勝ち負けにこだわる必要はないじゃない!僕たちの人生は色とりどり!

勝ち負けにこだわる必要はないじゃない!僕たちの人生は色とりどり!

勝ち負けよりも、ずっとずっと大切な事がある
僕達が僕達らしく、笑顔で生きる事が、何よりも大切なんじゃないか

どうも、タガメ王国の防人リョウです!

・「勝ち負けが全てだと考えてしまう・・・」
・「でも、勝ち負けだけ考えるとなんだか苦しい」
・「本当は、自分らしく生きて行きたいのに」

あなたは今、このように悩んでいませんか?

スポンサーリンク

この世界は、勝ち負けが全てだと、そんな風にマスコミもニュースも報道しがちで
あなたもまた、そういった情報に振り回されて、「勝たないとダメなんだ」って感じていませんか?

でも実は、勝ち負けよりも、ずっと大切な事があります
それを、この記事をあなたへちょっとでも伝わってくれたら、僕はとても嬉しいです

世の中は勝ち負けよりも「笑顔」が大切

僕は、世の中は勝ち負けよりも、「笑顔」が大切だと感じています

笑顔が無い所には、幸せもありません

勝つから良い・負けたからダメ
勝者と敗者に全ては分かれる
こっちは良い・こっちはダメ

世の中って、こんな風に動いているのだと、錯覚してしまいますよね・・・

上を見ては羨ましがって、下を見ては安心する

でも、そういった勝ち負けが大切って考えだと、なんだか息苦しく感じませんか?
もっともっと、自由に生きる方が、人生楽しくないですか?

あなたが笑顔でいる事で、幸せを感じる人が絶対に居ます
その人と一緒に笑顔で楽しく生きる事が、あなたらしく楽しい人生にもなると思います

別に、無理に競争して勝ち負けだけで生きなくたって、感動する事や幸せな事はたくさんあります

例えば、ほんの一例として、サッカーのワールドカップを見てもらえれば、分かりやすいです

ワールドカップは優勝しなくても感動する国がたくさんある

サッカーのワールドカップは4年に1度開催されて、世界一の国を決める
まさに、どの国も優勝目指して挑戦する、とても面白い大会ですよね

でも、そこで、「優勝だけが全てじゃない、2位以下の国だって素敵で素晴らしい!」って僕は感じるんです

「優勝しなきゃ意味無いよ」
「2位以下は、全部一緒」

僕は、このような考えを否定する訳じゃありません

優勝目指して練習しまくって、自分達の国の誇りをかけてワールドカップに出る

そうして、サッカーと真剣に向き合って、各国それぞれのサッカーを追及して
色々なサッカーを観る事ができる
それは本当に楽しいからです

でも、だからと言って優勝が全てじゃなくて
そうやって優勝目指して戦う各国の選手達・監督・サポーターの応援など
そういった姿が、何より大きな感動を届けてくれていると、僕は感じています

優勝した国の選手達は、そりゃもうカッコイイですよ
でも、2位以下の国の選手達だってカッコイイです

みんな本気で挑戦するからこそ、そこにたくさんのドラマが生まれますよね

アッと驚くスーパープレーや、陰で泥臭く頑張る姿
色々な国の色々な選手達のプレーは、世界中の人々へ感動を届けています

だから、2位以下の国の選手達だってカッコイイです

例えば、2位以下の国の選手も、そこで人生が終わる訳じゃありませんよね
クラブに所属していて、ワールドカップでの活躍が認められて、ビッグクラブに移籍する
そういった選手だっているんです

ワールドカップが終わってしまっても、そこでサッカー人生が終わるんじゃなくて
そこから新しいサッカー人生を歩み始める
そういった感動もあるのが、ワールドカップの楽しさです

勝つことは大事だけど、勝ち負けが全てじゃないです
そこに各国の選手達の「笑顔」があるからこそ、世界中の人々に感動を届けてくれます

今回はワールドカップでお伝えしましたが、これはどんな仕事やスポーツなどでも全く一緒です

だからもう、あなたも、無理に勝ち負けにこだわる必要はないですよ!

あなたと同じように勝ち負けにこだわっていた僕だからこそ、伝えられる事があります

スポンサーリンク

僕は勝ち負けよりも笑顔を大切にしたら人生逆転した

実は僕も、あなたと同じように、勝ち負けにこだわっていました
「勝つ事が全てだよ、他はダメだよね」という感じです

そうやって、僕は趣味でも、上を見ては羨ましがって、下を見ては安心して
常に、何事にも優劣をつけたがっていました

例えば、趣味で社会人バスケをしていて、僕よりもたくさんシュートが入る人がめちゃくちゃカッコイイと思ってですね
「やっぱりたくさんシュート決めないと、バスケしてる意味無いよな」って感じてました

でも、そう感じれば感じるほど、なんだか息苦しい
まるで、僕が僕自身を否定しているようにも感じたから
ありのままにバスケを楽しむ僕が消えてしまっていたからです

そうなっていくと、徐々にバスケへの愛情も薄くなってしまって、一時期は全くバスケから離れていました

「本当は、楽しくバスケしたいだけなのに、難しいな・・・」

今思うと僕の心は泣いていて、僕は笑顔になっていませんでした

でも、そこから、「無理にシュートにこだわる必要は無くて、僕なりにバスケを楽しめれば良いじゃないか!」と、ちょっとずつ感じ始めました

そうすると、バスケへの愛情もちょっとずつ戻ってきて、シュートにこだわらなくてもリバウンドなど他のプレーを楽しめばいいやと、僕なりにバスケを楽しめるようになりました

そもそも僕は、ジャンプするのが大好きで、そうやってチームメイトを助ける事が楽しかったじゃないか・・・

だから、シュートを決めるのも大切だけど、僕なりに楽しくバスケする事を忘れないようにしようと感じて

そうしてバスケしていくと、僕は自然と笑顔になってバスケしている事に気づきました

他人のプレーじゃなくて、僕のプレーを始めた瞬間、「あー、やっぱりバスケ楽しいや!」という事を思い出しました

こういった事がキッカケで、僕は勝ち負けとか良い悪いとか、そういった考えよりも
自分が笑顔になれる人生を生き始めました

僕が笑顔になれば、僕と関わってくれる人も笑顔になってくれます
それが、勝ち負けよりも何よりも大切な事なんです

あなた本来の笑顔を思い出して人生楽しみましょう

この記事を読んでくれているあなたにこそ、本来の笑顔を思い出してほしいです!

あなたも僕も、幼い頃は無邪気に笑っていました
でも、大人になるにつれて、その無邪気な笑顔は忘れてしまいがちですよね

社会に出てみると、みんなが会社の仕事に集中して、嫌な人間関係などで落ち込んでしまったり
本当は好きな事をやりたくても、なかなかできなかったり

そういった事を経験していく中で、子供心に無邪気な笑顔は、忘れてしまいますよね・・・・

でも、それは本当に勿体ないです

気持ちは痛いほど分かります
マスコミやニュースは、勝ち負けが全てと言わんばかりの報道で、それを見て優劣を付けたがってしまう
でも、そこに僕たちの無邪気な笑顔は無いですよね?

だからこそ、僕達が心の底から笑顔になる事を、思いっきり楽しみましょう!

・・・という事で、動画でも僕の想いをあなたへお届けします

ありのままの僕達で、僕達の人生を生き始めた時、僕もあなたも自然と笑顔になっています(#^^#)

あなたが心の底から笑顔になる、大好きな事は、何ですか?
ちょっとずつ、あなた本来の笑顔を思い出す
この記事が、そのキッカケになってくれたら、僕はとても嬉しいです!

それでは、ここまで読んでくれて、ありがとうございます!
また、お逢いしましょう!

タガメ王国の防人リョウより

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする