【漫画・鬼滅の刃】2巻9話のネタバレ・感想!禰豆子のサラッと復活ぶりに爆笑必死(笑)

おいおい禰豆子ちゃん、サラッと完全復活しすぎじゃない!?(笑)
炭治郎兄ちゃん、かなり心配してたんだぞw

どうも、タガメ王国のヘタレ防人リョウです!

・「炭治郎の異形の鬼への優しさに感動する・・・」
・「最終選別に合格した炭治郎が向かう先は!?」
・「禰豆子はまだ眠ったままなの?」

あなたは今、このように感じていませんか?

スポンサーリンク

そこでこの記事では、漫画・鬼滅の刃9話「おかえり」のネタバレと感想をお伝えしています。

あなたがちょっとでも、鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです(#^^#)

前回:第8話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】2巻8話のネタバレ・感想!炭治郎のありのままの優しさに感動

鬼滅の刃2巻・第9話「おかえり」のあらすじ

第9話の内容をザックリまとめると、次の通りです。

・禰豆子ちゃんが元気に復活し過ぎで大爆笑(笑)
・炭治郎の日輪刀が完成するも色が残念!?
・鎹鴉より次の目的地は少女が消える町に決定!

最終選別を終えて、ヘトヘトになりながら鱗滝の家へ帰る炭治郎・・・

禰豆子は、まだ眠ったままなのか??

そう思いきや、盛大に扉を蹴っ飛ばして、元気な元気な禰豆子ちゃんの登場ですよ♪

うん、元気過ぎて、逆に大爆笑だね(笑)

また、炭治郎の日輪刀が完成したようです!
刀鍛冶の鋼鐵塚(はがねづか)が、一生懸命に刀を打ってくれました!

でも、刀身が黒いようで、あまり黒い刀は見た事がないようです・・・

なんだなんだ、黒い刀は不吉なのか!?w

そして、そこに炭治郎の鎹鴉がやって来て、次の目的地を教えてくれました!

次は、毎夜次々と、少女が消えているようです・・・
これはもう、鬼の仕業ですね!!!

次は、どんな鬼と戦うのでしょうか!?

禰豆子ちゃんが元気に復活し過ぎで大爆笑(笑)

炭治郎は、最終選別で疲れ果てているようです・・・
木の棒を杖のようにして、歩くのもやっとの状態ですね。

そりゃそうだよね、あんな異形の鬼と戦ったんだもんね!
凄く消耗しちゃうよね!!

そうして、なんとか鱗滝の家へ帰ってきた炭治郎。
禰豆子は、まだ眠ったままなのかな??

すると・・・

「ドガ」と、盛大に扉をキックでぶっ飛ばして、可愛い可愛い禰豆子ちゃんの登場です!!!

そうして、何事も無かったかのように、平然と家の外へ歩き出した禰豆子!

えーと、禰豆子ちゃんさ、あまりにも元気過ぎない?(笑)
いや、復活してくれたの嬉しいよ?

でもさ、想像以上に元気だからさ、ビックリしちゃうよね(笑)

炭治郎

あ―――っ
禰豆子ォ、お前っ・・・
起きたのかぁ!!

【出典:漫画・鬼滅の刃2巻9話より】

炭治郎は、ビックリしながらも、愛する妹の元気な姿を見て駆け寄ります。
禰豆子もまた、炭治郎へ駆け寄って、抱きしめ合うのでした・・・

炭治郎

わ―――っ
お前、何で急に寝るんだよォ
ずっと起きないでさぁ
死ぬかと思っただろうがぁ!!

【出典:漫画・鬼滅の刃2巻9話より】

涙を流しながら、ただただ妹が生きている事に感動する炭治郎は、とても優しいお兄ちゃんですね。

鱗滝左近次

よく生きて戻った!!!

【出典:漫画・鬼滅の刃2巻9話より】

鱗滝もまた、2人を抱きしめて、命ある事に感動して涙を流している・・・

こう見ると、炭治郎と禰豆子と鱗滝って、温かい家族そのものですね。
なんだか、見ていると気持ちが温かくなって、優しい気持ちになります。

炭治郎の日輪刀が完成するも色が残念!?

炭治郎が鱗滝の家に帰ってから、15日後・・・

すると、とある人物がやって来ました。

鋼鐵塚

俺は鋼鐵塚(はがねづか)という者だ
竈門炭治郎の刀を打った者だ

【出典:漫画・鬼滅の刃2巻9話より】

おおー!!!
炭治郎の日輪刀が完成したんですね!
一体、どんな刀なんだろう・・・

鋼鐵塚

日輪刀の原料である砂鉄と鉱石は、太陽に一番近い山でとれる

「猩々緋砂鉄(しょうじょうひさてつ)」
「猩々緋鉱石(しょうじょうひこうせき)」
陽の光を吸収する鉄だ

陽光山は、一年中陽が射している山だ
曇らないし雨も降らない

【出典:漫画・鬼滅の刃2巻9話より】

鋼鐵塚は、自分のペースで次々と話し出す!
とにかく、日輪刀が大好きな人のようですね!!

そうして顔を見せた鋼鐵塚ですが、なんとひょっとこのお面を被っています!
炭治郎も、これにはビックリ(笑)

一体、仮面の下の素顔はどんな感じなんだろう・・・

そうして、炭治郎の顔を見て、何かに気づいたようです!

鋼鐵塚

あぁ、お前、「赫灼の子」じゃねえか
こりゃあ縁起がいいなあ

【出典:漫画・鬼滅の刃2巻9話より】

炭治郎

いや俺は、炭十郎と葵枝の息子です

【出典:漫画・鬼滅の刃2巻9話より】

鋼鐵塚

そういう意味じゃねぇ

頭の毛と目ん玉が、赤みがかっているだろう
火仕事をする家は、そういう子が生まれると縁起がいいって喜ぶんだぜぇ

【出典:漫画・鬼滅の刃2巻9話より】

炭治郎は、そういう事だとは知らなかったようですね!

・・・というか、なんだこの、漫才しているような会話は(笑)
この、微妙に会話が噛み合わない感じが面白いですね!!

鋼鐵塚

こりゃあ、刀も赤くなるかもしれんぞ
なぁ鱗滝

【出典:漫画・鬼滅の刃2巻9話より】

スポンサーリンク

ん??
刀が赤いと、何か良い事でもあるのかな??

そうして、いよいよ炭治郎が、刀を鞘から抜きます!!!

鋼鐵塚

日輪刀は、別名「色変わりの刀」と言ってなぁ
持ち主によって色がかわるのさぁ

【出典:漫画・鬼滅の刃2巻9話より】

なるほど、そんな事があるとは!
日輪刀って面白いですね!!!

さてさて、炭治郎の刀の色は・・・

「黒」 ですね!

黒い刀を見て、鋼鐵塚も鱗滝も微妙な反応ですw

炭治郎

えっ、黒いとなんかよくないんですか
不吉ですか

【出典:漫画・鬼滅の刃2巻9話より】

そうだよね、炭治郎!
微妙な反応されたんじゃ、何か悪い事でもあるのかと思っちゃうよねw

鱗滝左近次

いや、そういうわけではないが・・・
あまり見ないな、漆黒は

【出典:漫画・鬼滅の刃2巻9話より】

あまり見ないって事は、逆に珍しくて良いってパターンもあるんじゃないかな?

そして、鋼鐵塚はガッカリしたようです・・・

鋼鐵塚

俺は鮮やかな赤い刀身が見れると思ったのに
クソ―――ッ

【出典:漫画・鬼滅の刃2巻9話より】

そうして、炭治郎へ怒りをぶつける鋼鐵塚(37歳)でした!
37年も生きてるのに、なんだか子供っぽい一面があって面白い人ですね(笑)

鎹鴉より次の目的地は少女が消える町に決定!

鋼鐵塚がギャーギャー怒っている時に、炭治郎の鎹鴉がやって来ました!
炭治郎へ伝える事があるようです!

鎹鴉

カァァ
竈門炭治郎ォ
北西ノ町ヘェ向カェェ!!

鬼狩リトシテノォ
最初ノ仕事デアル

心シテカカレェェ
北西ノ町デワァァ
少女ガ消エテイルゥ

毎夜毎夜
少女ガ
少女ガ

消エテイル!!!

【出典:漫画・鬼滅の刃2巻9話より】

おぉ!?
なんだなんだこの鴉、いきなり喋り出したぞ!!
かなり頭が良いのかな?(笑)

炭治郎も、喋る鎹鴉を見てビックリしてるけど、鬼狩りの仕事と聞いて気を引き締めてますね!

次は、少女が消えてしまう町へ向かう事になりました!

ここには、どんな鬼が待っているのでしょうか!?

・・・という事で、第10話もお楽しみに!

第10話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】2巻10話のネタバレ・感想!異能の鬼の血鬼術がチートすぎるw

【ヘタレの感想】禰豆子ちゃん、元気に復活しすぎ(笑)

ここまで、鬼滅の刃2巻・第9話のネタバレを、僕なりにお伝えしてきました。
最後に、僕の感想をお伝えします。

第9話を読んでみて感じたのは、

禰豆子ちゃん、いきなり元気に復活しすぎじゃない??(笑)

という事です。

鬼となってしまい、眠ったままの状態だった禰豆子ですが・・・

炭治郎が最終選抜を終えて帰ってみると、鱗滝の家の扉を豪快に蹴っ飛ばして・・・
何事も無かったかのように、テクテクテクと歩いているじゃないですか!!!

いやいやいや、禰豆子ちゃんは相変わらずキックが強いんだね!!
元気で何より何よりだよ、うん!

・・・じゃなくて、流石に元気すぎやしないですか??(笑)

だって、あれだけ眠っていて、だから炭治郎も心配しまくってたんですよ?

普通に起きて可愛らしく扉を開けて、ひょっこり出てくるなら分かります!

だけど、バーンと扉を豪快に蹴っ飛ばして、テクテクテクって・・・

一気に元気になりすぎじゃないですかー!!!
インパクトありすぎですよ、もう!
可愛いけどね!!!

という感じに、僕はツッコミたくなって爆笑していました(笑)

そんな第9話について動画でもお伝えしているので、よろしければご覧ください。

・・・という事で、第10話も、楽しんでいきましょう!!

第10話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】2巻10話のネタバレ・感想!異能の鬼の血鬼術がチートすぎるw

あなたがちょっとでも、鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです!!

それでは、ここまで読んでくれてありがとうございます!

また、お逢いしましょう!

タガメ王国のヘタレ防人リョウより

スポンサーリンク



読むと何だか優しい気持ちになる。 鬼滅の刃の全てはコチラにあります!
筋トレ初心者でも自宅でブロリーになる秘密の筋トレ5選はコチラ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする