ヘタレ男の闇を暴露!どうせ死ぬなら楽しく好きなことやっていこう!

ヘタレ男の闇を暴露!どうせ死ぬなら楽しく好きなことやっていこう!

どうせ死ぬんだから、好きなように生きてみよう。
それが、どうしようもないヘタレ男の僕が選んだ道でした。

どうも、タガメ王国の防人リョウです!

あなたがこの記事を読んでくれているという事は、人生に生きる意味を感じられずに、絶望している状態かと思います。

でも、本当に素敵で優しいあなたにこそ、ヘタレ男の僕の想いをお届けしたくて。
この記事を書きました。

スポンサーリンク

なぜ僕はヘタレ男でもブログ・youtubeをやっているのか?

そもそも、僕がどうしてヘタレでもブログやyoutubeをやっているのか?
あなたは不思議に感じているかもしれないので、最初にお伝えしておきますね。

ヘタレ男な僕だからこそ輝ける場所が、ブログとyoutubeだから。

これが、僕がこのタガメ王国を作った理由でもあります。

みんなと同じように、会社で仕事するのが難しかった・・・
そこで、自分が本当に生きたい人生を見つめ直す事ができた・・・

だから、こうして今、あなたへ想いをお届けできます。

どうしようもないヘタレで会社の仕事は難しかった

僕は今年で32歳になるのですが、今まで6社くらいの会社を渡り歩いてきました。

渡り歩いてきたと言っても、なかなか仕事できずに怒られたり。
人間関係に悩んで鬱病にもなったり。

僕の会社での生活は、正直言ってあまり良くは無かったと思います。

もちろんね、会社の人全てを否定する訳じゃなくて・・・
口下手で緊張しまくる僕に、優しく話しかけてくれた人もいて・・・

その人達には、今も本当に感謝しています。
何も恩返しできなくてごめんね、という気持ちもあります。

本当は、みんなと同じようにね、会社で普通に仕事して給料もらって生きる。
そういう生活を願っていたんです。

だけども、僕にとってそれは凄く難しかった。

僕なりに頑張ってみたけど、何度も怒られるうちに気持ちが落ちて行ってしまったり。
人間関係で鬱病にもなったり。

そうした中で、「会社で仕事する生活は僕には無理だ」と感じ始めました・・・

つまんねぇなー僕の人生って感じて会社を離れてみた

そうしていくと、自分自身との葛藤が激しくなりました。

なかなか会社の人達と馴染めなくて、仕事もあまりできない・・・
これ以上、どうやって生きればいいのか分からない。

なんだよ、僕の人生、こんなもんか。
つまんねぇなー、僕の人生・・・

僕の本心は、このように言ってました。

何か楽しい事をしていく人生を生きてみたい。
僕が心の底からやりがいを感じて楽しめる、そんな人生を生きたい。

そう感じた僕は、会社を離れて生きる道を決めました。

そこである時、吹っ切れたような気持になりました。

スポンサーリンク

どうせ死ぬなら好きなことして楽しんで死んでやろう

このまま死ぬまで、つまんない人生を生き続けるしかないのかな?
そう、死ぬまで・・・

って、ちょっと待ってくれ!!!
どうせ死ぬなら、好きなことをしてみよう。

誰だって結局、最後は死ぬんだ。
たった1度の人生は誰もが一緒で、誰もが死ぬ。

だったらもう、好きなことをして生きてみよう。

そう感じて、僕は好きな事へ挑戦する生き方を選びました。

好きな事をする人生は決して楽じゃないですが、とても楽しいです。

そうやってちょっとずつ成長していって、僕なりに影響力を持っていって・・・
僕の好きな事を広めて、あなたのような素敵な人に楽しんでほしい。

今こうして、僕の記事や動画に時間を使ってくれているあなたに、ちょっとでも笑顔になってほしい。
僕と関わってくれた人の為にもなりたい。

こういった想いで、楽しく活動しています。

会社から離れようが、独立しようが、僕の人生は僕の人生。
それは、僕が決める事だから、好きな事へ挑戦してみる。

会社で仕事するのが難しいなら、独立して個人で生きる道を進んでみよう。

そういった僕の姿を見てくれた人に、ちょっとでも元気になってもらえたら最高に嬉しいです。

会社で仕事しても、結局は死ぬ。
独立して仕事しても、結局は死ぬ。

時間は有限だからこそ、思い切って生きてみたい。

僕の想いを動画にもしていますので、よろしければご覧ください。

・・・という事で、素敵なあなたにちょっとでも笑顔になってもらえるように、僕は好きな事を続けて生きます。

ここまで読んでくれてありがとうございます!

また、お逢いしましょう!

タガメ王国の防人リョウより

スポンサーリンク



読むと何だか優しい気持ちになる。 鬼滅の刃の全てはコチラにあります!
筋トレ初心者でも自宅でブロリーになる秘密の筋トレ5選はコチラ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする