【漫画・鬼滅の刃・無限列車編】8巻のネタバレ・感想・あらすじ!煉獄の最期に号泣!

【漫画・鬼滅の刃・無限列車編】8巻のネタバレ・感想・あらすじ!煉獄の最期に号泣!

8巻の内容は、とにかく煉獄・煉獄・煉獄に感動する!!!
あまりにも強く、そして優しい生き様から、僕達が思い出す事とは?

どうも、タガメ王国の防人リョウです!

・「煉獄が面白すぎる(笑)」
・「無限列車編の主役は煉獄だ!!!」
・「煉獄はどんな強さを秘めているの?」

あなたは今、このように感じていませんか?

スポンサーリンク

そこでこの記事では、漫画・鬼滅の刃8巻のネタバレ・感想・あらすじをお伝えしています。

あなたがちょっとでも、鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです!

鬼滅の刃が大人気の理由はコチラ

→鬼滅の刃が超人気なのはなぜ?大ヒットした7つの理由が衝撃過ぎた

鬼滅の刃全巻のネタバレ・感想・あらすじはコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】これで丸わかり!ネタバレ記事特集

鬼滅の刃・漫画8巻の話数は62~70で構成されている

鬼滅の刃の漫画8巻は、全9話で構成されています。

第62話:「悪夢に終わる」
第63話:「猗窩座」
第64話:「上弦の力・柱の力」
第65話:「誰の勝ちか
第66話:「聡明に散る」
第67話:「さがしもの」
第68話:「使い手」
第69話:「前へ進もう少しずつで構わないから」
第70話:「人攫い」

それでは、順番にネタバレをお伝えしていきますので、楽しんでくれると嬉しいです!

第62話「悪夢に終わる」は伊之助、お前はあっさりと運転手を見殺すんだな(笑)

第62話を読んでみて感じたのは、

伊之助ー、運転手をあっさりと見殺そうとするなよ(笑)
炭治郎がいなかったら、間違いなく見殺しだっただろ?w

という事です。

炭治郎の腹を刺したのは、魘夢に利用された運転手でしたよね!

でも、その運転手は、汽車と地面の間に足を挟めてしまって、危険な状態でした・・・

そんな運転手について、炭治郎が伊之助に聞いてみると、衝撃的な回答が返ってきましたね!w

伊之助は、「アイツ、死んでいいと思う」と、あっさりと見殺しにしたいようです(笑)

伊之助からしたら、炭治郎の腹を刺した運転手が許せなかったんでしょう。

でもね、炭治郎は命に別状は無さそうだったじゃんか、伊之助!

気持ちは分かるよ、伊之助!
でも、炭治郎が助けてくれって言ってるんだからさ、簡単に見殺しにするなー!!!(笑)

もうお前、本当にサラッと、「アイツ、死んでいいと思う」ってぶっちゃけたよね?w
猪突猛進なのは行動だけじゃなくて、言葉でも出るんかい(笑)

・・・なんて、僕はツッコミを入れました!(笑)

そして、炭治郎と煉獄の前に振ってきたのは、何だったのでしょうか?

「ドオン」とかなりの衝撃音がしていましたが、とんでもなく強い鬼だったら・・・

ここはもう、煉獄に何とかしてもらうしかないかもしれませんね!

そのようにヘタレ男が感じた第62話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃・無限列車編】8巻62話のネタバレ・感想!炭治郎が助かるも強敵登場!?

第63話「猗窩座」は煉獄の命への温かさに感動して僕のおじいちゃんを思い出す

煉獄もまた、優しい心の持ち主じゃないか。
人の命の尊さを伝えるその姿に、僕のおじいちゃんの優しさを思い出すよ。

という事です。

煉獄が戦っているのは、上弦の参・猗窩座です!
上弦の参という事は、上弦の中で上から3番目に強い鬼ですよね!
つまり、怪物的な強さを持っていると言えます・・・

そんな猗窩座に、「人間だと限界があるから、鬼になって、もっと強くなろう」と誘いを受ける煉獄ですが。

「鬼にならない」と、ハッキリ断る煉獄の姿に、真っ直ぐな信念を強く感じました。

俺は、人間を大切に想って生きてるんだ。
人間は、必ず老いるし死ぬからこそ、みんなの命が大切で尊いんだ。

そんな1人1人の人間を守る為に、俺は柱になって、今ここに居る。
絶対に、鬼にはならないよ。

お前を倒して、炭治郎達も乗客も守り抜く。

煉獄は、人間を大切に、1つ1つの命も大切にしているのが伝わってきますよね。

煉獄を最初に見た時、「何だ、このぶっ飛んだ奴は!」って感じたのですが・・・
実は、とても純粋で優しい心を持っていたんですね。

そんな素敵な想いを持つ煉獄を見ていると、僕の亡くなった優しいおじいちゃんを思い出すんです。

僕のおじいちゃんもまた、1つ1つの命を大切にして生きていました。
本当に残念ですが、今は亡くなってしまっていますが・・・

おじいちゃんは、畑で野菜や果物を育てて、それを大切に僕の家へ届けてくれたり。
僕や家族、従兄弟達の事を、ずっと優しく見守ってくれました。

いつもいつも、自分よりも僕達の事を考えてくれた。
どんな時も、優しい笑顔でいてくれた。

煉獄のようにインパクトある人じゃなかったけど、「1つ1つの命を大切にしている」のは全く一緒です。

だから、煉獄の純粋な想いで戦う姿に、おじいちゃんを思い出していたんです。

そういう事もあり、煉獄をめちゃくちゃ応援したくなります!!!

きっと、猗窩座はかなり強いハズ・・・

でも、純粋な想いがある煉獄なら、きっと勝てる!
頑張れ、煉獄!!!
炭治郎達を守ってくれ!

そのようにヘタレ男が感じた第63話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃・無限列車編】8巻63話のネタバレ・感想!まさかの強敵登場で全滅!?

第64話「上弦の力・柱の力」は煉獄の母の言葉に僕達こそ優しくなろうと感じた

第64話を読んでみて感じたのは、

煉獄の母の言葉は、僕達に向けられたメッセージだ。
ちょっとずつ優しく強くなれば、辛い人も笑顔を取り戻すはず。

という事です。

猗窩座によって深いダメージを受けた煉獄は、あまり力が残ってないように見えます。

左目は潰れて、肋骨が折れて、内臓も傷ついて、みぞおちを猗窩座の腕が貫通している・・・

そんな状態でも、煉獄は決して諦めない。

それは、母との「誓い」があったからなんですね。

この、煉獄の母が伝えているメッセージこそ、今こそ僕達が感じる事ではないでしょうか?

「弱い人を守ってほしい」
「強く成長したら、その強さを誇示するのではなく、人々の為に使ってほしい」

このメッセージは、僕も色々と考える事があるんですよね。

今、僕達が生きている世界は資本主義ですよね。
お金をたくさん稼いだり、たくさん使う人が、注目される。
そういった見方もできる時代とも言えます。

でも、そんな時代だからこそ、お金にだけ集中しない事が大切だと感じるんです。

僕は、会社から独立して、こうしてブログやyoutubeを始めたのですが。
それは決して、お金だけの為じゃありません。

「お金を稼ぐ」という事は、「あなたのような素敵な人に喜んでもらった結果」だからです。

綺麗事だと言われるかもしれませんが、それが僕の素直な想いです。

このブログを楽しんでくれた読者がいるから、動画を楽しんでくれた視聴者がいるから、僕がいるんです。

だから、いくらお金をたくさん稼げても、あなたのような素敵な人の笑顔が消えてしまったら、僕は全く嬉しくないんです

もちろん、世の中には、僕よりもずっとずっとお金を稼いで、そして大きく大きくお金を使って動かしている人達もいます。

そういった人達を、否定するつもりはないです。
その人達だって、努力を続けて結果を出しているのですから、カッコイイですし尊敬しますよ。

僕には無い影響力を持っていたり、僕とは違う才能を持っていたり、お金持ちの人それぞれの存在があるからこそ、この資本主義が成立しているとも言えます。

だから、お金持ちを尊敬します。

でも、僕は、必ずしもそうなる必要は無い感じています。

僕は、僕のブログや動画を楽しんてくれる人に、笑顔になってもらいたい。
お金を稼ぐのは、その結果論だから、目先のお金よりも笑顔になってほしい。

色々と大量な情報が出回って、落ち込む気持ちにもなってしまう世界だから・・・
僕の世界に来てくれたあなたには、笑顔を届けたい。

・・・それが、煉獄の母からの僕達へのメッセージだと思います!

これから僕は、力をつけて行きますし、お金も稼いでいきます。
でも、人々の笑顔は忘れずに、僕自身も楽しむ事も忘れません!

そんな風に気づかせてくれた、鬼滅の刃という素敵な作品に、感謝しています!!!

さてさて、ちょっと話が横にそれてしまったかもしれませんが・・・

煉獄と猗窩座は、どちらが勝つのか??

僕としては、母との誓いで覚醒した煉獄に勝ってほしいのですが、勝ったとしても死んでしまいそうなので・・・

そうなってしまったら、とても悲しいです・・・

頼む、ワニ先生、煉獄には生きてもらって、炭治郎達を導いてくれ!!

そのようにヘタレ男が感じた第64話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃・無限列車編】8巻64話のネタバレ・感想!煉獄よ死ぬな!生きろ!!

第65話「誰の勝ちか」は煉獄の生き様に勇気をもらえて感動する

第65話を読んでみて感じたのは、

煉獄は、母の言葉通りに人々を守った・・・
その優しい強さこそ、僕が求めるべき強さにもなる。

という事です。

煉獄は、母と誓った通りに、人々を守り抜きました。

相手が、上弦の参・猗窩座であっても、決して最後まで諦めない・・・

どんなに相手が強くても、弱い人々を守り抜く。
それが、煉獄杏寿郎という男なのですね。

俺は、俺の責務を全うする!!
ここにいる者は、誰も死なせない!!

この言葉は、まさに煉獄の強くて優しい信念でした・・・

煉獄はきっと、ここで死んでしまうのでしょう・・・
深刻なダメージを受けていますし、炭治郎へ「最後に話をしよう」と伝えてますからね・・・

そんな煉獄の生き様に、僕はとても感動しています。

真っ直ぐに、信念は曲げない。
どんな困難があろうとも、立ち向かっていく。

そして、人々を守る為に、自分の才能を使う。

それこそが、煉獄という1人の男として人間として、伝わってきた事です。

僕は、まだまだちっぽけなヘタレ男ですが、ヘタレ男なりに信念を曲げずに生きます。

僕のブログや動画を楽しんでくれる人に、笑顔になってほしい。
その為に、こうして好きな事を伝える事ができたら、僕も嬉しいです。

僕も強くなりたいです、心身共に。
でも、強くなってそれを誇示するよりも、煉獄のように優しい強さでいたいです。

僕って、強い自分を表現したいって、物凄く感じるんです。
「ほら見ろよ、こんなに凄いんだぜ?見てくれよ!」って感じで(笑)

でもそれは、一時的な高揚感で終わってしまい、その時だけのエネルギーになっているんです。

だから、僕が強くなっていったら、それをみんなの為に使って生きたいです。

まだまだ影響力も無くて、伝える事が広まらないけど、信念を曲げずに人生を楽しみます!

鬼滅の刃って、このように突然、死んでしまうシーンがあるので。
かなりビックリしてしまいますよねw

煉獄には生きてほしいけど、それは叶わない。
だけど、煉獄の信念は、僕達が受け継ぐ事ができます!

僕達らしく、煉獄の純粋な信念から感じた事を大切に、生きて行きましょう。

そのようにヘタレ男が感じた第65話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃・無限列車編】8巻65話のネタバレ・感想!煉獄VS猗窩座のラストが衝撃!

スポンサーリンク

第66話「聡明に散る」は煉獄の言葉を胸に泥臭く頑張ってみよう

第66話を読んでみて感じたのは、

煉獄の言葉を胸に、僕も泥臭く努力を続けて行こう。
そして、大切な人の為でもある人生を生きよう。

という事です。

煉獄は、最期の最期まで、優しい強さを見せてくれました。

自分がどれだけ弱かろうと、挫けずに前を向いてほしい。
そうすれば、未来は輝く。

こんな風に、僕は煉獄からの言葉を感じました。

僕は超ヘタレ男なので、すぐ弱気になるばかりなんです(笑)

こうやってブログ記事を書いていても、「こんな記事、本当にあなたに楽しんでもらえるかな?笑顔になってもらえるかな?」って不安になります。

動画を撮っていても、「こんな動画、視聴者に喜んで観てもらえるかな?」って気持ちになります。

これが、素直な僕なんです。
だから、超ヘタレ男です。

気持ちがあまり強くないので、何度も何度も挫けそうになります・・・

でも、煉獄の言葉に、物凄く勇気をもらいました。

煉獄の最期の言葉に泣き崩れる、炭治郎に感情移入もしました。

この煉獄の生き様を忘れない為にも、僕なりに努力を続けよう。
例えそれがちっぽけな事でも、諦めずにやってみよう。
そうすればきっと、僕のファンも楽しんでくれる。

そう感じて、この記事も書きました。

あー、もー、ダメですね・・・

こんなにかっこよくて、優しくて強い人が、こんなに早く死んでしまうなんて。
僕は、なかなか受け入れる事ができません。

ワニ先生、あなたは本当にズルいですよ(笑)
こんなのもう、涙腺崩壊する以外、何もないじゃないですか。

できるなら、また煉獄の姿を見たいです。
きっとこれから、天国から炭治郎を応援するシーンとか、あるんじゃないかな。
というか、あってほしい!!!

そして、かまぼこ隊の3人の成長を楽しみながら、僕自身も優しく強く成長して生きます!

そのようにヘタレ男が感じた第66話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃・無限列車編】8巻66話のネタバレ・感想!煉獄の最期に涙腺崩壊!

第67話「さがしもの」は青い彼岸花って一体何なの??

第67話を読んでみて感じたのは、

無惨が求めている「青い彼岸花」って何?
なぜ、無惨はそれを求めてるんだろう?

という事です。

無惨は猗窩座へ、青い彼岸花を探してくるように命令していましたね!

そこで、そもそもこの青い彼岸花とは、何なんでしょうか?
何か、物語の鍵になる感じがするんですよね・・・

無惨にとって、もっと言うと鬼にとって、青い彼岸花を手に入れるとメリットがあるんでしょうね!

そこで、僕なりに無惨達のそのメリットを考察しました!

恐らくは、青い彼岸花を手に入れる事で、鬼の弱点を克服できるんじゃないかと思います!!!

それはつまり、「太陽を克服できる」という事になるのかなと!
そうすれば、鬼は昼間でも外へ出られますからね!!

・・・というように、考察してみました!

もし、これが本当なら、無惨は今すぐに青い彼岸花が欲しいですよね!

鬼としての決定的な弱点である、太陽が克服できれば・・・
より生きやすくなりますし、鬼殺隊との戦いも、かなり楽になりますよね!

鬼がもし、昼間も普通に活動できるのなら・・・
人間からしたら、もう怖さしか無いですよねw

昼間は安全じゃなくなるので、普通の生活が送れなくなってしまいます!

それはつまり、「青い彼岸花を手に入れる事で、より鬼が生きやすく、反対に人間は生き辛くなる」という事です!

・・・だとしたら尚更、鬼殺隊は無惨より先に、青い彼岸花を見つけて対応する必要がありますね!

などなど、色々と考える事ができるのも、この鬼滅の刃の面白さですよね!

そのようにヘタレ男が感じた第67話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃・無限列車編】8巻67話のネタバレ・感想!無惨の姿に驚愕!!

第68話「使い手」は炭治郎の糞爺頭突きが面白い(笑)

第68話を読んでみて感じたのは、

炭治郎、やはりお前の頭突きは最強だよ(笑)
元・柱に対しても、効果抜群じゃないか!!!

という事です。

炭治郎の事を日の呼吸を使う剣士だと悟った煉獄の父は、怒り狂って攻撃してきましたねw

炭治郎が何を言おうが、お構いなしです!

しかも、煉獄の父は、元・炎柱だと言うじゃないですか・・・

・・・え?こんなに拳をぶん回すしか能がない人が、炎柱やってたの??(笑)

って、僕は感じもしましたw

そんな人が、「杏寿郎は才能が無い」などと、よく言えたものだと思います!

ここだけの戦闘シーンを見るに、明らかに父よりも杏寿郎の方が、強そうに見えますw

そんなこんなで、炭治郎を攻撃しまくる煉獄の父ですが、我慢強い炭治郎もさすがにブチギレましたね!

「糞爺」とまでハッキリと言った後に、大得意の頭突きを炸裂ですよ!!!
「糞爺頭突き」の炸裂炸裂です(笑)

元柱すらも黙らせる、この炭治郎の頭突きの強さ、めちゃくちゃ面白いですよね(笑)

本当にもう、時の流れと共に、炭治郎の石頭もドンドン硬くなっているのでしょう!!

もしかしたら、日輪刀よりも石頭を使った攻撃の方が強いかもしれないですねw

・・・なんて事を想像して、ヘタレ男は爆笑していました(笑)

たまには、こういうシーンがあるのも楽しいですね!

のようにヘタレ男が感じた第68話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃・無限列車編】8巻68話のネタバレ・感想!煉獄父に炭治郎の石頭が炸裂!

第69話「前へ進もう少しずつで構わないから」は千寿郎の素敵な想いに感動し背中を押された

第69話を読んでみて感じたのは、

千寿郎は、自分なりの才能を発見しようとしてるんだ。
この純粋な想いこそ、今の僕達が大切にしていく事じゃないか!

という事です。

兄の杏寿郎は、鬼殺隊の剣士として、圧倒的な才能を持っていました。

だから、猗窩座を後一歩の所まで追い詰めましたし、その生き様から炭治郎達も強い影響を受けていますよね。

でも、その一方で、弟の千寿郎は・・・
剣士としての才能は、全く無かったんですね。

千寿郎がいくら努力しても、剣士として強くなることはできなかった。
だから、とても悔しい思いをしています。

でも、千寿郎は、そこで自分を諦めませんでした。

剣士としてダメなら、別の道を生きよう。
自分には、別の才能・可能性があるって信じてみよう。

この千寿郎の素敵な想いは、僕達の人生にこそ、めちゃくちゃ大切な事なんじゃないかと感じるんですよね。

というのも、僕自身、色々な事に挑戦してきた人生を生きてきたからです。

会社で仕事していた時は、工場の仕事から事務の仕事、スーパーでの仕事など、色々と経験してきました。

でも、どの職種でも出世するのが難しくて、僕が輝けないと感じました。

僕なりに努力をしてみたけど、この道じゃ僕は本当の意味で生きられない・・・

そう感じたからこそ、ブログやyoutubeを始めてみて、そこに凄く自分の可能性を感じました。

会社で輝くのが無理なら、独立して生きればいいじゃないか。
失敗も成功も、僕自身が色々と経験できて、その方が人生を楽しめる!

・・・というように、僕の想いは生まれてきたんです。

だから、千寿郎を見ていると、そういった僕自身と重ね合わさる部分があって、凄く共感して感動します!!

自分らしく生きる道を、楽しめばいいじゃないか!
人生は色々あるけど、自分の道は自分で決めよう!

そんな風に、前向きに感じる事ができます。

あなたにもきっと、この千寿郎の素敵な想いが、伝わっていると信じています。

だから、僕達らしく、お互い人生を楽しみましょう!!!

のようにヘタレ男が感じた第69話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃・無限列車編】8巻69話のネタバレ・感想!千寿郎の誓いに感動の嵐!

第70話「人攫い」は炭治郎と宇随の会話が地味に爆笑(笑)

第70話を読んでみて感じたのは、

炭治郎と宇随、お前らは漫才コンビなのか!?
地味に爆笑する会話内容だぞ(笑)

という事です。

アオイを連れて行く宇随を、必死に止める炭治郎ですが・・・

柱である宇随に物怖じせずに、ドンドン話しかける姿が面白いですよねw

普通なら、柱にビビッて話しかける事さえできないかなと思います!

・・・はい、僕なら絶対そうなります、ヘタレ男なので(笑)

でも、炭治郎はハッキリと話していて、でもその会話内容が面白いんですよねw

炭治郎

お前を、柱とは認めない!!
むん!!

宇髄天元

むんじゃねーよ!!
お前が認めないから、何なんだよ!?

こんの下っぱが!!
脳味噌爆発してんのか!!

・・・この会話、地味に爆笑しませんか?w

「脳味噌爆発してんのか!!」って、これはある意味では、炭治郎の脳味噌がそうなっているかもですよね(笑)

だって、柱にこの口の聞き方ができるのは、炭治郎くらいですもんね!
いや、伊之助もこんな感じになるのかもしれないですね!

いずれにしても、この炭治郎と宇随の会話は、漫才コンビです!!!
鬼滅の刃にお笑い芸人がいるとしたら、このコンビはかなり人気が出そうですね(笑)

・・・なんて、僕は想像して、爆笑してました(笑)

そして、かまぼこ隊の3人は、宇随と一緒に遊郭へ任務い行く事になりますが!
ここには、上弦の鬼が待ち受けているのでしょうか!?

きっと、宇随が柱としての強さを見せてくれると思うので、そういった事も期待ですね!!

のようにヘタレ男が感じた第70話のネタバレ・感想はコチラ

→【漫画・鬼滅の刃】8巻70話のネタバレ・感想!宇髄天元の女好きが暴走!?

ヘタレ男の第8巻の感想は煉獄の想いに感動し背中を押された

ここまで、第8巻のネタバレを僕なりにお伝えしてきましたが。
最後に、僕の感想をお伝えします。

この第8巻は、「獄の強く優しい思いこそ、僕が求めるべき強さだ」という事を、物凄く感じました。

煉獄は、上弦の参・猗窩座の圧倒的な力の前に、大ダメージを受けてしまいますが・・・

左目は潰れ、肋骨は折れ、内臓は傷つき、そういった状態でも、「お前も鬼にならないか?」という猗窩座の誘いをハッキリ断っていました。

猗窩座は、「人間である以上、老いる・死ぬで、強くはなれない」と言いますが、煉獄は違うのでした。

「老いる事も、死ぬ事も、人間という儚い生き物の美しさだ」
「老いるからこそ、死ぬからこそ、堪らなく愛おしく尊いのだ」

「俺は、いかなる理由があろうとも、鬼ならない」

・・・こうして煉獄は、人間である事に誇りを持ち、弱き人々の為に猗窩座へ立ち向かうのでした。

でも、助からないダメージを受けてしまい、死ぬのは確定な状態に・・・

そんな中、最期まで信念を曲げずに、死んだ母の言葉を胸に、強く優しい姿を見せてくれました。

僕は、この煉獄の強く優しい姿こそ、自分が求めるべき強さなのだと感じました。

僕ってヘタレ男なので、ついついカッコつけてしまうんですよね(笑)

何か特別な事を達成して、「どうだ!!見たか!!!」って言いたいですし!

カッコイイ僕の姿を見てほしくて、その為に強くなりたいってずっと思ってました。

だけど、「煉獄の生き様を感じて、こんな僕にこそ眠っている才能を、困っている人の為に使いたい」と、そう感じるようになれました。

ヘタレ男な僕だからこそ、自分の才能がある。
無理に、カッコつけなくて良い。

・・・そうしていくと、徐々に気持ちも優しくなれて、人に対しても優しくできるようになったりしました。

「煉獄、ありがとう」
「かまぼこ隊の3人以外にも、ここにお前の生き様を胸に刻んだヘタレ男がいるぞ!」

という気持ちで、この第8巻を号泣しながら楽しみました。

あー。
煉獄はもう、生き返らないんだよなぁ・・・

凄く悲しいけど、僕の胸にずっといるから、やっはり「ありがとう」って気持ちです。

・・・という事で、ここまで読んでくれてありがとうございます!

また、お逢いしましょう!

タガメ王国の防人リョウより

スポンサーリンク



読むと何だか優しい気持ちになる。 鬼滅の刃の全てはコチラにあります!
筋トレ初心者でも自宅でブロリーになる秘密の筋トレ5選!