【鬼滅の刃197話ネタバレ・感想】無惨の隠し技で炭治郎が瀕死!善逸・ 伊之助・柱が立ち上がる!

炭治郎が、炭治郎が危ない!!!
無惨はこれからも進化するのか??
善逸・ 伊之助・柱はどこまで喰らいつけるのか?

どうも、タガメ王国の防人リョウです!

スポンサーリンク

この記事では、鬼滅の刃197話の最新確定ネタバレ・感想について、僕なりにお伝えします。

あなたがさらに、鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです(^^♪

197話の最新確定ネタバレ

197話のポイントは、次の7つです!

・珠世の狙いが的中
・無惨が追い詰められて焦りまくる
・無惨の隠し技が発動
・炭治郎が瀕死で伊黒は消息不明
・まさかの伊之助が参戦
・善逸も参戦
・3人の柱が復帰する

それでは、順番にお伝えしていきます。

珠世の狙いが的中

珠世が作った4種の薬で弱体化する無惨に対して、珠世は愉悦に浸りながら話を続ける・・・

「お前を倒すために無惨より強くなる必要などないのだ。そもそもが、お前を弱体化すればよかったのだ・・・」

死が近づく無惨に、珠世がそう語りかける。

無惨が何としても生きるために手段を選ばないように、珠世及び鬼殺隊も、無惨を殺すために手段を選ばない。

無惨が追い詰められて焦りまくる

本来無惨には、赫刀での斬撃・損傷が何の意味もなさない。
いつもの無惨なら、こういった攻撃では、ほとんどダメージが無い。

でも、弱体化した今では、取るに足らない攻撃さえもが無惨を追い詰めていた・・・

珠世の4つの薬に対応するには時間が必要だと判断した無惨。
炭治郎と伊黒を目の前にして、急に動きが止まる。

・・・ついに無惨を追い詰めたのか??

無惨の隠し技が発動

今しかない!!!

無惨が疲れ果てて動きが止まった隙に、致命傷を与えようと斬りかかる炭治郎と伊黒。

しかし、無惨の上半身がな口のように裂け、強烈な衝撃波が放たれる。

油断大敵、ここに来て、無惨の隠し技が発動してしまう。
この技は血鬼術なのか不明だが、めちゃくちゃ強力なのは間違いない・・・

炭治郎は瀕死で伊黒は消息不明

衝撃波は伊黒と鏑丸を吹き飛ばし、炭治郎の体を貫く・・・

炭治郎は肺が潰れてしまい呼吸困難になってしまい、伊黒は姿すら見えなくなってしまった。

衝撃波はなぜか産屋敷一族と鎹カラスにも襲いかかっており、鬼殺隊の指揮系統を妨害するくらい強烈だった。

夜明けまで残り25分を切っている・・・
後ほんの少し、無惨を倒すまで、後ほんの少し・・・

そこで再び、逃げようとする無惨。
ここまで追い詰めたのに、逃げられてしまうのか・・・

まさかの伊之助が参戦

しかし、逃げる無惨の前に立ち塞がったのは、まさかの伊之助だった。

無惨は、伊之助にも衝撃波を放とうとするが、疲れ果てて出すことができない。
いつもの無惨なら、 伊之助など瞬殺のはずなので、かなり弱体化している。

伊之助も疲れ果てながらも、無惨に斬りかかる
仲間の足・手・命までも奪った無惨に対する怒りが、伊之助を突き動かした。

無惨も反撃しようとするが、思うように体が動かない・・・
普段の無惨なら 伊之助など瞬殺だが、予想以上に弱体化している。

スポンサーリンク

善逸も参戦して炭治郎を励ます

伊之助が無惨の触手に攻撃されそうになったその時、助けに来たのは善逸だった。

ついに、善逸も戦場に駆けつける。
善逸は無惨と戦いながら、瀕死の炭治郎を励ます。

「この戦いで生き残って、大切な禰豆子と共に家族の待つ家に帰ろう」と、炭治郎へ伝える・・・

そうして善逸は、炭治郎に生きる希望をかけていた。

善逸の言葉から生きる希望を見出した炭治郎はなんと、無惨の血気術を解除するため、なんと、日輪刀を自身の体に突き刺してゆく。

鬼殺隊士が次々と復活する中、無惨の体はドンドン重くなり、腕が上がらない状態になっていた。
呼吸も異常なまでに乱れている。

何度蹴散らしても、立ち上がる伊之助と善逸。

3人の柱が復帰する

さらに義勇・実弥・悲鳴嶼の3人も、腕や足を失いながらも再び無惨に向かって進み始めた。

3人とも愈史郎の応急処置を受けているが、失った腕や足は戻っていない・・・
つまり、まともに動ける状態ではない。

それでも、鬼舞辻無惨を倒す。
その執念が、3人の柱を復帰させた。

執念深い鬼殺隊士たちに、無惨は恐怖を感じていた。
自身の息の根を止める瞬間まで、何度でも立ち上がってくるのではないかと・・・

はたして、無惨を倒す事はできるのか??
炭治郎達の運命はどうなるのか・・・

次話を楽しみにしていましょう!

 ツッコミどころ満載!タガメなりの197話の感想

ここからは、僕が197話読んで感じた、疑問点などをお伝えします。
きっとあなたも、同じように突っ込みたくなるかと思います♪

僕が突っ込みたかった事は、次のです。

・伊黒は死亡したのか?
・無惨にまだ隠し玉がありそうで怖い
・みんなどんだけ三途の川を反復横跳びすんねん

伊黒は死亡したのか?

炭治郎と共に、無惨の衝撃はを受けた伊黒は、死亡してしまったのか・・・

そう感じさせてしまうのが、善逸のこのシーンです。

善逸は、瀕死の炭治郎に「お前は死なないよ」と言っていますよね。

本当に、「お前は死なない」なのか?
「お前も死なない」じゃないのか?

お前(炭治郎)は死なないとなると、伊黒は死亡確定なのか・・・

これがもし、「お前も死なない」ならば意味が変わって、伊黒の無事が確認できますが。

ここは、次話以降を待つしかないですね。

無惨にまだ隠し玉がありそうで怖い

次から次へと変貌を遂げる無惨・・・
なんだか、もっともっと凶悪な姿になるのか。

また、他に隠し玉がありそうで怖いですよね(;^_^A

今が体力の限界という事は、体力回復の為に人間を吸収しに行くかもしれません。
それがもし、禰豆子だったら、

そして、禰豆子を吸収して、恐ろしい姿になってしまったら・・・
もう、絶望しかないですよね・・・

頼むから、これ以上、炭治郎と禰豆子を苦しませないでくれ、と僕は感じています。
「いやいや、どんだけ絶望する漫画やねん」って感じです(笑)

みんなどんだけ三途の川を反復横跳びすんねん

これまで僕が鬼滅の刃を読んできて、読み進めるにつれて、強く感じている事があります。

「いやいや、みんなどんだけ、三途の川を反復横跳びすんねん!!!」と、真面目に突っ込みたくなります(笑)

だって、鬼殺隊のみんなが、何度死にかけているのか・・・
三途の川を渡って帰ってきました感を、何度感じさせるのか!

今回もまた、富岡や悲鳴、不死川が、また三途の川を渡って帰ってきたんですよ。
「もう何回目やねんこんなシーンは!」って、ちょっとふざけながらにも僕は感じていました。

それもまた、鬼滅の刃の楽しみ方なんですけどね(笑)

真面目に考察するのも楽しいですし、笑いの面で考察するのも楽しい、素敵な作品なのは間違いないです!

それでは、次回のネタバレも、楽しみにしていてください(#^^#)

ここまで読んでくれてありがとうございます!

また、お逢いしましょう!

タガメ王国の防人リョウより

スポンサーリンク



読むと何だか優しい気持ちになる。 鬼滅の刃の全てはコチラにあります!
筋トレ初心者でも自宅でブロリーになる秘密の筋トレ5選はコチラ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする