【漫画・鬼滅の刃】1巻5話のネタバレ・感想!真菰が可愛いけど鬼畜すぎた(笑)

【漫画・鬼滅の刃】1巻5話のネタバレ・感想!真菰が可愛いけど鬼畜すぎた(笑)


漫画・鬼滅の刃1巻5話は、突如登場した狐仮面の男は炭治郎の成長を願っていた!
一緒に登場した真菰(まこも)は、超可愛いけど発言が鬼畜だった(笑)

どうも、タガメ王国の防人リョウです!

・「第4話の狐仮面の男は何がしたいの?」
・「炭治郎は岩を斬る事ができるの?」
・「炭治郎は鬼殺の剣士になれるの?」

あなたは今、このように感じていませんか?

スポンサーリンク

この記事では、漫画・鬼滅の刃5話「炭治郎日記・後編」のネタバレと感想をお伝えしています。

あなたがちょっとでも、鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです(#^^#)

第4話「炭治郎日記・前編」のあらすじ・感想

鱗滝のカオスな修行に、何とかついて行く炭治郎・・・

鱗滝の修業はあまりにも厳しくて、一歩間違えば死んでしまう罠もあったw

いやいや鱗滝さん、もうちょっと炭治郎を労ってあげて!

そうツッコミたくなるシーンもありました(笑)

そんな中、後はこの岩を斬れば最終選抜に行かせてやれると伝える鱗滝。

炭治郎の目の前には、巨大な岩があった・・・

どうやっても、刀で岩を斬れない。

そうして四苦八苦していると、突如、謎の狐仮面の男が炭治郎へ襲い掛かる。

一体、この男は誰なのか・・・??

鱗滝さんのカオスな修行で炭治郎が死にかける!第4話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】1巻4話のネタバレ・感想!鱗滝左近次の修業がカオスすぎる

鬼滅の刃1巻・第5話「炭治郎日記・後編」は可愛い真菰ちゃんの鬼畜発言にビックリ

第5話は、なんと言っても、可愛い真菰ちゃんの鬼畜発言にビックリします!!!

第5話には、真菰(まこも)という女の子が登場するのですが・・・
とても優しくて、炭治郎を想ってくれている。

それは凄く伝わってくるのですが、意外と発言が鬼畜なのが面白いですw

実にユニークなキャラなんだな、というように楽しむ事もできます。

そんな中でも、炭治郎はしっかりと前を向いて、岩を斬る為に修業を続けていました。

そして、狐仮面の男との決着シーンには、思わぬ感動が待っていたり・・・
笑いあり涙あり、それが第5話でもあります。

謎の狐仮面の男がバカ強くて勝てない炭治郎

狐仮面の男に蹴り飛ばされて、尻もちをつく炭治郎。

いつまで地面に尻をついているんだ、構えろ。
そして、かかってこい。

狐仮面の男は言う。

でも、君は木刀で俺は真剣だから危ないんじゃ・・・
心配する炭治郎。

すると、途端に笑い出す狐仮面の男。

お前は俺に怪我をさせると思っている訳だ
心の底から安心しろ

俺はお前より強い!!
岩を斬ってるからな!!

そう言って、炭治郎を圧倒する。

お前は何も身に付けていない。
何も自分のモノにしていない。

鱗滝さんに習った「全集中の呼吸」はどうしたのか?
お前はそれを知識として覚えただけで、まだ何も体に身に付けてないじゃないか。

お前の血肉に叩き込んで、決して忘れるなと伝える狐仮面の男・・・

毎日やってる、必死で!!
でも、全然ダメなんだ・・・
進めない、これ以上

必死で努力しているんだけど、何も進まないと伝える炭治郎。

男に生まれたなら、進む以外の道などない。
かかってこい、お前の力を見せてみろ。

そうして、木刀での強烈な一撃で、炭治郎を吹き飛ばす狐仮面の男・・・

後は任せるぞ

そう言って狐仮面の男は去ってしまった。

後を任されたのは、狐の仮面をつけた、何とも可愛い女の子だった。

可愛い女の子が炭治郎へ優しくアドバイスする

大丈夫?と炭治郎へ声をかける。

凄い一撃だった
無駄な動きが全くなくて、本当に綺麗だった!!

あんな風になりたい俺も
なれるかな?

狐仮面の男の動きに感動して、女の子へ聞いてみる炭治郎・・・

きっとなれるよ
私が見てあげるもの

そう優しく伝える、可愛い女の子。

女の子は真菰(まこも)という名前で、狐仮面の男は錆兎(さびと)という名前だそうだ。

禰豆子ちゃんに続いて、可愛い真菰ちゃんの登場とは!
炭治郎は、女の子に恵まれていますね!!

真菰は、炭治郎の悪い部分を指摘して、無駄な動きを直してくれたりした。

スポンサーリンク

なぜ、炭治郎へそうしてくれるのか・・・
そもそも、どこから来たのか??

聞いても教えてはくれないようだ。

私たち、鱗滝さんが大好きなんだ

この言葉が、真菰の口癖だった。

錆兎と真菰は兄妹ではなく、孤児だったのを鱗滝が育てたようだ。

子供達は他にもまだいるんだよ
いつも炭治郎を見てるよ

真菰はたまに、意味不明な事を言う・・・
少し変わった子のようだ。

真菰が言うには、全集中の呼吸は体中の血の巡りと心臓の鼓動を速くするモノ。
そうすると体温が一気に上がって、人間のまま鬼のように強くなれるという。

・・・とは言っても、炭治郎はよく分かっていない。
つまり、どうすれば全集中の呼吸を使えるのか??

死ぬほど鍛える
結局それ以外に、できることないと思うよ

真菰は、いかにもな正論を炭治郎へ伝える。

・・・いやいやいや、真菰ちゃん!?w
確かにそうなんだけどね、もっとこう、今までの優しい言葉で炭治郎へ教えてあげないの?
急に鬼畜過ぎない?(笑)

と、このシーンは、ツッコミたくなってしまいますね(笑)

ついに錆兎との決着がつく

それから炭治郎は、手足が千切れそうなくらい、肺と心臓が破れそうなくらい、刀を振った。
・・・それでも、錆兎には勝てない。

何度も挑戦して、何度も負けてしまう。

そう、半年が経つまでは・・・

半年が経って錆兎に挑みに行ったその日、錆兎は木刀じゃなく真剣を持っていた。

半年でやっと、男の顔になったな

そう言って、刀を抜く錆兎。

今日こそ勝つ

そう言う炭治郎は凛とした表情で、髪の毛もかなり伸びていた。

真正面からの勝負は単純。
より強く、より速い方が勝つ。

勝負は、一瞬で決まった・・・

この日、この瞬間、初めて・・・
炭治郎の刃が先に、錆兎へ届いた。

すると、仮面が割れた錆兎の素顔は、とても優しい表情だった。

炭治郎が勝った時、錆兎は笑顔だった。
泣きそうな、嬉しそうな、安心したような笑顔だった・・・

錆兎はずっと、炭治郎の事を想って、厳しく当たっていたんですね。
炭治郎が強くなってくれた事に感動して、鬼に負けないように成長してくれて嬉しくて・・・

そういった泣きそうな嬉しそうな笑顔を見せていた。
とても感動するシーンです。

勝ってね炭治郎、「アイツ」にも

真菰はそう言って姿を消してしまう。
気付くと、錆兎も姿が無かった。

だが、錆兎の面を斬ったはずの炭治郎の刀は、岩を斬っていた・・・

錆兎、そして真菰は、炭治郎が岩を斬って最終選抜に行けるように、サポートしていたのだと分かる。

でも、どうして、2人とも姿を消してしまったのか?
炭治郎が見ていたのは、幻だったのか・・・

第6話へ続く・・・

第6話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】1巻6話のネタバレ・感想!炭治郎がついに鬼を倒すが強敵現る!

【5話の感想】真菰ちゃん可愛いけど発言が鬼畜過ぎない?w

ここまで、鬼滅の刃1巻第5話のネタバレを、僕なりにお伝えしてきました。
最後に、僕の感想をお伝えします。

第5話を読んでみて感じたのは、「真菰ちゃん、発言が鬼畜過ぎない?w」という事です(笑)

一生懸命に真菰のアドバイスを聴こうとしている炭治郎へ向けて、「死ぬほど鍛える、それ以外ないと思うよ」と伝える・・・

いやいやいや、ここに来て根性論ですか、真菰ちゃん(笑)

炭治郎は、あなたのアドバイスを真摯に聴こうとしているのに、まさかまさかの根性論・・・

いやね、心ではそんな事は分かっているんですよ、炭治郎だって!
死ぬほど鍛えるというのは、気持ちとしてあるハズです。

だからこそ、そのうえで、どのようにすれば良いのかアドバイスが欲しかったんじゃないかなと思うんですよ。

それなのに、「死ぬほど鍛える、それ以外ないよ」とは、可愛くて優しい真菰ちゃんって、なかなか鬼畜発言するんだねという感じです(笑)

なんて、ツッコミを入れたくなりながら、この第5話を楽しんでいました。

そんな5話のネタバレ・感想を動画でもお届けします!

そして、岩を斬る事ができた炭治郎ですが、いよいよ最終選抜へ行く事になるのでしょうか?

第6話も、楽しんでいきましょう!!

第6話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】1巻6話のネタバレ・感想!炭治郎がついに鬼を倒すが強敵現る!

あなたがちょっとでも、鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです!!

それでは、ここまで読んでくれてありがとうございます!

また、お逢いしましょう!

タガメ王国の防人リョウより

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする