の2倍以上のボリュームで、1粒1粒が美味しい!」との事でした♪

ポテトフライに明太子マヨネーズなんて反則コンビやんけ!

バゴーン!!!

外はカリッと、中はホクホク!!
しかも、ポテトフライと明太子マヨネーズなんて、相性抜群で反則コンビですよ(笑)
こんなんもん、家族でも奪い合いになってまうわ(笑)

ポテトフライって、めちゃくちゃ美味しいですよね・・・
僕も、超大好物なんですよ!

「定食が来る前に、ちょっとおつまみを食べようか!」って事で、このポテトフライも頼んだのですが・・・

いやまぁ~、1本1本が極太で立派なポテトフライだこと(笑)
何だか、とてつもないパワーを感じましたよ!

しかも、添えてあるのは明太子マヨネーズですよ♪
もう、見ただけでポテトフライと相性抜群って、誰もが分かりますよね!

しかも、「ちょっとおつまみ食べようか!」って事で注文したけど、「ちょっと」のボリュームじゃなかったんですよね(笑)

いやー、これは嬉しい誤算でしたわ(笑)

おたふくは、おつまみだけでも楽しむ事ができるのだと、強く感じました!

スポンサーリンク

シャキシャキな肉野菜炒め定食に箸が止まらんやんけ!

デデデーン!!!

とんでもなくデカイお皿に、ギッシリとジューシーな肉野菜炒め!
ご飯が進むわ、橋が全く止まりませんでしたわ!!

写真じゃ伝わりにくいかもですが、この肉野菜炒めのボリューム・・・
めちゃくちゃ多いです(笑)

コチラは、ヘタレ男が注文しました!

奥に見えるポテトフライと見比べてください!
ポテトフライが乗ってる容器だって、そこそこあるんですよw

豚肉・キャベツ・もやし・ニラ!
肉も野菜もジューシー過ぎて、こんなのもう、箸が止まる訳が無いんですわ!!!

味付けも程よくスパイシーで、ほんのりとした甘さもあって、食べやすいですよ♪

ご飯も味噌汁も、一般的な定食と比べたら、2倍くらいのボリュームです(笑)

そして、見てくださいよ、この「ちょこん!」ってある、さくら大根の可愛さを!

僕は、さくら大根ちゃんの声が聴こえましたよ・・・

「ボリューム満点なおかずとご飯、味噌汁を楽しんだら、たまに私を食べて休憩してね!」って、さくら大根ちゃんは言ってました(笑)

さくら大根だけは唯一、他のお店の定食屋とボリュームが一緒でしたね(笑)

 あれれ?おたふく天丼(小)なんだけど超デカイやんけ(笑)

ドンガラガッシャン!!!

これで「小」サイズだと!?
あまりにも規格外で美味しい天丼が、こんな所にあったとは!!
ドデカイ天ぷらに、1合以上のご飯、相性抜群やんけ!!!

これを頼んだのはヘタレ男の母なのですが、到着すると絶句してましたね(笑)

母は、「ご飯がそんなに食べられないから、小にしよう!」と言って頼んだのですが・・・

そんな母の想いは、一撃で吹っ飛ばされましたねw

巨大な天ぷら達の下には、1合以上ものご飯がぎっしりとあります!
それを食べる為に、お決まりのスプーンがついてるなんて、親切ですよね(笑)

「え!?何で天丼にスプーンがついてるの??」っては母ビックリしてましたが、ご飯のボリュームを感じて、使い道を悟ったようでした(笑)

天ぷらも、

・大ぶりの海老
・ちくわ
・アナゴ(キスかな?)
・さつまいも
・ピーマン
・なす
・かぼちゃ 

と、ズラリ!!!

お決まりの「天ぷら界の王下七武海」が迎え撃ってきます!

見事に、ヘタレ男の母は撃沈でしたね(笑)
僕も、フォローしようにもお腹いっぱいで無理でした!

アホみたいな美味さとボリュームのアジフライとヒレカツ定食に屈した!

ジャーン!!!

これまた立派でジューシーなアジフライとヒレカツ、そしてシャキシャキなサラダ!!
最強のコンビに、見事に撃沈しました(笑)

これを頼んだのは、ヘタレ男の父です!

写真だと臨場感が分かり辛いですが、このお皿、40cmくらいあると思うんですよw

そんな大きなお皿を、ギッシリと埋め尽くすアジフライ&ヒレカツ、そしてサラダ!

うん、見ただけで圧倒されてもうたわw

いやね、本当にめちゃくちゃ美味しいんですよ!
アジフライもヒレカツもサックサクでジューシーでね・・・

アジフライはタルタルソースとからしをつけると、さらに爆発的に美味い!
ヒレカツは、柔らかいお肉で食べやすい!

でもね、ボリュームに負けてしまうんですわ(笑)

サラダなんて、スーパーで100円くらいで売ってる千切りキャベツ2袋分くらいありますよ、これ!!
シャキシャキで、アジフライとヒレカツと相性抜群でした♪

そして、ご飯と味噌汁のボリュームも多くて、ヘタレ男の父はご飯を残しましたとさ!

「いつも食べてるご飯よりも、2倍以上のボリュームだ!」と、まさに完敗です(笑)

ヘタレ男も両親も大満足のおたふくディナーはマジ最高でした!

今回、ヘタレ男の僕の両親は、初めてのおたふくでしたが・・・
そんな2人が、共通して感じた事がありました!

それは、「おたふくって、ご飯が凄く美味しいね!」という事でした!!!

そうなんですよね、おかずやおつまみの圧倒的なボリュームに隠れてしまいがちですが・・・

おたふくで出してくれる「ご飯」は、程良い粘り気があって、おかずがさらに美味しく食べられるんですよね!!!

とにかくボリュームが凄いから・・・
というだけなら、僕もこうしてブログでお伝えしていないのです!

このおたふくは、色々な料理を色々な角度から楽しめるから、最高のお店なんです!

圧倒的なボリューム、に圧倒されるのも良いでしょう(笑)
超美味しいご飯と、おかずを楽しむのも良いでしょう!

ランチでボリューム満点の定食を楽しめて!
ディナーでは、ボリューム満点のおつまみまで楽しめて!

もう、何やねん、このお店!!!
全く隙が無いやんけ(笑)

これはもう、ヘタレ男一家の憩いの場となる事が、確定しました!

・・・という事で、あなたも是非!!
おたふくで食事を楽しんでみてはいかがでしょうか(#^^#)

ボリューム満点ホームランな見た目を楽しんだり、劇的に美味い味を楽しんだり・・・
楽しみ方は、あなた次第です!!

それでは、ここまで読んでくれてありがとうございます!

また、お逢いしましょう!

タガメ王国のヘタレ防人リョウより

スポンサーリンク



読むと何だか優しい気持ちになる。 鬼滅の刃の全てはコチラにあります!
筋トレ初心者でも自宅でブロリーになる秘密の筋トレ5選はコチラ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする