漫画・鬼滅の刃15巻126話のネタバレ・感想!禰豆子が太陽に焼かれ死亡!?

マジかよ!!!
禰豆子が、こんな事になるなんて・・・

どうも、タガメ王国のヘタレ防人リョウです!

・半天狗が超速くてオリンピックに出られるわ(笑)
・デカ天狗がこれまた強くて面倒だわw
・遂に炭治郎が半天狗の頸を一閃して勝負あり!?

あなたは今、このように感じていませんか?

スポンサーリンク

そこでこの記事では、漫画・鬼滅の刃126話「彼は誰時・朝ぼらけ」のネタバレと感想をお伝えしています。

あなたがちょっとでも、鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです(#^^#)

前回:第125話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】15巻125話のネタバレ・感想!デカ天狗を倒して勝負あり!?

各登場人物の誕生花に隠れた涙腺崩壊エピソードはコチラ

→【鬼滅の刃】登場人物の誕生日&誕生花一覧!花言葉の意味に隠された裏設定とは?

鬼滅の刃15巻・第126話「彼は誰時・朝ぼらけ」のあらすじ

第126話の内容をザックリまとめると、次の通りです。

・デカ天狗の頸を一閃しても生きてるぞ!
・禰豆子が太陽の光に焼かれて死亡!?
・炭治郎が半天狗をたしたけど禰豆子が!!!

デカ天狗の頸を一閃した炭治郎だけど、もうすぐ太陽が昇る・・・

って事は、禰豆子が危ない!!

炭治郎は、急いで隠れるように伝えるけど、禰豆子も何かを伝えてるぞ!

なんと、デカ天狗は頸なし状態でも生きてるじゃんか!
今まさに、刀鍛冶を襲おうとしてるぞ。

どうやら、デカ天狗は本体じゃなかったんだね。

だけど、炭治郎は禰豆子に覆い被さる!

でも、人間も助けたい!!

でも、今動いたら禰豆子が焼けてしまう!

でも、今動けるのは自分しかいない!

・・・すると、禰豆子が炭治郎を蹴り飛ばして、太陽の光に焼かれてしまう。
自分より、人間を守ってほしいという禰豆子の優しさだね。

そうして、炭治郎は涙を流して、半天狗の頸を一閃する。

半天狗を倒した・・・

でも、大切な禰豆子は・・・

これは、ヤバイぞ。

禰豆子がこんな事になるなんて・・・

デカ天狗の頸を一閃しても生きてるぞ!

デカ天狗の頸を一閃した炭治郎だけど、もう太陽が昇ってしまう。

という事は、禰豆子が焼けてしまうから危ない!!!

でも、禰豆子も炭治郎に何かを伝えようとしている。

炭治郎

禰豆子!!
逃げろ・・・!!
日陰になる所へ

禰豆子

ううっ!!
ううう

炭治郎

!?

【出典:漫画・鬼滅の刃15巻126話より】

・・・え!?
何でだよ!!!

何で、頸を一閃されたデカ天狗が動いてるんだ!?

頸を斬られたのに死んでないって事は・・・

そこで、炭治郎はデカ天狗の顔を見る!

炭治郎

(舌に“恨み”!?)
(本体は“怯え”だったはず・・・)

(舌の文字が違う!!)

【出典:漫画・鬼滅の刃15巻126話より】

つまり、デカ天狗は本体じゃなかったって事なのね(;^_^A
じゃあ、半天狗はどこへ行ったんだ!?

しかも、鍛冶屋を助けなきゃ喰われてしまう!!

禰豆子が太陽の光に焼かれて死亡!?

そんな時、太陽が昇る・・・

「カッ」

すると、禰豆子が!!!

「ジュッ」

禰豆子

ギャッ

【出典:漫画・鬼滅の刃15巻126話より】

「ジュウゥ」

このままだと、禰豆子が太陽の光に焼かれてしまう!!!

炭治郎

禰豆子!!
縮めろ!!
体を小さくするんだ!!
縮め!!

禰豆子

ううっ・・・

炭治郎

(まだ陽が昇りきってなくても、これほど・・・!!)

【出典:漫画・鬼滅の刃15巻126話より】

炭治郎が禰豆子に覆い被さって、太陽から守る!

だけど・・・

頸なしのデカ天狗は、鍛冶屋を喰おうと近づいている。

誰か、デカ天狗を倒してくれよ・・・

玄弥が崖から降りようとしてるけど、間に合いそうにない。
無一郎も、間に合いそうにない。

禰豆子を抱えた状態で移動したら、その前にデカ天狗が人間を喰ってしまう。

炭治郎は、決断できないんだね。

そりゃ、そうだよね。
ここで禰豆子を離したら、焼け死んじゃうもんね。

でも、禰豆子があり得ない行動に出たぞ・・・

「ドカッ」

なんと、炭治郎をデカ天狗の方向へ蹴っ飛ばした!!!

「ジュウウゥ」

そして、太陽の光に焼かれながら、炭治郎に優しい笑顔を見せる。

そうか、禰豆子・・・
自分の命よりも、人間の命を守って欲しいんだね。

お前は、どんだけ優しいんだよ。
やめてくれよ、死なないでくれよ。

そして、炭治郎は涙を流して、頸なしデカ天狗を追う・・・

スポンサーリンク

炭治郎が半天狗をたしたけど禰豆子が!!!

炭治郎は匂いで、半天狗の本体がどこにいるのか見極めてるぞ・・・

どうやら、デカ天狗の体の中!
心臓の中に、半天狗が隠れてるみたいだね。

炭治郎

見つけた、心臓の中
今度こそお終いだ、卑怯者
悪鬼!!

【出典:漫画・鬼滅の刃15巻126話より】

炭治郎、ここでまた成長したんだね。
匂いで鬼の体の中まで見えるとか、凄いじゃんか!

炭治郎

命をもって、罪を償え!!!

【出典:漫画・鬼滅の刃15巻126話より】

そんな時、半天狗は走馬灯を見ている・・・

どうやら、人間時代の半天狗もまた、卑怯な奴だったんだね(;^_^A

人の物を盗むわ、人を殺してはこの手が悪いんだと言い訳するわ・・・

そんなこんなで、打ち首になりそうな所を無惨に助けてもらって、鬼なったんだね。

・・・もうね、鬼なる前から極悪人じゃんかw

そして遂に、炭治郎が半天狗の頸を一閃する!!!
今度は、文句なし!
本体だから、決着が着いたぞ!

「バラ・・・」

半天狗の体が崩れていく。
やっぱり、これで勝負ありだわ!

でも、禰豆子が・・・

炭治郎

勝った・・・
禰豆子を犠牲にして・・・

日の光に焼かれて、禰豆子は骨も残らない・・・

【出典:漫画・鬼滅の刃15巻126話より】

・・・そうだよね。
禰豆子は人間を助ける為に、炭治郎を蹴っ飛ばしたんだもんね。

炭治郎は、ただただ悲しく泣いている・・・

でも、助けられた鍛冶屋が何か言ってるぞ・・・

鍛冶屋

竈門殿
か、竈門殿
竈門殿

炭治郎

鍛冶屋

竈門殿・・・

【出典:漫画・鬼滅の刃15巻126話より】

なんとなんとなんと・・・

炭治郎振り向くと、そこには禰豆子がいた!!!

え!?
何で!?
禰豆子は鬼だから、太陽の光で焼けてしまうんじゃ・・・

しかも・・・

禰豆子

お、お、おはよう

【出典:漫画・鬼滅の刃15巻126話より】

何!?
禰豆子が言葉を話してるぞ!!!

何がどうなってるんだ??
もう、めちゃくちゃ涙腺崩壊シーンじゃんか。

つまり、禰豆子は鬼から人間へ戻ったって事なの??

何で、太陽の光を克服してるの??

でも、珠世の薬はまだ完成してないだろうし、禰豆子が何かした訳でもなさそうなんだよね。

うーん、超嬉しいけど、超謎だらけだわ(笑)

もう、とても温かい気持ちになったわ。
ありがとう、禰豆子。

・・・という事で、第127話もお楽しみに!

第127話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】15巻127話のネタバレ!禰豆子が人間に戻り感動の嵐!?

【ヘタレ男の感想】禰豆子が太陽を克服して涙腺崩壊じゃ!

ここまで、鬼滅の刃15巻:第126話のネタバレを、僕なりにお伝えしてきました。

最後に、僕の感想をお伝えします。

第126話を読んでみて感じたのは、

禰豆子が太陽を克服して、もう感動の嵐だわ。

という事です。

炭治郎に人間を守ってもらう為に、禰豆子が自らの命を犠牲にしたと思ったんだけど・・・

禰豆子、普通に元気じゃんか!!!
どうしたんだよ、一体!!!

えーと、禰豆子は鬼になってる状態だから、太陽に焼かれちゃうんじゃないのかな?

・・・うん、そうだよね。
だって、ついさっきまで焼かれて、炭治郎が焦ってたもんね(;^_^A

でも、気がつくと太陽を克服した禰豆子がいる・・・

禰豆子は、何か特別な事をしたのかな?
他の鬼には無い、特殊能力があるのかな?

珠世の薬は完成してないと思うし、そもそも薬すらも飲んでないよね。

・・・という事は、禰豆子の力で太陽を克服したって事かな!!

なんて、色々と考察するのも楽しいけど!

何よりも、禰豆子が話している事に感動したよ・・・

鬼になってからは、普通に喋れなかったもんね。
色々と、大変だったもんね。

そんな禰豆子の苦労を、誰よりも知っている炭治郎だからこそ。
嬉し涙を流す姿に、こっちも泣けてくるわ。

もう、このシーンは反則だわ。

そして、なんだか命の温かさを感じて、とても優しい気持ちになるね・・・

こんなに温かい作品を届けてくれて、ワニ先生ありがとう!

・・・という事で、第127話も、楽しんでいきましょう!!

第127話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】15巻127話のネタバレ!禰豆子が人間に戻り感動の嵐!?

あなたがちょっとでも、鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです!!

それでは、ここまで読んでくれてありがとうございます!

また、お逢いしましょう!

タガメ王国のヘタレ防人リョウより

登場人物の誕生花に隠れた涙腺崩壊エピソードはコチラ

→【鬼滅の刃】登場人物の誕生日&誕生花一覧!花言葉の意味に隠された裏設定とは?

スポンサーリンク



読むと何だか優しい気持ちになる。 鬼滅の刃の全てはコチラにあります!
筋トレ初心者でも自宅でブロリーになる秘密の筋トレ5選はコチラ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする