【鬼滅の刃】善逸だけ鎹(かすがい)が雀なのはなぜ?3つ理由を知ると命に優しくなれる

善逸だけ鎹(かすがい)が雀な理由は、とても面白くて、笑いあり悲しみありでした!

どうも、タガメ王国の防人リョウです!

・「なんで、善逸だけ鎹(かすがい)が鴉じゃなくて雀なの??」
・「何か理由があるの?」
・「なんか気になるから、誰か解説して!」

あなたは今、このように感じていませんか?

スポンサーリンク

鬼滅の刃に登場するヘタレキャラである、我妻善逸。
時にはビビりまくり、時には覚醒して超強い!
そのギャップが大好きになりますよね(#^^#)

そんな善逸ですが、どうして鎹(かすがい)が雀なのでしょうか?
僕も、その理由が気になって仕方が無くて、色々と調べてまくりました。

この記事では、その考察結果をお伝えしていきます。

善逸の鎹(かすがい)が雀になっている3つの理由

出典:鬼滅の刃・漫画7巻60話より

炭治郎もカナヲも、ちゃんと鴉が付いているのに・・・

出典:鬼滅の刃・漫画2巻8話より

なぜか、善逸だけが鴉ではなく、雀になっていますよね(笑)

その理由は、

①雀の名前と性別が判明!善逸の女性大好きな性格と相性抜群
②雀の鳥言葉に秘密が隠されている
③他キャラより劣っている善逸だからこその雀

この3つです!

ちなみに、そもそも鎹鴉(かすがいからす)って何なのかについて説明します。

鬼殺隊は全国に散らばって活動しているので、他の隊員達と連絡を取る手段が必要です。
でも、炭治郎や善逸が生きているのは大正の時代なので、電話やメールは存在しません。

そこで登場するのが、鎹烏です。
鎹烏は伝書鳩のような役割ですが、手紙を運ぶのではなく、直接カラスが人語を話すことで任務を伝えています。

ではでは、その鎹鴉が、どうして善逸だけ雀なのか?
順番にお伝えします。

理由①雀の名前と性別が判明!善逸の女性大好きな性格と相性抜群

善逸は、何と言っても「無類の女性好き」ですよねw

出典:鬼滅の刃・漫画4巻33話より

炭治郎と田んぼ道で出逢った時も、初対面の女性に「俺と結婚してくれよ!」と泣いていましたもんね(笑)

ココで本題に戻りますと、善逸は雀の事を「チュン太郎」と呼んでいます!
そう名付けるからには、雀が男の子だと思ってるんですね・・・

でも実は、この雀のチュン太郎は女の子なのです!!!
性別はメス(女の子)なのに、善逸は男の子のような名前にしているんですね(笑)

つまり、善逸は大好きな女の子と一緒にいられるという事になります!
・・・雀だけど(笑)

雀は人間じゃないけど、同じ女の子なのは一緒です。
ここには、「大好きな女の子と一緒に居させてあげたい」という作者の想いがこめられているのではないでしょうか?

出典:鬼滅の刃・漫画3巻20話より

ちなみに、炭治郎にはチュン太郎が何を行っているのかが分かるようです!

女性に「結婚してくれ!」とせがむ善逸について、炭治郎が雀の言葉を訳すと・・・

「いや善逸がずっとそんなふうで仕事に行きたがらないし 女の子にすぐちょっかいを出す上にイビキもうるさくて困ってるって・・・」

とうように、雀は話しているようですね。

何これ、雀だけど、善逸の世話女房みたいですね(笑)

破天荒でヘタレでビビりな一面もある善逸だからこそ、チュン太郎という世話女房が必要なのでは?
というように、僕は感じました♪

理由②雀の鳥言葉に秘密が隠されている

花言葉があるように、実は鳥言葉もあるのです。

そして、雀の鳥言葉は「親孝行」です。
ん??善逸が親孝行・・・
なんだか、思いつく人物がいますよね??

出典:鬼滅の刃・漫画4巻33話より

そうです!
善逸の師匠である「じいちゃん」が浮かんできます。

出典:鬼滅の刃・漫画4巻33話より

じいちゃんは厳しくもありますが、誰よりも善逸を大切に想っている人でもあります。

出典:鬼滅の刃・漫画4巻34話より

じいちゃんは、親がいない善逸を守り育ててくれた、かけがえのない親そのものです。

「じいちゃんに成長した姿を見せたい!」
「じいちゃんから教わった事で人々の役に立ちたい!」

これってまさに、雀の鳥言葉である「親孝行」そのものですよね。

そう感じている善逸だからこそ、鳥言葉が「親孝行」の雀なのだと、僕は感じました。

涙無しでは見られない。善逸とじいちゃんの温かい感動物語はコチラ

→【鬼滅の刃】紅蓮華の2番は善逸(ぜんいつ)を表現していてLISAさんの想いが素敵!

スポンサーリンク

理由③他キャラより劣っている善逸だからこその雀

雀という鳥は、総称して「尻尾が短い鳥」と言われています。

参考までに、雀と鴉の尻尾の長さを比べてみましょう。

コチラが雀です。

コチラが鴉です。

うーん、確かに、鴉の方が少し尻尾が長いですよね!

雀は尻尾が短い・・・
これはある意味で、「周りの鳥と比べると劣っている」という事にもなります。

ん??
周りと比べて劣っている・・・

なんだか、善逸をイメージさせられますよね!

炭治郎など、他の鬼殺隊員は色々な型を使えるのに対して、善逸は雷の呼吸・壱の型しか使えないですよね。

それはつまり、技の種類で考えると、他の鬼殺隊員よりも劣っていると考える事もできます。

雀は、尻尾が短くて、他の鳥より劣っている。
善逸もまた、壱の型しか使えず、他の鬼殺隊員より劣っている。

これもまた、善逸と雀の共通点になります。

出典:鬼滅の刃・漫画3巻24話より

普段はこんなにヘタレでビビりな善逸だけど(笑)

出典:鬼滅の刃・漫画7巻60話より

でも、他の鬼殺隊員に劣っている部分はあっても、やる時にはやる男!!!
それが善逸なので、そのギャップが超かっこいいですよね♪

 雀の本名は「チュン太郎」ではなく「うこぎ」

善逸は雀の事を「チュン太郎」と呼んでいますが、実は雀の本名は違います。

雀の本来の名前は「うこぎ」です。
その由来は、うこぎご飯が好きだからというもの(うこぎとは植物の名前)。

「うこぎご飯」が好きだから、本当はうこぎという名前なのだそうです。
でも、当の飼い主である善逸は雀後を理解できないので、「チュン太郎」という名前で呼んでいます(笑)

また、雀なのに鎹烏(鎹雀)になっている理由は、実はチュン太郎も鬼に家族を殺されていて、自分では鬼を倒せないけど、少しでも役に立ちたいので鬼殺隊の伝令役を志願しているようです。

ちなみに、同僚にあたる鴉たちからは可愛がられているらしいです。
そうですよね、チュン太郎は女の子ですもんね。

善逸とチュン太郎のやり取りを見てると優しい気持ちになれる

善逸とチュン太郎のやり取りを見ていると、なんだか優しい気持ちになりませんか?

会社の仕事で疲れ果てた時とか、辛い時に、善逸とチュン太郎のやり取りを見るとほっこりするのは、僕だけじゃないハズです。

出典:鬼滅の刃・漫画4巻29話より

こんな風に、チュン太郎は一生懸命に話してるんだけど、鳥語が分からない善逸には通じないんですよね・・・
そして、怒りの突っ突き攻撃を繰り出したり(笑)

これってふざけたシーンのようにも見えますが、なんだかありのままの命の大切さを、僕は感じるんです。

だって、雀って、よく見るとめちゃくちゃ可愛いじゃないですか!
本当にもう、鬼滅の刃に登場する、このチュン太郎そのものですよ。

一生懸命に会社で仕事して、やっと迎えた土曜日の朝・・・
「チュン!チュンチュン!」という、僕の家に遊びに来た雀の鳴き声で目覚める瞬間・・・

「あー、幸せだ。」
「僕達のこんな身近に、ありのままの小さな命があるんだ。」
「きっとチュン太郎のように、僕に何かを伝えているんだな!」

というように、僕は雀の声を聴いています。

会社だと余裕が無くて、こういったありのままの命に気づかないかもしれない。
だけど、鬼滅の刃を楽しんでいると、こういった素敵で小さな命を感じる事ができる。

それもまた、鬼滅の刃の魅力だと、僕は感じています(^^♪

という事で、善逸とチュン太郎、笑いと感動を届けてくれてありがとう!

あなたも、ここまで読んでくれてありがとうございます!

また、お逢いしましょう!

タガメ王国の防人リョウより

→ 鬼滅の刃を超お得に読む!ブックライブの尖り過ぎなメリットを暴露!



読むと何だか優しい気持ちになる。 鬼滅の刃の全てはコチラにあります!
筋トレ初心者でも自宅でブロリーになる秘密の筋トレ5選はコチラ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする