漫画・鬼滅の刃20巻178話のネタバレ感想!黒死牟の最期が儚くて泣けるわ。

黒死牟(巌勝)よ、天国で縁壱と逢えるといいね。

どうも、タガメ王国のヘタレ防人リョウです!

・縁壱は父に殺されるハズだったの!?
・縁壱は子供の頃からトンデモナイ才能を持っていたのか!
・巌勝は縁壱に嫉妬して苦しかったんだね。

あなたは今、このように感じていませんか?

スポンサーリンク

そこでこの記事では、漫画・鬼滅の刃178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」のネタバレと感想をお伝えしています。

あなたがちょっとでも、鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです(#^^#)

前回:第177話のネタバレ・感想はコチラ

→漫画・鬼滅の刃20巻177話のネタバレ感想!縁壱は子供の時から才能に溢れてた!?

各登場人物の誕生花に隠れた涙腺崩壊エピソードはコチラ

→【鬼滅の刃】登場人物の誕生日&誕生花一覧!花言葉の意味に隠された裏設定とは?

鬼滅の刃20巻・178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」のあらすじ

第178話の内容をザックリまとめると、次の通りです。

・巌勝は家庭を持って平穏に暮らしていたんだね。
・縁壱と再会した巌勝は家族を捨てて鬼狩りになった。
・黒死牟(巌勝)の最期に泣けてくるわ。

巌勝と縁壱が分かれた後、巌勝は10年くらい平穏な生活を送っていた・・・

妻と子供に恵まれて、家庭を持った。
のどかだけど、どこか退屈してた。

そんな時、野営してた所を鬼に襲われて、縁壱に助けてもらった。
縁壱は、トンデモナク強くなっていた・・・

縁壱のように強くなりたい。
巌勝は家族を捨てて、鬼狩りになった。

鬼狩りとして生きていると、巌勝にも痣が発現した。
他の鬼狩りも痣が発現した人達がいた。

でも、痣を発現した人は次々と死んでしまう。
痣は寿命の前借りだから・・・

巌勝も痣を発現させてるから時間が無い。
そんな時に、無惨と出逢って鬼(黒死牟)となる。

その後にヨボヨボおじいちゃんになった縁壱に追いつめられるんだけど、縁壱は老衰で死んだ・・・

立ち尽くす縁壱を黒死牟が一閃すると、懐には自分があげた笛が大切にしまってあったんだね・・・

全てを捨てて強くなろうとした黒死牟は、何の為に生まれて来たのかを縁壱に聞いてるわ。

黒死牟もまた、笛を大切に持ってたんだね・・・

巌勝は家庭を持って平穏に暮らしていたんだね。

巌勝は、ずっと縁壱を恨んでいた・・・

継国巌勝

頼むから死んでくれ
お前のような者は、生まれてさえ来ないでくれ
お前が存在していると、この世の理が狂うのだ

【出典:漫画・鬼滅の刃20巻178話より】

そこまで恨んだ縁壱は、寺には行ってなかった・・・
お父さんが縁壱を連れ戻そうと使いを送ったんだけど、手にはいなかったんだってさ。

そうして、消息を絶ってしまった。

思わぬ形で、巌勝の願いは叶った。
縁壱がいなくなったからね。

それから10年くらい経って、巌勝は妻と子供に恵まれて家庭を持った。
のどかな暮らしだけど、どこか退屈してる・・・

でも、野営していた時に鬼に襲われてしまった・・・
一緒に居た仲間は全滅で、巌勝しかいない。

すると、そこに縁壱がやって来て助けてくれた・・・!!!

子供の時とは比べ物にならないくらい、剣技が究められている!
鬼をいとも簡単に倒してしまった。

継国巌勝

縁壱を見た瞬間、私の平穏が破壊された
私は再び、妬みと憎しみで胃の腑を灼いた

【出典:漫画・鬼滅の刃20巻178話より】

しかも、縁壱が何を言うのかと思えば、謝っているじゃんか・・・

到着が遅れて巌勝の配下が死んだ事を、謝ってるんだね。
縁壱は強くて完璧な人格者にまで成長していたわ。

縁壱と再会した巌勝は家族を捨てて鬼狩りになった。

その時、巌勝には強烈に感じるモノがあった。

継国巌勝

私は、その強さと剣技をどうしても
我が力としたかった
家も妻も子も捨て、縁壱と同じ鬼狩りとなる道を選んだ

【出典:漫画・鬼滅の刃20巻178話より】

巌勝は、全てを強くなる事へ捧げたんだね。
それくらい、縁壱に嫉妬してたとも考えられるね。

縁壱値は、どんな人にも剣技や呼吸を教えてた。
でも、誰も縁壱と同じようにできない。

だから縁壱は、みんなが得意な事をできるように合わせて呼吸法を変えて教えていたんだね。

そうしていくと、日の呼吸から派生した呼吸が次々と出来上がった・・・

痣が発現する人も増えて、鬼狩りの戦力は高まる。

巌勝にも、痣が発現した。
それは、縁壱とそっくりの形だわ。

継国巌勝

けれども結局、私は日の呼吸が使えることはなく
使えたのは後に月の呼吸と名付けた、ただの派生

【出典:漫画・鬼滅の刃20巻178話より】

巌勝がどれだけ努力しても、縁壱には届かない。
悔しいと思っていたその時、信じられない事が起こる・・・

痣を発現した人達が、次々と死んでしまった。

継国巌勝

痣は寿命の前借りに過ぎず、全盛期はすぐに終わる
私には未来が無い
鍛錬を重ねる時間も、残されていない

【出典:漫画・鬼滅の刃20巻178話より】

だったらもう、どうすればいいのか??
縁壱みたいになりたいという願いは、ココで終わってしまうのか??

そんな時、アイツと出逢ってしまったんだね・・・

スポンサーリンク

鬼舞辻無惨

ならば、鬼になれば良いではないか
鬼となれば無限の刻を生きられる

お前は技を極めたい
私は呼吸とやらを使える剣士を鬼にしてみたい
どうだ?
お前は選ぶことができるのだ、他の剣士とは違う

【出典:漫画・鬼滅の刃20巻178話より】

・・・そうして巌勝は、鬼(黒死牟)になる事を選んだんだね。

黒死牟(巌勝)の最期に泣けてくるわ。

そう、これで全てから解放されるハズだった。

でも、縁壱はヨボヨボおじいちゃん(80歳くらい)になってからも、目の前に現れた。

・・・ありえない。
痣を発現してるのに、80歳くらいまで生きるなんて。

しかも、圧倒的な剣技まで披露して、老衰で死んでしまうなんて。

黒死牟

誰も・・・あの方でも
お前に勝つことはできなかった
誰一人として、縁壱に傷をつけることすら叶わなかった

何故だ?
何故いつも、お前は私に惨めな思いをさせるのだ?

【出典:漫画・鬼滅の刃20巻178話より】

「ズバッ」

怒り狂う黒死牟は、老衰で死んだ縁壱の体を斬り刻んでしまった・・・

すると、縁壱の懐から出てきたのは、「布と笛」だった。
斬撃で一緒に斬られてしまってるわ。

継国縁壱

いただいたこの笛を、兄上だと思い

【出典:漫画・鬼滅の刃20巻178話より】

黒死牟は、涙を流しながら子供の時の優しい弟を思い出す・・・

どこか懐かしさも感じて泣いてるんだろうね。

もう、やめてほしい。
自分は縁壱が嫌いだ。

縁壱の顔を見ただけで吐き気がする。
声を聞くだけで腹が立つ。

それなのに、何百年も生きていて、縁壱の顔だけ鮮明に覚えている。
お父さんもお母さんも、妻や子供の顔も思い出せないのに、縁壱だけ覚えてる。

黒死牟

唯一無二の太陽のように
お前の周囲にいる人間は皆、お前に焦がれて手を伸ばし
もがき苦しむ以外、道はない
消し炭になるまで

ああ・・・
何も
何も手に入れることができなかった

【出典:漫画・鬼滅の刃20巻178話より】

・・・そうなんだよね。

黒死牟は、家を捨てて妻と子供も捨てて、人間である事も捨てて鬼にまでなったのに。

子孫である無一郎を殺して、侍である事さえ捨てたのに。

黒死牟

ここまでしても、駄目なのか?

道を極めた者が行きつく場所は同じだと、お前は言った
しかし私は辿りつけなかった
お前と同じ世界を見ることができなかった

日の呼吸の型を知る剣士も
お前の死後、あの方と私で徹底して殺し尽くした
それなのに何故、お前の呼吸は残っている

何故私は、何も残せない
何故私は、何者にもなれない
何故、私とお前はこれ程違う

私は一体、何の為に生まれて来たのだ
教えてくれ、縁壱

【出典:漫画・鬼滅の刃20巻178話より】

そうして、黒死牟の体は崩れ去った・・・

その場所には、「布に覆われた笛」が残っている。
縁壱と一緒で、巌勝も大切に持ってたんだね。

いやー・・・
なんだか黒死牟(巌勝)と縁壱の関係を知ると、巌勝の気持ちも凄く分かるんだよね。

もし、ちょっとでも、縁壱と共感できる部分があったのなら。
鬼になる事も無かっただろうし、家族を大切に生き抜いたりもしてたんじゃないかな。

黒死牟(巌勝)よ、天国で縁壱と出逢えるといいね。

・・・という事で、第179話もお楽しみに!

第179話のネタバレ・感想はコチラ

→漫画・鬼滅の刃21巻179話のネタバレ感想!無一郎と玄弥よ感動をアリガトウ。

【ヘタレ男の感想】黒死牟を責める事はできないわ。

黒死牟は、たくさんの人間を殺し続けてきただろうし。
鬼殺隊員もたくさん殺してきたんだよね。

そこだけ考えると、許せない存在ってなるんだけど・・・

でも、黒死牟(巌勝)と縁壱の関係を知ると、「寂しかったんだね」って感じるよね。

縁壱という圧倒的才能の塊と一緒に育って・・・
大人になってもそれに圧倒されて・・・
家族を捨てて鬼狩りになっても圧倒されて・・・
人間を捨てて鬼になっても圧倒されて・・・

巌勝は、縁壱になりたい。
縁壱みたいになって、認めてもらいたいって思ってたんじゃないかな。

でも、縁壱は目の前で老衰で死んでしまって。
心に穴がポッカリ空いてしまった。

無惨でさえも、巌勝の心の穴は埋められない。
埋められたのは、縁壱との思い出だけなんだよね。

だから、黒死牟(巌勝)は鬼になってもずっと寂しかったんだね。

その寂しさは、悲鳴嶼・実弥・無一郎・玄弥が黒死牟を殺す事で、解放された・・・

そう、縁壱の最期にも黒死牟(巌勝)の最期にも、「大切に持っていた笛」があったからね。

・・・何だろう??
この、じんわりと優しく感じるのは・・・

黒死牟の最期は「やった!遂に化物を倒したぜ!」って感じじゃないんだよね。

「今までずっと寂しかったんだね。大切な笛を天国にいる縁壱に見せてあげてね。」っていう感じが物凄く伝わってきて、温かいわ。

今まで本当にお疲れ様、黒死牟(巌勝)。
天国で縁壱と出逢って一緒に生きてくれ。

悲鳴嶼も実弥も無一郎も玄弥も、お疲れ様。
無一郎と玄弥が死んでしまったのは残念だわ。

2人の分まで頼んだぞ、悲鳴嶼と実弥!

・・・という事で、第179話も楽しんでいきましょう!!

第179話のネタバレ・感想はコチラ

→漫画・鬼滅の刃21巻179話のネタバレ感想!無一郎と玄弥よ感動をアリガトウ。

あなたがちょっとでも、鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです!!

それでは、ここまで読んでくれてありがとうございます!

また、お逢いしましょう!

タガメ王国のヘタレ防人リョウより

登場人物の誕生花に隠れた涙腺崩壊エピソードはコチラ

→【鬼滅の刃】登場人物の誕生日&誕生花一覧!花言葉の意味に隠された裏設定とは?

スポンサーリンク



読むと何だか優しい気持ちになる。 鬼滅の刃の全てはコチラにあります!
筋トレ初心者でも自宅でブロリーになる秘密の筋トレ5選はコチラ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする