漫画・鬼滅の刃16巻137話のネタバレ!お館様の想いが不滅で感動!

137話の感想は、お館様の強い思いに感動するしかないわ。

 

どうも、タガメ王国のヘタレ防人リョウです!

 

・善逸が超真剣に修業してるけど何があったの!?
・義勇と実弥が一騎打ちで決着をつけるのか!?
・無惨がお館様の所へ来て危ない!!!

 

あなたは今、このように感じていませんか?

 

スポンサーリンク

 

そこでこの記事では、漫画・鬼滅の刃137話「不滅」のネタバレと感想をお伝えしています。

 

あなたがちょっとでも、鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです(#^^#)

 

前回:第136話のネタバレ・感想はコチラ

→漫画・鬼滅の刃16巻136話のネタバレ!お館様が無惨に倒される!?

 

各登場人物の誕生花に隠れた涙腺崩壊エピソードはコチラ

→【鬼滅の刃】登場人物の誕生日&誕生花一覧!花言葉の意味に隠された裏設定とは?

 

 

鬼滅の刃16巻・第137話「不滅」のあらすじ

第137話の内容をザックリまとめると、次の通りです。

 

・お館様は無惨が来る事を予想してたんだね。
・お館様と無惨は同じ血筋だったのか!!!
・お館様の想いは不滅でみんなが無惨を倒すのさ!

 

お館様は、無惨が自分を殺しに来ると予測してたんだね。

 

そんなお館様の事を、醜いと伝える無惨・・・

 

だけど、お館様と無惨は同じ血筋だと判明したぞ!

 

一族から無惨という怪物を出してしまったから、お館様の一族は呪われてしまった。

 

また、お館様の一族は30年も生きる事はできないんだってさ。
かなり短命なんだね・・・

 

そうしてお館様は、人の想いこそが永遠で不滅だと伝える。
だから、鬼殺隊は不滅なのだと。

 

その話を聴いた無惨は、遂にお館様を殺そうとする・・・

 

急いで集まる柱達だけど、間に合うのかな!?

 

お館様は無惨が来る事を予想してたんだね。

お館様は、無惨が来た事を強く感じている・・・

 

産屋敷輝利

ついに・・・私の・・・
元へ来た・・・

 

今・・・
目の前に・・・
鬼舞辻・・・
無惨・・・

 

我が一族が・・・
鬼殺隊が・・・
千年・・・

 

追い続けた・・・
鬼・・・

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻137話より】

 

お館様はもう、目が見えない状態だから・・・

 

妻のあまねに、無惨の姿を伝えてもらってるんだね。

 

また、無惨が自分を殺しに来るのも分かってたんだね。

 

鬼舞辻無惨

私は心底、興醒めしたよ
産屋敷

 

身の程も弁えず
千年にも渡り、私の邪魔ばかりしてきた一族の長が
このようなザマで

 

醜い、何とも醜い
お前からはすでに、屍の匂いがするぞ
産屋敷よ

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻137話より】

 

確かに、お館様は弱っている。
それは、本人もずっと分かってたんだね。

 

産屋敷輝利

私は・・・
半年も前には・・・
医者から・・・
数日で死ぬと言われていた・・・

 

それでもまだ・・・
私は生きている・・・
医者も・・・
言葉を・・・
失っていた

 

それもひとえに・・・
君を倒したいという一心ゆえだ・・・
無惨・・・

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻137話より】

 

お館様の執念が物凄くて、観ているコッチにも響いてくるわ。
体がボロボロなのに、心は強く生きてるって感じだね。

 

お館様と無惨は同じ血筋だったのか!!!

そうしてお館様は、無惨が知らない真実を伝える・・・

 

産屋敷輝利

君と私は・・・
同じ血筋なんだよ

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻137話より】

 

・・・マジか!?
一体、どんな過去があったんだ??

 

無惨は何の感情も湧かないみたいだけど、お館様は違ったんだね。

 

無惨という怪物を一族から出してしまったから、お館様の一族は呪われてしまった・・・

 

生まれてきた子供達は、病弱ですぐに死んでしまう。

 

そうして、一族が終わりそうになった時、神主からアドバイスを受けたんだね。

 

同じ血筋から出た無惨という鬼を倒す為に、生きる事。
そうすれば、一族は終わらないのだと。

 

代々神職の一族からは妻(あまね)をもらって、子供も死にづらくなった。

 

でも、誰も30年も生きられないという悲しい現実になってしまった。

 

それを聴いた無惨は、ただただ見下すように伝える・・・

 

鬼舞辻無惨

名言もここに極まれりだな
反吐が出る
お前の病は、頭にまで回るのか?

 

そんな事柄には、何の因果関係もなし

 

なぜなら、私には何の天罰も下ってない
何百何千という人間を殺しても、私は許されている

 

この千年、神も仏も見たことがない

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻137話より】

 

お館様が伝える事を、無惨は次々に否定する。

 

そんな無惨に、お館様は意外な事を伝えてるぞ・・・

 

産屋敷輝利

無惨・・・
君の夢は何だい?

 

この千年間・・・
君は一体・・・

 

どんな夢を見ているのかな・・・

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻137話より】

 

・・・無惨は、奇妙な感覚になっている。

 

鬼舞辻無惨

(・・・奇妙な感覚だ)

 

(あれ程目障りだった鬼殺隊の元凶を目の前にして)
(憎しみが湧かない)
(むしろ)

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻137話より】

 

何だろう??
同じ血筋だから、何か懐かしさを感じてるのかな??

 

お館様の子供達が、鞠で遊びながら歌う姿に、無惨が共感しているように見えるわ。

 

やっぱり、一族の血って事なのかな?

 

鬼舞辻無惨

(・・・この、奇妙な懐かしさ)
(安堵感・・・)
(気色が悪い)

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻137話より】

 

うん、やっぱりそんな感じなんだね。

 

そして、無惨は気づく。

 

この屋敷には、お館様と妻、子供達2人の、4人しかいない事に。

 

護衛が、1人もいないという事に。

 

スポンサーリンク

 

お館様の想いは不滅でみんなが無惨を倒すのさ!

そんな無惨に、お館様が語りかける・・・

 

産屋敷輝利

当てようか・・・
無惨

 

君の心が、私にはわかるよ

 

君は永遠を夢見ている・・・
不滅を夢見ている・・・

 

鬼舞辻無惨

・・・その通りだ
そしてそれは、間もなく叶う
禰豆子を手に入れさえすれば

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻137話より】

 

でも、その夢は叶わないと伝えるお館様。

 

でも、無惨は全てを知り尽くしたかのように話す。
だけど、お館様はそんな事を伝えたいんじゃないんだね。

 

鬼舞辻無惨

禰豆子の隠し場所に、随分と自信があるようだな
しかし、お前と違い、私にはたっぷりと時間がある

 

産屋敷耀哉

君は・・・
思い違いをしている

 

鬼舞辻無惨

何だと?

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻137話より】

 

お館様は、何を伝えたいのかな?

 

そう、お館様が伝えたい事は、とても素敵な事だったんだね。

 

産屋敷耀哉

永遠というのは、人の想いだ
人の想いこそが永遠であり、不滅なんだよ

 

鬼舞辻無惨

下らぬ・・・
お前の話には辟易する

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻137話より】

 

無惨はこの話を嫌がってるけど、どこか図星な部分もあるからなんだろうね。

 

さらに、お館様が伝える・・・

 

産屋敷耀哉

この千年間、鬼殺隊は無くならなかった
可愛そうな子供たちは大勢死んだが、決して無くならなかった

 

その事実は今、君が・・・
下らないと言った

 

人の想いが不滅であることを証明している

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻137話より】

 

うわー・・・

 

お館様、めちゃくちゃカッコイイじゃんか。

 

もうあと少しで死ぬって分かってるのに、最期まで「想い」を大切に伝えるなんて。

 

あー。
頼むから、助かってくれないかな。

 

大切な人の命を、理不尽に奪い続けた無惨。
その事を許さない想いもまた、永遠なんだね。

 

そうして、柱達も無惨に怒りをぶつけようとしてるんだよね。
ここでお館様が死んだとしても、必ずみんなが想いを継いでくれるからね。

 

産屋敷耀哉

この・・・
人の想いと繋がりが、君には理解できないだろうね
無惨

 

なぜなら君は・・・
君たちは

 

君が死ねば、全ての鬼が滅ぶんだろう?

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻137話より】

 

核心をつかれた無惨は、その事実に怒っている。

 

そうして遂に、お館様を殺そうとしてるぞ・・・

 

でも、その前に伝えたい事があるんだね。

 

産屋敷耀哉

最期に・・・
ひとつだけいいかい?

 

私自身はそれ程、重要でないと言ったが・・・
私の死が無意味なわけではない

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻137話より】

 

・・・そうだぞ無惨!!!

 

ここでお館様が死ねば、柱達がお前を倒しに来るからな。

 

でも、刻一刻とその時が迫る・・・

 

鬼舞辻無惨

話は終わりだな?

 

産屋敷耀哉

ああ・・・
こんなに話を聞いてくれるとは思わなかったな・・・

 

ありがとう、無惨

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻137話より】

 

・・・お館様、死なないでくれ!!!

 

柱達よ、急いで来てくれよ!!!

 

柱のみんなも炭治郎も、急いでお館様の屋敷へ走っているぞ。
さすがに、かなり焦ってるんだね。

 

炭治郎

間に合えっ・・・!!!

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻137話より】

 

そうだよ炭治郎、マジで間に合ってくれよ。

 

誰か、無惨を止めてくれ・・・

 

・・・という事で、第138話もお楽しみに!

 

第138話のネタバレ・感想はコチラ

→漫画・鬼滅の刃16巻138話のネタバレ!珠世の想いにも感動するわ。

 

【ヘタレ男の感想】お館様の想いは僕達も継ごう!

ここまで、鬼滅の刃16巻:第137話のネタバレを、僕なりにお伝えしてきました。

 

最後に、僕の感想をお伝えします。

 

第137話を読んでみて感じたのは、

お館様の想いは、今の僕達こそ継がなきゃね。

という事です。

 

多分、お館様はここで無惨に殺されてしまうよね。

 

悲しい現実なんだろうけど、これで全てが終わった訳じゃない。

 

お館様が伝えてくれた事は、今の僕達にこそ必要だからね・・・

 

産屋敷耀哉

永遠というのは、人の想いだ
人の想いこそが永遠であり、不滅なんだよ

 

【出典:漫画・鬼滅の刃16巻137話より】

 

・・・そう、お館様は、「僕達の想いを大切に生きてほしい」って言ってるんだよね。

 

僕もあなたも、何か人生で成し遂げたい事があるよね。

 

僕なら、このタガメ王国を通じて、鬼滅の刃の温かさを伝えたい。
そして、多くの人にありのままの優しさを、取り戻してほしい。

 

それこそが、僕の想いだからね。

 

せっかく、鬼滅の刃という素敵な作品に出逢えたからね。

 

鬼滅の刃って、時には残酷なシーンがあるけどさ。
その中に、命の温かさを強く感じるから、優しい気持ちを思い出すんだよね。

 

世界中のみんなが鬼滅の刃を読んだら、争い事が減ると思うわ。

 

例えば、煉獄の最後とかもう、涙腺崩壊する以外に何も無いじゃんか。

 

だけど、その生き様の中に、命の温かさ・優しさを感じるじゃんか。

 

煉獄の涙腺崩壊な最期はコチラでお伝えしています。

→漫画・鬼滅の刃16巻138話のネタバレ!お館様と珠世の最期に泣くわ。

 

こういった、ありのままの僕達本来の命の温かさや優しさを、ちょっとでも多くの人に届けたい。

 

あなたは、どうですか??

 

きっと、鬼滅の刃と出逢って、優しい気持ちになってると思う。

 

だから、その気持ち大切に、あなたが本当に生きたい人生を生きてほしい。

 

そういう想いも込めて、この記事をお届けします。

 

・・・という事で、第138話も、楽しんでいきましょう!!

 

第138話のネタバレ・感想はコチラ

→漫画・鬼滅の刃16巻138話のネタバレ!珠世の想いにも感動するわ。

 

あなたがちょっとでも、鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです!!

 

それでは、ここまで読んでくれてありがとうございます!

 

また、お逢いしましょう!

 

タガメ王国のヘタレ防人リョウより

 

登場人物の誕生花に隠れた涙腺崩壊エピソードはコチラ

→【鬼滅の刃】登場人物の誕生日&誕生花一覧!花言葉の意味に隠された裏設定とは?

 

スポンサーリンク



読むと何だか優しい気持ちになる。 鬼滅の刃の全てはコチラにあります!
筋トレ初心者でも自宅でブロリーになる秘密の筋トレ5選はコチラ!