コミュ障・人見知りで会話が続かない僕が克服した超シンプルなヘタレ会話術

コミュ障だって、楽しく会話できるのさ!!!

どうも、タガメ王国のヘタレ防人リョウです!

・相手と会話するには、何か面白い話をしなきゃダメだよね!
・何だか、相手が何も話してくれないよ!
・もっともっと、相手に受け入れてもらいたいよ!

あなたは今、このように感じていませんか?

スポンサーリンク

そこでこの記事では、「コミュ障だからこそ会話を楽しむヘタレ会話術」をお伝えしています。

あなたがちょっとでも、相手と一緒に会話を楽しんでくれたら、とても嬉しいです!

僕はコミュ障で特別な話をしないと会話が続かないと思ってた

僕は今でもコミュ障で、つい最近までずっと・・・

「何か特別な事を話さないと、相手に喜んでもらえないんじゃないか?」

って、思い込んでいたんだけどね。

そうすればするほど、相手が何も話してくれなくて。
一瞬にして、会話が終わっちゃうんだよね(笑)

別に、その相手の事が嫌いじゃなくて、本当は会話したいのにできないのはどうしてだよ!!!

その答えは超シンプルで、意識が「自分」に向いてたんだよね。

その意識を「相手」に向けてみたら、自然と相手は喜んで話してくれた。

それを見て、僕も嬉しかった。

そんな、ヘタレ男の会話術、楽しんでいってください!

大好きな釣りで学び実践したヘタレ会話術

僕は、釣りが大好きでよく行くんだけど・・・

以前の僕だったら、釣り人と会話するのが不安だった。

・何を話せばいいんだろう?
・面白い話をしないと、気に入ってもらえないんじゃないかな?
・嫌われたくないよ!

って感じで、僕の事しか興味なかった。

これは、意識が「僕」に向いてる状態だよね。

だから、せっかく釣り人が話しかけてくれても、

「ああー!何か面白いことを話さないと!」

って、僕の事ばかり考えて。
すぐに会話が終わってたんだよね(笑)

だけど、相手の立場になって考えてみたら、とても楽しそうに色々と話を聴けてね・・・

・この釣り人は、年配だけど、何を釣ってるんだろう?
・今まで、どんな魚を釣ったんだろう?

こんなにシンプルな事を聴くだけで、相手は喜んでくれるんだよね。

釣り人は、自分が釣った魚の事や、その時の思い出をとても大切にしてる。

だから、そういった事を話す相手がいると、嬉しいんだよね。

釣り人からすれば、誰かの話を聴くよりも、話し相手を求めてる事が多いからね。

だからこそ、釣り人の話を聴いていくように会話すれば、喜んで釣りの事を話してくれる。

というか、人間は、相手の話を聴くよりも自分の事を話ししたい理解してもらいたいって気持ちが強いんだよね。

・・・って事が分かれば、僕がやってみる事も自然と見えてきて、面白い事になりました!

相手に好きな事を語ってもらえるように話を聴くのが大切

そうか!
何も、僕が面白い話をする必要は無いじゃんか!

相手は、何が好きなんだろう?

そういうシンプルな事を、相手に語ってもらえるように会話すれば良いんだ!

つまり、僕が話すより、相手の話を聴く事が大切なんだ!

僕にとって、めちゃくちゃ大きな閃きでした。

僕も釣りが好きだから、凄く分かるんだけど・・・

釣り人って、自分が釣った魚の事を伝えたいんだよね。
自慢したい人もたくさんいるのね。

つまり、「自分の事を共感してもらいたい」って気持ちが強い。

だから、

「今まで、どんな魚を釣ってたんですか?」

という超シンプルな会話から、たくさんの釣り話を聴かせてくれる。

「去年、あそこの釣り場で、たくさんの魚を釣ったよ!」

「今は釣れる時期じゃないけど、今年も釣れるんじゃないかな!」

「エサはコレが一番だよ!」

という感じに、嬉しそうに話してくれてね。

相手が楽しく語ってくれながら、僕も色々と釣りの知識を覚えたりして楽しかったわ!

最終的に分かったのは、その釣り人は毎週釣りに来ていて、黒鯛を狙っている。

黒鯛を釣るための仕掛けや餌とか、色々と嬉しそうに話してくれた。

そういう部分から、新しい釣り場を発見出来たり、釣りの知識も増えていったりしてね。

「何これ??人と会話するのって、めちゃくちゃ楽しいじゃん!」

って、パラダイムシフトが起きたよね(笑)

何も難しい事を話す必要は無かった・・・

スポンサーリンク

相手に好かれようとすると100%会話が続かない

前の僕だったら、「相手に好かれよう」が出過ぎていてね。
その為に、僕の面白い話をしなくちゃダメという状態だった。

僕に興味ない事は、無視してたんだよね。
相手に合わせてあげるって事を、ほとんど実践してこなかった。

つまり、意識が僕に向いていたから、会話が続かないんだよね。

相手が楽しむ事は、相手の中にあるからこそ。

僕が面白い話をする必要は無くて、相手に楽しいことを話してもらえば、喜んでくれるとハッキリ実感した。

あと、超大切なポイントとして・・・

「相手に可愛がってもらおう」

「相手に認めてもらおう」

こういった気持じゃ、相手は楽しく話してくれないんだよね。
意識が自分に向いていて、相手を意識してないからね。

相手が僕達を事を受け入れてくれるかどうかは、相手が決める事だからね。

それは、僕達じゃ絶対に決める事ができないから、そこに向けて会話しても続かないんだよね。

だから、僕達がやるべき事は、たった1つ・・・

「何をすれば、相手が喜ぶだろう?」という意識で、相手の話を聴いてみる。

これが、ヘタレ会話術の極意です!!!

売れている営業マンもヘタレ会話術を活用してるぞ!

あなたも、どこかで聴いた事があると思うんだけど・・・

「売れている営業マンほど、相手の話を聴いている」っていうのが、まさにそうなんだよね。

売れている営業マンは、買ってもらいたい商品の話をしていなんだよね。

相手が何が好きなのかを見極めて、そこから話を広げていって、相手に好きな事を語ってもらってる。

その結果として、信頼関係を築いて、商品を買ってもらえる。

だから、営業の極意も全く一緒で、相手に好きな事を語ってもらえるように会話する。

何も、特別に面白い事で会話してるんじゃないんだよね。

そうして、色々な人に好きな事を語ってもらえれば、貴重な生の体験談とかが知識として入ってくるから・・・

それがまた会話ネタにもなって、他の相手との話もしやすくなったりする。

そうやって、売れている営業マンは会話を楽しんでるんだよね。

「この商品を買ってもらおう」という事は、全く考えない。
それは、相手が決める事だからね。

相手に認めてもらおうとすればするほど、失敗に終わるのと一緒だよね。

だから、やっぱり大切な事は1つ!!!

「相手に好きな事を語ってもらえるように、会話を楽しもう!」
「相手の話を聴けば聴くほど、僕達の事も話も聴いてもらえる!」

という、ヘタレ男の会話術をお伝えしました。

・・・あ!

そういえば、さっきの釣り人との会話では、面白い展開になって。

なんと、釣りたての美味しい黒鯛をいただけました!!!

釣り人の話を聴いていくと・・・

「毎週、ここで黒鯛を釣っていて、より大物を狙ってるんだ!」

「でも、今まで黒鯛をたくさん釣って、たくさん食べてきたから味に飽きちゃってね(笑)」

「だから、黒鯛が釣れたら、持って帰らない??」

という事になって、絶品すぎる黒鯛をいただきました!

・・・釣り人のおっちゃん、こんな絶品が飽きてしまうほど黒鯛を釣ったとは凄いぜ(笑)

ヘタレ会話術のおかげで、立派な黒鯛をいただけて感謝です!

塩焼きで、めちゃくちゃ美味しかったわ!

・・・また、貰えるかな?(笑)

という事で、ここまで聴いてくれて、ありがとうございます!

あなたも是非、ヘタレ会話術を実践して、会話を楽しんでくださいね!

それでは、またお逢いしましょう!

タガメ王国のヘタレ防人リョウより

スポンサーリンク



読むと何だか優しい気持ちになる。 鬼滅の刃の全てはコチラにあります!
筋トレ初心者でも自宅でブロリーになる秘密の筋トレ5選はコチラ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする