【鬼滅の刃】甘露寺蜜璃の誕生日&誕生花にある伊黒への恋に涙がノンストップ。

おばみつの愛は永遠だね・・・

 

どうも、タガメ王国のヘタレ防人リョウです!

 

・甘露寺の誕生日にこんな意味があるって知ってた?
・誕生花には純粋な恋が込められるよ!
・伊黒と甘露寺って本当に愛おしいね。

 

スポンサーリンク

 

この記事では、

「甘露寺蜜璃の誕生日&誕生花に秘められた、伊黒への純粋な恋」

について、お伝えします。

 

あなたがちょっとでも、鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです(#^^#)

 

各登場人物の誕生花に隠れた涙腺崩壊エピソードはコチラ

→【鬼滅の刃】登場人物の誕生日&誕生花一覧!花言葉の意味に隠された裏設定とは?

 

 

甘露寺蜜璃の誕生日6月1日には伊黒への恋が込められている

甘露寺の誕生日は、6月1日だよね。

 

この、「6月1日」には、まさに甘露寺らしい想いがギュッと詰まってるよ!

 

それは、誕生花を観れば分かるハズ。

 

6月1日の誕生花は・・・

 

「アスチルベ」

 

って花なんだけどね。

 

 

この、アスチルベの花言葉が、まさに甘露寺らしい意味で、僕は凄く感動しました。

 

誕生花「アスチルベ」の花言葉がまさに甘露寺らしくて素敵!

アスチルベは、「凄く小さな花が集まって咲いて、ふんわりと優しい花」で、夏に開花するんだね。

 

アスチルベは、こんな風に綺麗なピンク色の花を咲かせるんだけど・・・

 

この色ってもう、甘露寺の髪の毛とソックリな色だよね!!!

 

そんなアスチルベの花言葉は、「自由」・「恋の訪れ」って意味が込められてるんだけど!

 

これってまさに、甘露寺の人生そのもじゃんか!!!

 

・・・という事で、じゃあ甘露寺の人生はどんな感じだったのか?

 

それはもう、この人と結ばれる人生って決まってるんだよね!

 

甘露寺は鬼殺隊に入って「自由」に生きるようになった

甘露寺は鬼殺隊に入るまで、ありのままに生きられなかったんだよね・・・

 

でも、鬼殺隊に入って「自由」に生きるようになったんだ!!!

 

17歳の時に、こんな風にお見合いを断られちゃってさ。

 

お見合い相手の男

君と結婚できるのなんて、熊か猪か牛くらいでしょう
そのおかしな頭の色も、子供に遺伝したらと思うとゾッとします

 

【出典:漫画・鬼滅の刃14巻123話より】

 

ピンクの髪の毛が嫌だって言われてショックだったんだね。

 

または、甘露寺は常人の8倍の筋力を持ってるから、物凄く力が強くてね。
しかも、相撲取り3人よりも大食いで、めちゃくちゃ食べるのね。

 

・・・そう、コレがありのままの甘露寺なんだよね!

 

でも、こんな自分じゃダメでお見合いが破談するからって、無理やり封印してさ・・・

 

髪を黒く染めて、意識が朦朧とするまで食べ物を我慢して、たくさん嘘ついて力も弱いフリして生きた。

 

そうすると、そんな甘露寺と結婚したいって男が来たんだわ。

 

でも、甘露寺はココで葛藤する訳さ・・・

 

甘露寺蜜璃

いっぱい食べるのも力が強いのも、髪の毛も全部私なのに
私は、私じゃない振りをするの?

 

私が私のままできること、人の役に立てることあるんじゃないかな?

 

私のままの私が居られる場所って、この世にないの?
私のこと大好きになってくれる人はいないの?

 

こんなのおかしいよ
おかしい・・・

 

【出典:漫画・鬼滅の刃14巻123話より】

 

でも、そんな甘露寺は鬼殺隊に入って人生が楽しくなったんだよね!

 

お館様に優しく伝えてもらってね、もう本当に感動してたんだわ。

 

スポンサーリンク

 

お館様

素晴らしい
君は、神様から特別に愛された人なんだよ、蜜璃
自分の強さを誇りなさい

 

君を悪く言う人は皆、君の才能を恐れ
羨ましがってるだけなんだよ

 

甘露寺蜜璃

ありがとうございますう

 

【出典:漫画・鬼滅の刃14巻124話より】

 

そして、自分を生んでくれた両親に感謝してさ。

 

鬼殺隊に入った甘露寺は、髪はピンク色・力が物凄く強い・たくさん食べるっていう、ありのままの自分で生きるようになったんだよね!

 

そうやって自由に生きてると、鬼から人を守られるようになって、涙を流してお礼を言ってもらえるようにもなった。

 

コレってまさに、アスチルベの花言葉である「自由」に繋がる人生だと思うわ!

 

伊黒という「恋の訪れ」と出逢って綺麗な花を咲かせた

また、もう1つのアスチルベの花言葉は「恋の訪れ」だね!

 

コレはもう、この人・・・

 

甘露寺は、伊黒と出逢って恋が結ばれる為に生まれてきたんだよ。

 

甘露寺は伊黒に恋をして、伊黒も甘露寺に恋をして・・・

 

でも2人は、無惨に殺されちゃうんだよね。

 

それでも2人は、永遠に愛したいってお互いに想ってたんだ。

 

甘露寺蜜璃

わああん、嬉しいよぉ
わたしっ・・・・
私、伊黒さんが好き

 

伊黒さんと食べるご飯が一番美味しいの
だって伊黒さん、すごく優しい目で私のこと見ててくれるんだもん

 

伊黒さん、伊黒さん
お願い

 

生まれ変わったら
また人間に生まれ変われたら

 

私のこと、お嫁さんにしてくれる?

 

【出典:漫画・鬼滅の刃23巻200話より】

 

こうして甘露寺が最期に、伊黒へ告白すると・・・

 

伊黒もまた、素敵な答えをくれたんだよね!

 

伊黒の答えは、もちろん決まっているからね。

 

伊黒小芭内

勿論だ、君が俺でいいと言ってくれるなら
絶対に君を幸せにする
今度こそ死なせない、必ず守る

 

【出典:漫画・鬼滅の刃23巻200話より】

 

そして、この約束は、最終話で見事に果たされる事になってね。

 

伊黒と甘露寺の生まれ変わりが、仲良く愛情たっぷりに定食屋さんをやってるじゃんか!!!

 

その定食屋さんは、伊黒そっくりで目が怖い店主と、甘露寺そっくりの優しい店員がいてね!
しかも、超大盛りで有名なんだ(笑)

 

→伊黒と甘露寺の生まれ変わった恋はコチラで伝えてます!

 

・・・そう、甘露寺と伊黒の恋は実ったんだね。

 

つまり、甘露寺には伊黒という「恋の訪れ」があって、それは2人が死んでも生まれ変わって実ったんだよね。

 

そうして、甘露寺は伊黒と一緒に綺麗な「恋」という花を咲かせたんだ。

 

コレってまさに、アスチルベの花言葉「恋の訪れ」を意味してるってハッキリ分かるよね!

 

ワニ先生の描き方にビックリ仰天だわ!!!

以上、甘露寺の誕生日&誕生花についてお伝えしたけどさ。

 

もうね・・・

 

ワニ先生ってこんな事まで見通して誕生日と誕生花を決めたんかいな!!!

 

って感じて、やっぱりワニ先生凄いわってなったわ。

 

甘露寺の誕生日が6月1日で、その日の誕生花は「アスチルベ」で、アスチルベの花言葉が「自由」・「恋の訪れ」ってさ!

 

もうコレは完全に、甘露寺の人生そのものじゃんか!
こういった細かい部分まで考えて、原作を描いたワニ先生って凄くない!?

 

一体どこまで考えてストーリーを考えてたんだろう??
めちゃくちゃ気になるから、インタビューしたいわ!

 

しかも、伊黒の誕生日&誕生花にも、甘露寺への恋が込められているからね!!!

 

→伊黒の誕生日&誕生花の秘密はコチラで伝えてます!

 

または、他のみんなの誕生日&誕生花にも、ちゃんと意味があるからね・・・

 

そう考えると、ワニ先生の描き方って深く考える部分もあって面白いんだよね!

 

僕も、こうして記事を書いてて楽しいわ!!

 

ちなみに、甘露寺とアスチルベがセットになっているキーホルダーが売られていますよ!

 

・・・という事で、ここまで読んでくれてありがとうございます!

 

あなたがちょっとでも、鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです!!

 

それでは、また、お逢いしましょう!

 

タガメ王国のヘタレ防人リョウより

 

各登場人物の誕生花に隠れた涙腺崩壊エピソードはコチラ

→【鬼滅の刃】登場人物の誕生日&誕生花一覧!花言葉の意味に隠された裏設定とは?

 

スポンサーリンク



読むと何だか優しい気持ちになる。 鬼滅の刃の全てはコチラにあります!
筋トレ初心者でも自宅でブロリーになる秘密の筋トレ5選はコチラ!