漫画・鬼滅の刃20巻177話のネタバレ感想!縁壱は子供の時から才能に溢れてた!?

縁壱の才能は、子供の時からトンデモナイぞ。

 

どうも、タガメ王国のヘタレ防人リョウです!

 

・黒死牟が変貌した姿がおぞましい!
・無一郎の赫刀が無かったら勝てなかったわ!
・黒死牟は縁壱になりたかったんだね。

 

あなたは今、このように感じていませんか?

 

スポンサーリンク

 

そこでこの記事では、漫画・鬼滅の刃177話「弟」のネタバレと感想をお伝えしています。

 

あなたがちょっとでも、鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです(#^^#)

 

前回:第176話のネタバレ・感想はコチラ

→漫画・鬼滅の刃20巻176話のネタバレ感想!黒死牟が変貌して復活!?

 

各登場人物の誕生花に隠れた涙腺崩壊エピソードはコチラ

→【鬼滅の刃】登場人物の誕生日&誕生花一覧!花言葉の意味に隠された裏設定とは?

 

 

鬼滅の刃20巻・177話「弟」のあらすじ

第177話の内容をザックリまとめると、次の通りです。

 

・縁壱は父に殺されるハズだったの!?
・縁壱は子供の頃からトンデモナイ才能を持っていた!
・巌勝は縁壱を心の底から嫌っていたんだね。

 

巌勝(後の黒死牟)と縁壱は双子として生まれたんだけど、その時代に双子が生まれるのは不吉と言われてたんだね。

 

縁壱には生まれつき不気味な痣があったから、お父さんが殺そうとしてた。
でも、お母さんが怒り狂って止めてくれたんだね。

 

巌勝と縁壱は、部屋も着物も食べ物さえも大きく差をつけて育てられた。
縁壱は貧しい生活だったんだね。

 

ある時、巌勝が剣の稽古をしてると、そこに縁壱もやって来た・・・

 

すると、大人を一瞬でフルボッコにしてしまった。
トンデモナイ才能があったんだね。

 

巌勝がどうやっても一本取れなかった相手に、一瞬で勝った・・・

 

縁壱には、生物の体が透けて見えたんだってさ。
しかも、身体能力も高い。

 

巌勝は今まで縁壱を哀れんでいたんだけど、自分より遥かに優れていた。

 

そんなこんなで、ある時にはお母さんが死んでしまった。

 

そして、縁壱は寺へと出家する・・・

 

巌勝はそんな縁壱という天才が憎くて憎くてしょうがなかったんだね。

 

縁壱は父に殺されるハズだったの!?

巌勝(後の黒死牟)と縁壱は、双子の兄弟として生まれたんだけど・・・

 

2人が生まれた時代は、跡目争いの原因になるから双子は不吉だって言われてたんだね。

 

また、縁壱には生まれつき不気味な痣があったから、弟さんが殺そうとしたんだってさ・・・

 

でも、お母さんが怒り狂ってそれを止めて、殺されないようにした。
縁壱は10歳になったら、寺へ出家するというのが決まった。

 

巌勝と縁壱は、生活レベルに大きな差があってね・・・・

 

部屋も着物も教育も食べる者も、大きく差がつけられた。
巌勝は裕福な環境で育てられて、縁壱は貧しい環境で育てられた。

 

継国巌勝

そのせいか、縁壱は母親離れができなかった
見るたび母の「左脇」にぴたりとくっついていた

 

そんな縁壱を、子供ながらに可哀想だと思った

 

【出典:漫画・鬼滅の刃20巻177話より】

 

巌勝はお父さんにバレないように、縁壱がいる三畳の小さな部屋へ遊びに行った。
そこで笛を作って渡してあげたんだけど・・・

 

縁壱は赤ちゃんの時から笑う事がなくて、7歳になるまで喋らなかったんだってさ。
だから、耳が聞こえないと思われていた。

 

縁壱は子供の頃からトンデモナイ才能を持っていた!

でも、縁壱が7歳になった時、巌勝はトンデモナイ衝撃を受ける・・・!!!

 

巌勝が庭で素振りしてると、縁壱は木の影に立って見つめていた。

 

継国縁壱

兄上の夢は、この国で一番強い侍になることですか?

【出典:漫画・鬼滅の刃20巻177話より】

 

流暢に話す縁壱にビックリして、巌勝は木剣を落とした・・・

 

また、自分も侍になるのだと言い始めた。
でも、縁壱は10歳になったら寺へ出家するんだから、侍じゃなくて僧侶になる運命なんだよね。

 

継国巌勝

わかっているのか、いないのか
縁壱は、これもまた初めて顔を綻ばせて笑った
気味が悪かった

 

【出典:漫画・鬼滅の刃20巻177話より】

 

お母さんを見ればすぐしがみつく縁壱には、命懸けで戦う侍にはなれない。

 

でも、縁壱が稽古中に教えてほしいってやって来るようになった・・・

 

すると、巌勝に剣技を教えてたお父さんの輩下が、竹刀を持たせてあげた。
持ち方と構え方を軽く伝えて、打ち込んでこいと伝えると・・・

 

「パガガッ」

 

「ガッ」

 

「ドッ」

 

・・・何だ、この動きは!!!
初めて剣を持ったのに、大人を圧倒する剣技を披露してるじゃんか!!!

 

縁壱はもう、子供の時から才能に溢れてたんだね。

 

巌勝がどれだけ打ち込んでも一本取れなかった相手は、瞬きする間に4発叩き込まれて失神した・・・

 

相手が打たれた首・胸・腹・足は、骨に異常が無かったけど拳大に腫れ上がったんだってさ。

 

継国巌勝

縁壱はその後、侍になりたいとは言わなくなった
縁壱にとって人を打ちつける感触は、耐え難く不快なものだったからだ

 

【出典:漫画・鬼滅の刃20巻177話より】

 

そうは言っても、巌勝は何としてでも縁壱の強さの秘密が知りたかった。

 

いざ聞いてみると、縁壱は不可解な事を言い出したみたいだわ・・・

 

スポンサーリンク

 

継国縁壱

打ち込んでくる前に、肺が大きく動く
骨の向きや筋肉の収縮、血の流れを良く見ればいい

 

【出典:漫画・鬼滅の刃20巻177話より】

 

縁壱には、生物の体が透けて見えたんだってさ・・・

 

え!?
つまり、縁壱は子供の時から「透き通る世界」を発動してたって事だよね!!!

 

トンデモナイ才能を持って生まれたもんだわ。

 

巌勝は、縁壱が伝えた事の意味が分からない。
うん、分からなくて当然だよね(;^_^A

 

でも、理解するまでかなり時間が掛かったんだってさ。
理解できるだけでも凄いのにね。

 

縁壱は生まれつきの痣と同じ、生まれつきに特別な視覚と身体能力を持っていた。
巌勝は今まで、縁壱を哀れんでいたんだけど、実は自分より遥かに優れていたんだね。

 

継国縁壱

剣の話をするよりも俺は、鬼上と双六や凧揚げがしたいです

 

【出典:漫画・鬼滅の刃20巻177話より】

 

それでも、巌勝は剣の道を極める為に努力し続けた・・・

 

手が血だらけになるまで木刀を握って、痛み苦しみながらも才覚を認められていった。
巌勝は、努力した分だけ強くなった。

 

でも、縁壱と比べると、それは亀が歩くのと一緒だった・・・

 

縁壱が剣の話をする時は、酷くつまらなそうだたんだってさ。
トンデモナイ才能があるのに、全く嬉しくなかったとはね。

 

縁壱にとって剣の道は、双六や凧揚げなどの遊び以下だった・・・

 

巌勝は縁壱を心の底から嫌っていたんだね。

部屋で寝る前に、巌勝は悩んでいた。

 

もう、立場が完全に逆転してしまった。
縁壱に物凄い才能があると分かったら、生活レベルが逆転してしまう。

 

つまり、3年後に10歳になった時、寺へ行くのは巌勝になってしまう。
侍になる夢が終わってしまう。

 

そう考えていた時、縁壱がやって来てお母さんが死んでしまった事を伝える・・・

 

縁壱は、このまま寺へ旅立つと伝える・・・

 

継国縁壱

この笛を

 

継国巌勝

笛?

 

継国縁壱

いただいたこの笛を兄上だと思い、どれだけ離れても挫けず日々精進します

 

【出典:漫画・鬼滅の刃20巻177話より】

 

なんて純粋で、なんて愛情たっぷりな笑顔なんだろう。
縁壱の笑顔は、素朴で美しいね。

 

外れた音しか鳴らない笛なんだけど、縁壱は宝物のように布にくるんで懐にしまった。

 

その時、縁壱は笑っていた。
巌勝からすれば、そんなガラクタの何が嬉しいのか分からない。
気味が悪い。

 

巌勝は何も言わないまま、縁壱は深々と頭を下げてほとんど荷物も持たずに歩いて行った・・・

 

その後、巌勝は亡くなったお母さんの日記を読んでいた。

 

日記によると、縁壱は自分が後継ぎになると気づいて、予定よりも早く家を出たらしい。
お母さんの病気も死期も、縁壱には分かっていた。

 

お母さんは何年も前から左半身が不自由になりつつあって、苦しんでいた・・・

 

継国巌勝

左半身
左・・・

 

縁壱は母にしがみついていたのではなく、病で弱っていた母を支えていたのだった

 

【出典:漫画・鬼滅の刃20巻177話より】

 

「ぐしゃ」

 

・・・巌勝は、お母さんの日記を握り潰した。
怒りのあまり鼻血が出て、日記に血が落ちている。

 

継国巌勝

私はその時、嫉妬で全身が灼けつく音を聞いた
縁壱という天才を、心の底から憎悪した

 

【出典:漫画・鬼滅の刃20巻177話より】

 

そして、巌勝は劣等感を感じまくってたんだね・・・

 

分かるなー、この気持ち。
子供の時にこんなにも才能を見せつけられたらね、そりゃ嫉妬するでしょ(;^_^A

 

この時から、巌勝は縁壱の事をずっと意識してたんだね。

 

まだまだ過去が明かされそうだけど、どこかのタイミングで巌勝が報われてほしいわ。

 

・・・という事で、第178話もお楽しみに!

 

第178話のネタバレ・感想はコチラ

→漫画・鬼滅の刃20巻178話のネタバレ感想!黒死牟の最期が儚くて泣けるわ。

 

【ヘタレ男の感想】巌勝の葛藤にめちゃくちゃ共感するわ。

巌勝(後の黒死牟)は、子供の時から劣等感ばかり感じてたんだよね。

 

そりゃね、縁壱が何もかもを先に行ってるんだもんね・・・

 

お母さんが病気で苦しんでいる事も知っていて、剣技もズバ抜けていて。
子供なのに「透き通る世界」で生物の体が透けて見えていてさ。

 

こんなトンデモナイ才能と一緒にいると、気にかけてもらう事さえできなくなるよね。

 

巌勝が血だらけで木刀を握って修業しても、縁壱の才能には一歩も及ばない。
縁壱は剣技に興味が無くて、双六や凧揚げとかお遊びに興味がある・・・

 

悲しいのを通り越して、虚しいくらいの差ができてしまった。

 

この巌勝の気持ちって、痛いくらいに分かるんだよね。

 

僕も中学でバスケ部に入って、プロチームの練習生になった先輩に圧倒的な才能を感じてしまって・・・

 

「うわー、もう何をやってもバスケ上手くなれないな」って感じたんだよね。

 

中学生なのに185cmあって、50m走が5秒9なんだよ??
そんな人と一緒だったからね、毎日の練習で才能の差を感じるしかなかった。

 

その時から、思ったわ。

 

「どんな事も圧倒的な才能があるから成功するんだ」って。

 

30歳を過ぎた今も、そう感じる時があるんだけど。
でも、今はこのブログがあるから頑張ってみようって思える。

 

上手な文章を書けるわけでもないけど、今こうしてあなたに読んでもらえる事が嬉しくてね。
来てくれて、本当にありがとうございます。

 

僕が好きな事を広めて生きたい・・・

 

その信念で始めたブログだから、死ぬまで続けようって気持ちになるんだよね。

 

他のブログやサイトは、縁壱みたいに圧倒的存在に感じる時もあるけどね。
それでも、僕は僕で続けようって決めたからね。

 

今後も、ブログを楽しんでくれたら嬉しいです。

 

・・・という事で、第178話も楽しんでいきましょう!!

 

第178話のネタバレ・感想はコチラ

→漫画・鬼滅の刃20巻178話のネタバレ感想!黒死牟の最期が儚くて泣けるわ。

 

あなたがちょっとでも、鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです!!

 

それでは、ここまで読んでくれてありがとうございます!

 

また、お逢いしましょう!

 

タガメ王国のヘタレ防人リョウより

 

登場人物の誕生花に隠れた涙腺崩壊エピソードはコチラ

→【鬼滅の刃】登場人物の誕生日&誕生花一覧!花言葉の意味に隠された裏設定とは?

 

スポンサーリンク



読むと何だか優しい気持ちになる。 鬼滅の刃の全てはコチラにあります!
筋トレ初心者でも自宅でブロリーになる秘密の筋トレ5選はコチラ!