【漫画・鬼滅の刃】1巻1話のネタバレ・感想!名作の最初は残酷と感動の連鎖だった

【漫画・鬼滅の刃】漫画1巻1話のネタバレ・感想!名作の最初は残酷と感動の連鎖だった

こんなに悲しく残酷で、そして感動する・・・
そんな漫画が、今まであっただろうか・・・

どうも、タガメ王国の防人リョウです!

・「鬼滅の刃って面白いの?」
・「残酷って言うけど、そんなに悲しいストーリーなの?」
・「どんな感動が待っているの?」

あなたは今、このように感じていませんか?

スポンサーリンク

この記事では、漫画・鬼滅の刃1巻の第1話「残酷」について、ネタバレと感想をお伝えしています。
あなたがちょっとでも、鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです!

鬼滅の刃1巻・第1話「残酷」は本当に残酷だった・・・

主人公である竈門炭治郎(かまど たんじろう)は、何やら、血だらけの妹・竈門禰豆子(かまど ねずこ)を背負いながら、絶望している。

一体、この兄妹に何があったのか??

いきなり、辛く悲しいシーンから、第1話「残酷」がスタートします。
まさに、絶望しかありません。

・・・いや、絶望の中にも微かに輝く、弱くて儚い命もあって感動する。
そういった内容にもなっています。

これは、誰よりも優しい、鬼狩りの物語

これから先、どんな悲しみが・・・
そして、どんな感動が待っているのか・・・

主人公・竈門炭治郎は優しさ溢れる純粋な少年

竈門炭治郎(かまど たんじろう)、この漫画の主人公です。
炭焼き一家の長男です。

山奥の一軒家に住んで、炭を焼いて作って、それで生計を立てているのですね。

そんな炭治郎には、一緒に暮らす優しい家族がいます。

竈門一家は、

父:炭十郎(たんじゅうろう)→他界している
母:葵枝(きえ)
長男:炭治郎(たんじろう)
長女:禰豆子(ねずこ)
次男:竹雄(たけお)
次女:花子(はなこ)
三男:茂(しげる)
四男:六太(ろくた)

という、8人家族で暮らしています。

父の炭十郎は、病弱だったので、既に他界しています。
その為、長男である炭治郎が、炭を売って家計を支えているのでした。

山奥の炭焼きの家の子で、雪が降る中、下町へ炭を売りに行こうとしているのでした。

雪が降って危ないから、行かなくてもいいんだよ

そうして、優しく炭治郎へ声を掛けるお母さん。

それでも炭治郎は、

正月になったら、みんなに腹いっぱい食べさせてやりたいし
少しでも炭を売ってくるよ

そう言って、山を下りて下町を目指すのでした。

兄ちゃん、今日も町に行くの?
私も行く!

行きたい!行きたい!

一緒に町へ行きたいと駄々をこねる、花子と茂。

そこには、ありのままの大自然で暮らす、ありのままで素敵な家族がいました。

決して裕福ではないけれども、優しさ・温かさに溢れんばかりの。
家族を大切にする、素敵な家庭がありました。

そして、下町へと山を下りながら、炭治郎は呟くのでした。

生活は楽じゃないけど幸せだな

でも人生には空模様もあるからな
移ろって動いていく

ずっと晴れ続けることはないし
ずっと雪が降り続けることもない

そして、幸せが壊れる時には
いつも血の匂いがする

なんだなんだ、この予期せぬ絶望を匂わせる呟きは・・・

できる事ならずっと、幸せな炭焼き生活を送ってほしいのに・・・

家に帰ると家族が鬼に殺されて絶望

炭治郎が家へ帰ると、そこには・・・
あまりにも残酷な絶望が待っていました。

家の前には、血まみれの家族が倒れている。
家の中を見ても、そこにも血まみれの家族が・・・

一体、何が起こっているのか??
冬眠できなかった熊でも来たのか?

残された家族は、炭治郎だけなのか・・・
何なんだ一体、家族皆殺しとは、あまりにも残酷すぎる。

いや、たった1人、妹の禰豆子(ねずこ)だけ、まだ息がある。
唯一の命を、なんとしても救いたい。
唯一の希望に、助かってほしい。

そうして炭治郎は、下町の医者を目指して、再び山を下りる。

死なせないからな
絶対助ける
兄ちゃんが助けてやる

炭治郎はそう言って、必死に山を下ります。

せめて、禰豆子だけは助かってほしい・・・

でも、さらなる絶望が炭治郎に襲い掛かります。

唯一生き残った禰豆子が鬼となってしまい絶望

そうして山を下りている途中、急に禰豆子が喚きだした・・・

そして、慌てて崖から落ちた炭治郎・・・
落ちた先で、目の前には、禰豆子が立ち上がっていた。

唯一の生き残りだった禰豆子が、意識を取り戻したんだ。
でも、無理しなくて大丈夫、兄ちゃんが町まで運んであげるから。

そうして禰豆子に近づく炭治郎だが、異変に気付く・・・

いつもの禰豆子じゃない・・・

牙をむき出しに、自分を食べようと襲い掛かってくるじゃないか。
これが、人間のする事なのか?

・・・鬼だ。
禰豆子は、鬼なってしまった。

鬼は、人を喰らって生き延びる生物。

でも、元々は人間の禰豆子が、どうして鬼になったのか?

鬼となって力も段違いな禰豆子に向けて、炭治郎は語り掛ける。
優しいお兄ちゃんは、鬼となった妹を信じて、諦めなかった。

頑張れ禰豆子
こらえろ、頑張ってくれ
鬼になんかなるな、しっかりするんだ
頑張れ
頑張れ!!

すると・・・
禰豆子は大粒の涙を流して、優しいお兄ちゃんを見つめていた。

鬼となって人間を食べたくても、自分は絶対にそうしない。
優しいお兄ちゃんが傍に居てくれるなら、私は誰も食べたりしない。

そうして涙を流す禰豆子を見て、炭治郎も涙を流していた。

もしかしたら、鬼なった禰豆子と一緒に、生き延びる事ができるかもしれない。

絶望の中に、ほんのちょっとの希望がある。

だけどさらに、予期せぬ事態が炭治郎と禰豆子を襲う。

スポンサーリンク

鬼殺隊員・冨岡義勇に禰豆子を殺されそうになる

唯一の希望が見えたのも束の間、鬼殺隊員の冨岡義勇(とみおか ぎゆう)が、鬼となった禰豆子を捕える。

鬼殺隊とは文字通り、鬼を殺す事を仕事にする人の集まり・・・

俺の仕事は鬼を斬る事だ
勿論、お前の妹の首も刎ねる

そう伝える義勇に、慌てて炭治郎が話す。

待ってくれ、禰豆子は誰も殺してない!!

俺の家にはもう1つ、嗅いだことのない誰かの匂いがした
みんなを殺したのは、多分そいつだ

禰豆子は違うんだ
どうして今「そうなったのか」は分からないけど・・・

簡単な話だ・・・
そう言って、義勇は衝撃の真実を伝える。

傷口に鬼の血を浴びたから、禰豆子は鬼なったのだと。
人喰い鬼は、そうやって増えてしまうのだと。

禰豆子は人を喰ったりしないと言う炭治郎へ、「まさに今、自分が喰われそうだったじゃないか」と言う義勇・・・

禰豆子は、俺の事をちゃんとわかっているハズだ
俺が誰も傷つけさせない

禰豆子を人間に戻す
絶対に治します

そうして、妹を殺さないでくれと願う炭治郎・・・

治らない
鬼になったら、人間に戻ることは無い

そう言って、義勇は変わらず、禰豆子を殺そうとしている・・・

もう、これ以上、俺から奪うのはやめてくれ
どうか、妹を殺さないでください
お願いします

土下座して、炭治郎は義勇にそう願う。

もうやめてくれよ、こんな事は・・・
唯一、生き残った、大切な家族なんだよ。
鬼になっても、禰豆子は家族なんだ、だから殺さないでくれ。

炭治郎は、全てを義勇に委ねて、妹が助かる事を願った。

そこに義勇が、強烈な言葉で炭治郎に伝える。

生殺与奪の権を他人に握らせるな!!
惨めったらしくうずくまるのはやめろ!
そんな事が通用するなら、お前の家族は殺されていない

妹を治す方法は、鬼なら知っているかもしれない
だが、鬼共がお前の願いを尊重してくれると思うなよ

鬼がいる、この世の中、そんな覚悟じゃ誰も救えない・・・

なぜ、斧を振って、俺に攻撃してこなかった?
妹に覆い被さるだけじゃ、守れないぞ。
お前ごと、妹を串刺しにしても良かったんだぞ。

ただただ絶望する炭治郎へ、義勇が追い打ちをかけるかのように、そう伝える。

いやいや、もうこれ以上、残酷な現実は見たくないよ。
俺には、何が残されているんだ?

最後の希望の禰豆子が今、目の前で殺されそうになっている。

相手(義勇)は、とても強い。
鬼である禰豆子を簡単に捕らえて、今まさに刀を刺そうとしている。

こんなのは、俺が望んだことだじゃない。
禰豆子まで殺されるなんて、嫌だ・・・

そうして炭治郎は、決死の覚悟で義勇に挑む。

だけど、炭治郎の怒り任せの単純な攻撃に、義勇は簡単にカウンターで合わせて、炭治郎は失神してしまう。

しかし、その隙に、禰豆子は義勇の拘束を振り払い、炭治郎の元へ駆け寄る。

しまった、喰われてしまう。

そう悟った義勇だが、ありえない現実を目にする。

そこには、倒れた炭治郎を守り、義勇に向かって威嚇する禰豆子の姿があった。

禰豆子は違うんだ、人を喰ったりしない。

飢餓状態の鬼は、家族でも食べる。
義勇は今まで、そういうシーンを何度も見てきたという。

禰豆子は怪我もしており、鬼に変わる時もかなり体力を使っている。
一刻も早く、炭治郎を食べたかっただろうに・・・

その炭治郎を守ろうとして、義勇に立ち向かおうとしている。

こいつらは、何か違うのかもしれない

義勇は、禰豆子を殺すのをやめた・・・

そして、立ち向かう禰豆子は、義勇の手刀で気絶してしまう。

気を失った炭治郎と禰豆子。

炭治郎の心の中では、鬼に殺された家族が周りにいた・・・
どうやら、炭治郎へ最後のメッセージを届け気にきたらしい。

置き去りにしてごめんね炭治郎
禰豆子を頼むわね

母からの言葉で目を覚ます炭治郎。
隣には、禰豆子がいた。
その姿に安心して、涙を流す炭治郎。

起きたか

義勇も2人を見守っていたようだ。

狭霧山の麓に住んでいる鱗滝左近次(うろこだき さこんじ)という人物を訪ねろ
妹を太陽の下に連れ出すなよ

そう言い残し、去っていく義勇。

家族を埋葬し、残酷な絶望の中で光を探す兄妹

炭治郎と禰豆子は、自分達が住んでいた家へ戻った。
鬼に殺されてしまった家族を埋葬するために・・・

これが、現実・・・
見たくもない、現実・・・

でも、禰豆子は生きている。
鬼になっても、生きている。

行くぞ

そう言って禰豆子と手をつなぎ、禰豆子を人間に戻す旅へ出る炭治郎。

目の前には、雪が降り注ぐ冬の寒空が広がっていた・・・

まだ、何の力もない少年である炭治郎。
鬼となってしまった少女、禰豆子。

あまりにも、残酷すぎる。
あまりにも、辛い。
そして、大切な人を守りたいという、溢れんばかりの優しさを感じる。

そんな素敵な兄妹は、これからどんな道を生きるのか・・・

待っているのは、またしても絶望なのか。
それとも、希望なのか。
禰豆子は人間に戻るのか・・・

これは、誰よりも優しい鬼狩りの物語

第2話へと続く・・・

第2話のネタバレ・感想はコチラ

→【鬼滅の刃】漫画1巻2話のネタバレ・感想!モグラ禰豆子可愛い!命の優しさを感じる

【1話の感想】あまりにも残酷だけど優しい気持ちにもなれる

ここまで、鬼滅の刃1巻第1話のネタバレを、僕なりにお伝えしてきました。
最後に、僕の感想をお伝えします。

ここまで残酷で暗いシーンから始まる漫画って、他にあるでしょうか?

おそらく、あまりありませんよね。

家族を鬼に殺されてしまい、唯一生き残った妹は鬼になってしまった・・・

もう本当に、絶望に続く絶望ですよね

一体どれだけ、主人公の炭治郎が苦しまなくちゃいけないんだ・・・
何でこんなにも現実は悲しいのか・・・

僕は、この1話を読んで、素直にそう感じます。

でも、その一方で、溢れんばかりの命への感謝と、家族愛を感じて。
それがとても感動して、泣いていました。

ここまで感情移入できる主人公、他にいないぞ、と。

特に、最初の家族で炭焼き一家を切り盛りするシーンとか、みんな一生懸命に大自然の中で生きていてですね・・・

なんだか、古き良き日本を思い出させてくれると言うか、どことなく懐かしい優しさを感じるんですよね。

そして、極度の飢餓状態にもかかわらず、決してお兄ちゃんを食べないで守ろうした、禰豆子にも感動しました。

絶望の中にも、命への感謝、大切な人への想い。
今、会社で辛い事を経験している人が多いこの日本だからこそ、こういったありのままの命に感謝できる素敵な心を、思い出させてくれる。

それが、鬼滅の刃の魅力だと思います。

そういった僕の想いを、動画でもお届けします!

・・・という事で、ここまで読んでくれてありがとうございます!

また、お逢いしましょう!

タガメ王国の防人リョウより

第2話のネタバレ・感想はコチラ

→【鬼滅の刃】漫画1巻2話のネタバレ・感想!モグラ禰豆子可愛い!命の優しさを感じる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする