【鬼滅の刃】煉獄千寿郎の日輪刀が色変わしない理由と素敵な想いに感動

煉獄千寿郎の才能を諦めない姿こそ、僕達が大切な事を学べるよ!!!

どうも、タガメ王国のヘタレ防人リョウです!

・「千寿郎の日輪刀は、何で色が変わらなかったの?」
・「千寿郎は剣士になれないの?」
・「千寿郎は、何をして生きて行くの!?」

あなたは今、このように感じていませんか?

スポンサーリンク

そこでこの記事では、

・煉獄千寿郎の日輪刀が色変わりしなかった理由
千寿郎の才能を諦めない姿こそ僕達が学ぶべき大切なモノが詰まってる

という事を、お伝えします。

あなたがちょっとでも、ありのままの自分で生きてくれたら、とても嬉しいです(#^^#)

千寿郎がどうして日輪刀を持っているのか?その理由はコチラ

→【鬼滅の刃】煉獄千寿郎はなぜ日輪刀を持ってるの?最終選別を突破してない!?

煉獄千寿郎の日輪刀が色変わりしなかった理由は超シンプル

千寿郎は、炭治郎へこんな風に伝えていましたよね??

煉獄千寿郎

兄には、「継子」がいませんでした

本当なら、私が継子となり
柱の控えとして、実績を積まなければならなかった

でも、私の日輪刀は、色が変わりませんでした

ある程度の剣術を身につけないと、日輪刀の色は変わらないのですが

どれだけ稽古をつけてもらっても、私は駄目だった

剣士になるのは、諦めます

【出典:漫画・鬼滅の刃8巻69話より】

鬼滅の刃:8巻69話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃・無限列車編】8巻69話のネタバレ・感想!千寿郎の誓いに感動の嵐!

そう言って、千寿郎は悔し涙を流していたんだよね・・・

これって、凄く残酷な現実を、必死で受け止めていたんだよね。

名門である煉獄家で生まれて、兄の杏寿郎は炎柱として大活躍。

だけど、その弟である自分は、日輪刀の色が変わらなかった。

日輪刀は「色変わりの刀」とも呼ばれて、使い手によって色が変わって特性も異なるけど、千寿郎の日輪刀は色変わりしなかったから、それが全てだと感じてしまったんだね。

・・・という事で、酷な話だけど、「千寿郎に剣士としての才能が無い」から、日輪刀は色変わりしませんでした。

自分の才能を決して諦めない千寿郎の姿に感動

鬼殺隊員になって、柱になる事はできない。
自分には、その道の才能が無い。

名門である煉獄家で生まれて、厳しい稽古を積んできたけど、兄・杏寿郎のようにはなれかった。

とても、悔しい・・・

でも、千寿郎は、「剣士としての才能」は諦めたけど。
「自分の才能」は諦めてないんだよね。

剣士としては無理だけど、別の道から、鬼殺隊を支えて行くって決めた。

煉獄千寿郎

それ以外の形で、人の役に立てることをします

炎柱の継承は経たれ、長い歴史に傷がつきますが

兄はきっと、許してくれる

【出典:漫画・鬼滅の刃8巻69話より】

鬼滅の刃:8巻69話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃・無限列車編】8巻69話のネタバレ・感想!千寿郎の誓いに感動の嵐!

これは、覚悟を決めた男の言葉だと、僕は感じました。
この名言、凄く凄く、共感して感動します。

だって、煉獄家に代々伝わってきた、炎の呼吸が終わっちゃうんだよ??

父・槇寿郎は柱を引退してるし、兄・杏寿郎は猗窩座との戦いで死亡しているしさ・・・・

ここで、「自分が継ぐしかない!」ってなる気持ちもあるのにさ・・・

それでも、思い切って、その道を捨てる事を選んで。

スポンサーリンク

そうして、「自分にできる事を精一杯やってみよう!!!」って、自分の才能を諦めないこの姿。

もう、めちゃくちゃカッコイイじゃんか!!!

・・・というのも、僕も千寿郎と似た経験をしているからなんです。

千寿郎から勇気をもらって好きな事を続けようって感じた

僕は、このタガメ王国(ブログ)を始めたのが、「好きな事を仕事にして生きたい」という想いからスタートしてて。

でも、こうやって大好きな鬼滅の刃について記事を書き続けて、何度も諦めそうになってね。

「僕が書いた記事、本当に読んでもらえるかな?」
「このタガメ王国を、楽しんでもらえるかな?」

って気持ちがずっとあって、物凄く不安があって・・・

だけど、記事を書いていくにつれて、千寿郎と出逢って。

「僕も、僕の才能を諦めないで、やってみよう!!!」って、諦めない気持ちが芽生えました。

鬼滅の刃、大好きだから。
好きな事、やって生きたいから。

・・・というか、好きな事を仕事にしなかったら、僕は死んでるのと一緒じゃんか!!!

もうね、会社の仕事は、僕には合わないのね・・・

今まで、色々な仕事を経験してきて。

スーパーの店員もやって、コンビニの店員もやって、飲食店の経理もやって、工場の作業員もやって、大手企業の事務もやって。

そうなんだ、どの仕事も、長続きしなかったんだよね(笑)

会社の人間関係で疲れ果てて、鬱病になった経験もある。

だから、会社で仕事するのとは、違う人生を生きようってなりました。

僕が、心の底から、大好きな事をやってみる。
鬼滅の刃の温かさ・楽しさ・純粋な想いを、伝え続ける。

最初はね、「うわー、自分に才能ないわ。こりゃ無理だな。」って感じてました。

でも、記事を書いていくと、小さな小さな成功を体験できた。

僕が書いた記事を、読んでくれる!
素敵な、あなたがいるじゃんか!!!

今ここに、タガメ王国があるのは、あなたのおかげです。

そして、才能を諦めないきっかけをくれた、千寿郎のおかげでもあります。

僕の才能は、まだまだ磨いている途中です。
磨いてナンボの才能、自分から諦めるのは勿体ない。

好きな事を続けていけば、必ず才能が生まれる時が来るって信じて・・・

千寿郎の言葉を胸に、僕も自分の道を生きて行くって決めました。

あなたは、どうですか??

あなたにしかない才能、絶対にあります!!!

諦めちゃうのは、本当に勿体ないですよ。

諦めそうになった時こそ、この記事を思い出してください。
千寿郎の、優しくて強い言葉を、思い出してください。

・・・できたら、ヘタレ防人も思い出してね(笑)

僕もあなたも、千寿郎のように、「自分の才能を諦めない」で!
お互い、人生楽しみましょう!!!

あなたがちょっとでも、鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです!!

それでは、ここまで読んでくれてありがとうございます!

また、お逢いしましょう!

タガメ王国のヘタレ防人リョウより

スポンサーリンク



読むと何だか優しい気持ちになる。 鬼滅の刃の全てはコチラにあります!
筋トレ初心者でも自宅でブロリーになる秘密の筋トレ5選はコチラ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする