【鬼滅の刃】漫画135話のネタバレ感想!悲鳴嶼の壮絶な過去が可哀想

悲鳴嶼の過去を聴くと超可哀想で泣けてくるわ。

 

どうも、タガメ王国のヘタレ防人リョウです!

 

スポンサーリンク


 

この記事では、漫画・鬼滅の刃135話「悲鳴嶼行冥」のネタバレと感想をお伝えしています。

 

あなたがちょっとでも鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです(#^^#)

 

前回:第134話のネタバレ・感想はコチラ

→【鬼滅の刃】漫画134話のネタバレ感想!悲鳴嶼の強さがオカシイ(笑)

 

各登場人物の誕生花に隠れた涙腺崩壊エピソードはコチラ

→【鬼滅の刃】登場人物の誕生日&誕生花一覧!花言葉の意味に隠された裏設定とは?

 

 

鬼滅の刃16巻・第135話「悲鳴嶼行冥」のあらすじ

第135話の内容をザックリまとめると、次の通りです。

 

・炭治郎と伊之助がついに巨大岩を動かす!
・善逸に謎の手紙が届く。
・悲鳴嶼の過去があまりにも悲惨で可哀想。

 

炭治郎は反復動作の時に、大切な家族や煉獄からの言葉を思い出して集中力を高める・・・
一方で伊之助は、大好物の天ぷらを思い浮かべて集中力を高める(笑)

 

そうして2人共、巨大岩を動かしました!!!

 

それにビックリしてる善逸ですが、チュン太郎が慌てて手紙を持ってきました。
いち早く読んでほしいそうで、かなり深刻な内容なのかな?

 

そして、悲鳴嶼が炭治郎へ驚愕の過去を明かす・・・

 

悲鳴嶼は、寺で身寄りのない子供達を育てていたのです。

 

でもある時、子供達を鬼から守ったのに・・・
唯一生き残った女の子に化物扱いされてしまった。

 

他の子供が殺されてしまったけど、その女の子だけは守りたかったのに・・・
あまりにも悲鳴嶼が可哀想です。

 

炭治郎と伊之助がついに巨大岩を動かす!

炭治郎は、玄弥から反復動作を学びました!

 

炭治郎

玄弥に教えてもらった“反復動作”というものは、全ての感覚を一気に開く技だそうだ

 

全集中とはまた異なるもので、呼吸を使えない玄弥も反復動作はできる

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻135話より】

 

そうして悲鳴嶼と玄弥は、怒りを感じた時・痛みを感じた時を思い出して心拍数と体温を上げるみたいです。

 

じゃあ、炭治郎はどうするのかな??

 

炭治郎

俺の反復動作は、まず大切な人の顔を思い浮かべること

 

それから、煉獄さんの言葉を思い出すこと

 

“心を燃やせ”

 

この流れで俺は、極限まで集中力を高める

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻135話より】

 

炭治郎らしいです・・・

 

大切な家族と煉獄の言葉は泣けてきますね。
みんな天国から温かく見守ってます。

 

煉獄の温かい最期はコチラでお伝えしています。

→【鬼滅の刃】漫画66話のネタバレ感想!煉獄の最期にナミダ溢れる。

 

そうやって、何度も何度も反復動作を繰り返す!!

 

すると・・・

 

「ズズズ」

 

善逸

いったァァァ!!
炭治郎いったァァァ!!

 

伊之助

くそォ、負けたぜ・・・!!

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻135話より】

 

おおー!!!
見事に巨大岩を動かした!
腕だけじゃなくて足腰の筋肉を意識したそうです!

 

その一方で、伊之助は・・・

 

伊之助

天ぷら、天ぷら
猪突ゥ猛進!!

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻135話より】

 

「ズズッ」

 

おおー!!!
伊之助も巨大岩を動かした!

 

伊之助の集中力は天ぷらによって高められるのです(笑)
やっぱり面白い奴ですわ(笑)

 

あとは善逸だけですね・・・

 

善逸に謎の手紙が届く。

善逸は2人の成長にビックリして木の裏に隠れてしまった(;^_^A

 

善逸

(伊之助も岩うごいちゃった、最悪・・・!!)
(あと俺だけじゃん、最悪・・・!!!)

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻135話より】

 

いやいやいや、だからこそ頑張るんだよ善逸(笑)
その気持ちも分かるけどちょっとでもやってみよう!!

 

でも、そんな時・・・

 

チュン太郎

チュン、チュン、チュン

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻135話より】

 

あれれ?
チュン太郎が慌てて手紙を持ってきましたね。
そんなに慌ててるって事は深刻な内容なのかな??

 

善逸とチュン太郎の関係はコチラでお伝えしています。

→【鬼滅の刃】善逸だけ鎹(かすがい)が雀なのはなぜ?3つ理由を知ると命に優しくなれる

 

善逸

え、何?
手紙・・・?

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻135話より】

 

誰からの手紙でしょうか・・・

 

悲鳴嶼の過去があまりにも悲惨で可哀想。

そんな中、炭治郎は巨大岩を動かし続けてくたばってます(;^_^A

 

しかも脱水症状になってて危ない!!!
そんな時、悲鳴嶼が水を飲ませてくれました。

 

そうして炭治郎へ想いを伝えます・・・

 

悲鳴嶼行冥

君は刀鍛冶の里で、鬼の妹の命より里の人間の命を優先した・・・

 

炭治郎

あ・・・
それは・・・

 

悲鳴嶼行冥

恥じることはない、君は剣士の鏡だ
自分の正しい行動を誇ると良い

 

炭治郎

いいえ、違います
決断したのは禰豆子であって、俺ではありません
俺は決断ができず、危うく里の人が死ぬところでした

 

認められては困ります

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻135話より】

 

悲鳴嶼は素直な炭治郎に感動してます。

 

スポンサーリンク


 

悲鳴嶼行冥

疑いは晴れた
誰が何と言おうと、私は君を認める
竈門炭治郎

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻135話より】

 

すると悲鳴嶼は、驚愕の過去を話してくれたのです・・・

 

悲鳴嶼は過去に寺で身寄りのない子供達を育てていました。
子供達とは血が繋がってないけど、家族のような関係だった。

 

ところがある日、日が暮れても寺に戻らなかった子が鬼と遭遇してしまった・・・
その子供がとんでもない事を鬼に言ったのです。

 

悲鳴嶼行冥

自分が助かる為に、寺にいた私と八人の子供たちを鬼に喰わせると言ったのだ

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻135話より】

 

そうして、すぐに4人の子供が殺されてしまった。
残った4人のうちの3人は悲鳴嶼の言う事を聴かないで逃げてしまった。

 

悲鳴嶼は目が見えないから、そんな状態だと何もできないと思ったそうなのです。

 

でも、たった1人だけ一番年下の「沙世(さよ)」という女の子が悲鳴嶼を信じていました・・・
沙世だけが悲鳴嶼の後ろに隠れて、逃げた3人は鬼に殺されてしまった。

 

何としても沙世だけは守らないと・・・
そうして悲鳴嶼は素手で鬼を殴り殺したのです。

 

悲鳴嶼行冥

生物を殴る感触は、地獄のようだった
あの気色の悪さを、私は一生忘れない

 

生まれて初めて全身の力を込め振るった拳は、自分でも怖ろしい威力だった

 

鬼に襲われなければ、死ぬまで私は自分が強いということを知らなかった

 

私は夜が明けるまで鬼の頭を殴り潰し続けた

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻135話より】

 

・・・悲鳴嶼の強さの裏には、こういった残酷な過去があったのです。

 

それにしても、素手で鬼を殺せるって相当強いですよね(;^_^A

 

そうやって命懸けで沙世を守ったのですが、寺に駆け付けた人達に沙世はとんでもない事を言ってしまうのです。

 

沙世

あの人は化物
みんなあの人が
みんな殺した

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻135話より】

 

まだ4歳だった沙世は色々と混乱して怖かったから、こんな事を言ってしまった・・・

 

でも、悲鳴嶼があまりにも可哀想ですよ。
助けてあげた人に犯人扱いされたんじゃ救いようがないです。

 

鬼の死体は太陽の光で塵になるから、死んだ子供達が残る。
だから悲鳴嶼は殺人罪で投獄されてしまった。

 

お館様が助けてくれなきゃ処刑されてたのです。

 

・・・こういう過去があって悲鳴嶼は疑り深くなり、炭治郎の事も疑ってました。

 

でも、炭治郎は違ったのです・・・
どんな時も逃げないし現実を見つめるし嘘をつかない。
とても素直なんですよね。

 

だから悲鳴嶼は炭治郎を応援する気持ちになった・・・

 

悲鳴嶼行冥

君が道を間違えぬよう、これからは私も手助けしよう

 

炭治郎

頑張ります・・・
ありがとうございます・・・

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻135話より】

 

炭治郎は感動のあまり泣いてます。

 

すると悲鳴嶼は、そんな炭治郎の頭を優しく撫でる。
それはまさに沙世を撫でているかのように、大切な過去を思い出してました。

 

・・・これで訓練は完了です!!!
炭治郎はまた一段と強くなりましたとさ!!!

 

・・・という事で、第136話もお楽しみに!

 

第136話のネタバレ・感想はコチラ

→【鬼滅の刃】漫画136話のネタバレ感想!お館様VS無惨の開幕!?

 

【ヘタレ男の感想】悲鳴嶼がちゃんと報われてほしいわ

第135話を読んでみて感じたのは、

悲鳴嶼は一生懸命に鬼と戦ったのに、犯人扱いは可哀想じゃんか。

という事です。

 

悲鳴嶼は鬼から沙世を守ったのに犯人扱いされてしまった・・・
だから殺人罪で投獄って、あまりにも理不尽ですよね(;^_^A

 

でも、悲鳴嶼は知らないのですが・・・
この話には続きがあるのです。

 

沙世が言ったこの言葉は・・・

 

沙世

あの人は化物
みんなあの人が
みんな殺した

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻135話より】

 

この「あの人」っていうのは「お寺に侵入した鬼」だったのです。

 

でも、鬼は太陽の光で消滅してるし沙世はショックで何も話せなかったから悲鳴嶼の容疑を晴らせなかった・・・

 

っていう事を、14歳になった沙世は今でも謝りたいそうです。

 

・・・すれ違いし過ぎですよ!!!

 

悲鳴嶼、お前は大丈夫だ!
沙世もお前の事を大切に想って生きてるぞ!!!

 

・・・こんな事ってある??
どこかで必ず悲鳴嶼が報われてほしいです。

 

という事でワニ先生、頼むぞ!!!
その瞬間を僕も楽しみにしてます!

 

・・・という事で、第136話も楽しんでいきましょう!!

 

第136話のネタバレ・感想はコチラ

→【鬼滅の刃】漫画136話のネタバレ感想!お館様VS無惨の開幕!?

 

あなたがちょっとでも鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです!!
それではまたお逢いしましょう!

 

タガメ王国のヘタレ防人リョウより

 

登場人物の誕生花に隠れた涙腺崩壊エピソードはコチラ

→【鬼滅の刃】登場人物の誕生日&誕生花一覧!花言葉の意味に隠された裏設定とは?

 

スポンサーリンク




流行を先取り!鬼滅の刃の遊郭編の完全ネタバレ特集はコチラ!
人と比較して落ち込んでばかりのあなたこそスーパースターになる筋トレ特集
読むと何だか優しい気持ちになる。 鬼滅の刃の全てはコチラにあります!