【漫画・鬼滅の刃】1巻3話のネタバレ・感想!炭治郎の姿に命の優しさを思い出す!

炭治郎は、鬼も1つの命だと想って優しいんだね。
そんな姿を見ていると、僕達も優しい心を思い出すよ。

どうも、タガメ王国のヘタレ防人リョウです!

・「禰豆子ちゃんが超可愛いけど強すぎた(笑)」
・「最後に登場した天狗仮面は一体誰??」
・「炭治郎は鬼に止めを刺せるの?」

あなたは今、このように感じていませんか?

スポンサーリンク

そこでこの記事では、漫画・鬼滅の刃3話「必ず戻る夜明けまでには」のネタバレと感想をお伝えしています。

あなたがちょっとでも、鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです(#^^#)

前回:第2話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】1巻2話のネタバレ・感想!モグラ禰豆子可愛いすぎて謎にバカ強いw

鬼滅の刃1巻・第3話「必ず戻る夜明けまでには」のあらすじ

第3話の内容をザックリまとめると、次の通りです。

・炭治郎は鬼をも優しく思いやる心を持っている!
・鬼に中々トドメを刺せない炭治郎に鱗滝が残酷な事を伝える
・鱗滝の異常に辛い修行に挑戦する炭治郎よ頑張れ!

突如登場した、謎の天狗仮面の正体は、鱗滝左近次だった・・・
この人が、冨岡義勇が紹介してくれた人だ!!

冨岡義勇は、炭治郎と禰豆子の事を紹介するように、鱗滝へ手紙を送っていました!

そうして炭治郎は、鬼に中々トドメをさせないでいる。
なるべく苦しまないように殺してあげようとしてるんですね・・・

人間も鬼も、1つの命があるのは変わらない。
炭治郎は、鬼に対しても優しい気持ちを持っています!!

でも、そういうしているうちに夜が明けて、太陽の光に鬼が焼き殺されてしまった。

ひとまず鬼を殺す事は無かったものの、鱗滝は炭治郎へ残酷な事を伝えるのでした・・・

そうして、鱗滝の元で修行する事になった炭治郎!!!

異常なまでに厳しすぎる修業に、耐える事ができるだろうか!?

炭治郎は鬼をも優しく思いやる心を持っている!

冨岡義勇は、鱗滝左近次へ、炭治郎達の事をお願いする手紙を送っていたのでした!

冨岡義勇

略啓

鱗滝左近次殿

鬼殺の剣士になりたいという少年を、そちらに向かわせました
丸腰に私に挑んでくる度胸があります

身内が鬼に惨殺され、生き残った妹は鬼変貌していますが
人間を襲わないと判断致しました

この二人には、何か他とは違うものを感じます
少年の方は、貴方と同じく鼻が利くようです

もしかしたら、「突破」して「受け継ぐ」ことができるかもしれません
どうか育てて頂きたい

手前勝手な頼みとは承知しておりますが、何卒御容赦を

ご自愛専一にて精励くださいますよう、お願い申し上げます

匆々

冨岡義勇

【出典:漫画・鬼滅の刃1巻3話より】

そうです!
この富岡の手紙を受け取ったのが、天狗仮面の男である、鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)でした!

・・・なんだか、カオスな名前に感じますよね(笑)

しかし、富岡が言っている「突破」して「受け継ぐ」って、何の事なんだろう?
炭治郎は、何かの試験でも受けるのかな??

とまぁ、肝心の炭治郎は、鬼を殺そうとしていますが葛藤しています!

炭治郎

頭骨を砕いて完全に潰すには、やっぱり何度か石を打ち付けないと・・・
苦しむだろうな
一撃で絶命させられるものはないのか・・・

【出典:漫画・鬼滅の刃1巻3話より】

炭治郎は、鬼にも優しい気持ちを持っているんですね。
鬼だろうと1つの命に変わりは無くて、等しく大切な命だと感じています。
なんて純粋で素敵な心なのでしょうか!

でも、そんな炭治郎を、鱗滝は厳しい目で見ていたのでした・・・
どうやら、炭治郎の「匂い」から、何かを感じ取っているようです。

鱗滝左近寺

ああ、この子は駄目だ
思いやりが強すぎて決断できない

鬼を前にしても、優しさの匂いが消えない

鬼にすら同情心を持っている

義勇、この子には無理だ

【出典:漫画・鬼滅の刃1巻3話より】

炭治郎が優しすぎるがゆえに、鬼殺の剣士としてはやっていけないと判断した鱗滝・・・
厳しいようですが、これが現実なのか。

・・・なんて、そうこうしているうちに、鬼が意識を取り戻してしまったじゃないか!

そして、夜が明けていった、次の瞬間!!

鬼は太陽の光に焼かれて、ボロボロと崩れ落ちてしまったではないか!
その姿は、跡形も無く消えている・・・

炭治郎は、そんな鬼を見て、衝撃を受けています。
禰豆子が太陽を嫌がる気持ちも、よく分かったようですね。

鬼に中々トドメを刺せない炭治郎に鱗滝が残酷な事を伝える

鱗滝は、鬼に殺された人達を埋葬している・・・

また、炭治郎へ残酷な現実を伝えるのでした。

鱗滝左近次

炭治郎
妹が人を喰った時、お前はどうする?

【出典:漫画・鬼滅の刃1巻3話より】

炭治郎は、すぐに答えられない。

そりゃ、そうだよね・・・
こんな事、すぐ答えられないよね・・・

と、次の瞬間!

「パアン」と、炭治郎をビンタする鱗滝・・・

鱗滝左近次

判断が遅い

お前はとにかく判断が遅い
朝になるまで、鬼にトドメを刺せなかった

今の質問に間髪入れず答えられなかったのは何故か?
お前の覚悟が甘いからだ

妹が人を喰った時、やることは二つ

妹を殺す

お前は腹を切って死ぬ

鬼になった妹を連れて行くというのは、そういうことだ

しかしこれは、絶対にあってはならないと肝に銘じておけ
罪なき人の命を、お前の妹が奪う
それだけは、絶対あってはならない

儂の言っていることがわかるか

【出典:漫画・鬼滅の刃1巻3話より】

スポンサーリンク

鱗滝さん・・・
炭治郎は、まだ少年なんだよ!?
あまりにも、残酷な事を言い過ぎじゃないかw

こんな風に言われたら、僕ならもっとカッチコチに固まってしまうわw

なんて感じましたが、炭治郎は違うのでした!!!

鱗滝の言う事を理解して、禰豆子を背負いながら、鱗滝の後をついて行くようです・・・

どうやら、炭治郎が鬼殺の剣士として相応しいかどうか、決めるようですよ!

鱗滝の異常に辛い修行に挑戦する炭治郎よ頑張れ!

必死に鱗滝の後をついて行く炭治郎・・・

いやー、鱗滝さんは、速い事、速い事!
何歳なのか分からないけど、もう意味分からん位に速い!
現実世界なら、陸上選手権に出れるんじゃないかな(笑)

炭治郎は、必死に食らいつきながら、禰豆子の事を想っているのでした!

禰豆子は、今まで辛抱ばかりだったようですね・・・

禰豆子は、破れた着物を直しまくっていて、新しい着物を買うくらいなら下の子達にもっとたくさん食べさせてほしいと考えていた、優しいお姉ちゃんでした!

・・・そういうしているうちに、鱗滝の家に着いた炭治郎。
これで認めてもらえると思っていましたが、なんとここまではウォーミングアップなのでしたw

どうやら、今から山を登るようです!

えー!?
ちょっと待ってよ鱗滝さん、炭治郎君はね、必死にあなたについて来てさ!
もう、まともに呼吸する事さえできてないんだよ?
少しは休憩しましょうよw

鱗滝さんは、かなり厳しい指導をする人なのかな・・・

そうして、山の頂上付近まで登ってきた、炭治郎と鱗滝。
辺りには濃い霧があり、視界が悪過ぎる・・・
しかも、空気が薄い。

鱗滝左近次

ここから、山の麓の家まで下りてくること
今度は、夜明けまで待たない

【出典:漫画・鬼滅の刃1巻3話より】

そう言って、鱗滝は消えてしまった。

でも、炭治郎は、ちょっと安心したようです!

炭治郎

それだけ?

あっ、そうか
この濃い霧で、俺が迷うと思ってるんだ

夜が明ける前に戻ればいいんだな
簡単!!
俺は鼻が利く
鱗滝さんの匂いは、もう覚えた

姿は見失っても、道は間違えない

【出典:漫画・鬼滅の刃1巻3話より】

と、安心した炭治郎が足を踏み出した、次の瞬間!!!
足が縄に引っかかり石がたくさん飛んでくるわ、 落とし穴に落っこちるわ・・・

山を下りる道中には、たくさんの罠がありましたw

これは、まずいぞ炭治郎!!
罠にかかっていたら、朝までに山を下りられないじゃないか!
しかも、別の意味でも、炭治郎は苦しいようです・・・

炭治郎

まずいまずいまずい!!
この調子で罠にかかっていたら、朝までに山を下れないぞ

それに、この山!!
この山は、空気が薄いんだ!!
俺が住んでいた山よりも、遥かに薄い!!

だからこんなに息が苦しくて、くらくらする
戻れるだろうか、失神するかも・・・
いや、戻るんだ!!

呼吸を整えて、罠の匂いを嗅ぎ分けろ

人の手で仕掛けられた罠は、やっぱり微かに匂いが違う!!
より、わかる!!
わかるぞ!!

だからって突然、それを全部回避できるほど
急に身体能力が高くなったりはしないけど!!

【出典:漫画・鬼滅の刃1巻3話より】

・・・って、えー!?
炭治郎君さ、匂いだけでそんな事まで分かるの??
犬や猫以上に、鼻が発達してるんだね!
もしかしたら、前世は動物なのかな(笑)

そうして、ボロボロになりながらも、何とか夜明けまでに鱗滝の家へ戻った炭治郎・・・
立っているのも難しい状態のようですね。

鱗滝左近次

・・・お前を認める
竈門炭治郎

【出典:漫画・鬼滅の刃1巻3話より】

これからも、厳しい修業が待っているのか?
炭治郎は、鬼殺の剣士として成長していけるのか?

1つ1つの命に優しい炭治郎は、どのように成長していくのか!
僕も、凄く楽しみです!!!

・・・という事で、第4話もお楽しみに!

第4話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】1巻4話のネタバレ・感想!鱗滝の修業が厳し過ぎで炭治郎が危ない!?

【ヘタレ男の感想】炭治郎の優しい心に命の大切さを思い出す!

ここまで、鬼滅の刃1巻:第3話のネタバレを、僕なりにお伝えしてきました。
最後に、僕の感想をお伝えします。

第3話を読んでみて感じたのは、

炭治郎を見ると、「1つの命の有難みと温かさ」思い出す・・・

という事です。

治郎は、鬼の首を斬り落とすのに、とてもとても葛藤していました・・・

・今、自分がやろうとしている事は、命を殺す事だ
・鬼だって、人間と同じ、「1つの命」なのに変わりはない
・だから、せめてもの救いで、楽に死なせてあげたい

そういった、「ありのままの命に対する炭治郎の優しさ」を、僕は強く感じたんです。

これって、僕達が生きる地球に対しても、同じ事が言えるんじゃないでしょうか??

僕達が暮らす地球には、僕達人間の他にも、実に色々な「命」が存在しますよね。

動物・魚・昆虫・植物、姿形は違えど、同じ命なのは一緒です。
それが何よりも素敵で尊い事で、温かい事ではないかと感じるんです。

例えばですね、僕達は色々な命を食べて生きていますよね?

魚だったり肉だったり野菜だったり、それぞれの命を食べて、僕達人間は生きる事ができます。
だから、食べる前に「いただきます」と手を合わせて、命に感謝する事ができる。

そういった1つ1つの命への感謝を、ちょっとでも多くの人が思い出してほしい・・・

それがまさに、この鬼滅の刃に隠された、1つのメッセージでもあります。

人間だって鬼だって、1つの命。

人間だって魚だって植物だって、1つの命。

それぞれが尊い命で尊重するべき大切な存在で、だからこそ感謝の気持ちは忘れてはいけない。

それは、同じ地球に生きる命として、お互いを尊重していけば、ちょっと優しい気持ちを思い出したり・・・

そういった事を、炭治郎が鬼を想う優しさから、僕は強く感じました。

素敵なあなたへの僕の想いを、動画でもお届けします。

あらゆる命に感謝する少年・竈門炭治郎は、この先、どんな人生を送るのか・・・

僕も凄く楽しみですし、きっとたくさんの感動が待っていると思います。

そして、あなたと一緒に鬼滅の刃を楽しめたら、凄く嬉しいです!

・・・という事で、第4話も、楽しんでいきましょう!!

第4話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】1巻4話のネタバレ・感想!鱗滝の修業が厳し過ぎで炭治郎が危ない!?

あなたがちょっとでも、鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです!!

それでは、ここまで読んでくれてありがとうございます!

また、お逢いしましょう!

タガメ王国のヘタレ防人リョウより

スポンサーリンク



読むと何だか優しい気持ちになる。 鬼滅の刃の全てはコチラにあります!
筋トレ初心者でも自宅でブロリーになる秘密の筋トレ5選はコチラ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする